109件中 31 - 40件表示
  • セイフウェイ

    セイフウェイから見たメリルリンチメリルリンチ

    メリルリンチ社が1926年、アイダホ州で1915年に創業し、アメリカ合衆国西海岸北部を中心に673店舗を展開していたスーパーマーケット「Skaggs Stores」と、ロサンゼルスで1920年に創業し、南カリフォルニアを中心に322店舗を展開していたスーパーマーケット「Sam Seelig」を合併させ、スーパーマーケット・チェーン「セイフウェイ」が設立された。セイフウェイ フレッシュアイペディアより)

  • ジェイコブ・フレンケル

    ジェイコブ・フレンケルから見たメリルリンチメリルリンチ

    2000年 - 2004年 メリルリンチ・インターナショナルの会長およびメリルリンチのソブリン・アドバイザー・アンド・グローバル・ファイナンシャル・インスティテューションズ・グループの会長となる。ジェイコブ・フレンケル フレッシュアイペディアより)

  • 私設取引システム

    私設取引システムから見たメリルリンチメリルリンチ

    2010年10月時点の参加証券会社はカブドットコム証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、クレディ・スイス証券、UBS証券、BNPパリバ証券、シティグループ証券、モルガン・スタンレーMUFG証券、メリルリンチ日本証券、インスティネット証券、JPモルガン証券。2011年10月31日をもって終了した。私設取引システム フレッシュアイペディアより)

  • エリオット・スピッツァー

    エリオット・スピッツァーから見たメリルリンチメリルリンチ

    ニューヨーク州司法長官として、アナリストの中立性についてメリルリンチを追及した。また、AIGの不正会計を追及し、同社のCEOとして君臨したモーリス・グリーンバーグを辞任に追い込むなどした。その活動ぶりと名前から、「現代のエリオット・ネス」とも呼ばれた。エリオット・スピッツァー フレッシュアイペディアより)

  • エイゴン

    エイゴンから見たメリルリンチメリルリンチ

    2007年8月13日、エイゴンとメリルリンチは生保・投資商品の分野における戦略的提携関係の締結を発表した。この関係の一部として、エイゴンはメリルリンチ傘下の生命保険会社2社を13億米ドルで買収した。エイゴン フレッシュアイペディアより)

  • エドムンド・ド・ロスチャイルド

    エドムンド・ド・ロスチャイルドから見たメリル・リンチメリルリンチ

    この訪日でエドムンドは日本政財界から外資導入への熱望を寄せられ、その期待にこたえて「パシフィック・シーボード・ファンド」を立ち上げて、日立、テイジン、東洋レーヨンなどの日本企業のためにユーロドル建て社債の発行を行うようになった。1969年にはメリル・リンチや野村証券とともに「東京キャピタル・ホールディングス」を創設し、その監査委員会議長に就任した。これにより毎年1回は役員会や会合などのために訪日するようになった。エドムンド・ド・ロスチャイルド フレッシュアイペディアより)

  • タックスヘイヴン対策税制

    タックスヘイヴン対策税制から見たメリル・リンチメリルリンチ

    外国投資会社メリル・リンチが、日本企業に任意組合エンペリオンを結成させ、短期償却可能な映画フィルム・リースに係る減価償却費の早期形状・借入金の支払い利子の計上等による組合員の節税タックスヘイヴン対策税制 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2013年7月

    訃報 2013年7月から見たメリルリンチメリルリンチ

    7月14日 - 、アメリカ合衆国の実業家、元メリルリンチ社長(* 1943年)訃報 2013年7月 フレッシュアイペディアより)

  • 株価大暴落

    株価大暴落から見たメリルリンチメリルリンチ

    その後2008年9月15日、米証券4位(当時)のリーマン・ブラザーズの破綻と同3位のメリルリンチのバンク・オブ・アメリカによる救済合併、翌16日には、米最大の保険会社・AIGの経営危機による国営化が明らかになると金融収縮の懸念をし、アメリカは緊急経済安定化法案を議会で提出する。しかし、9月29日に下院で否決されるとダウ平均株価は史上最悪となる777ドル安をつけるなど、一気に金融信用収縮が加速する。10月1日には下院で修正案が可決されたものの、時既に遅く、その毒は欧州に回り、7日にはロシアでは株価が19%下落し、アイスランドでは対ユーロでクローナが30%下落し、同国では全ての銀行が国有化されるなど、未曽有の世界同時金融危機が本格化した。翌8日、ダウ平均株価が678ドル安をつけると、日経平均株価は翌日881.06円安(-9.62%、過去3番目/当時)と暴落した。株価大暴落 フレッシュアイペディアより)

  • 野尻哲史

    野尻哲史から見たメリルリンチメリルリンチ

    山一証券経済研究所ニューヨーク事務所駐在アナリスト、山一証券社長秘書役、メリルリンチ証券会社東京支店調査部リサーチ・マーケティング・マネジャー、メリルリンチ日本証券調査部副部長を経て、2006年フィデリティ投信に入社。2007年からフィデリティ退職・投資教育研究所所長。野尻哲史 フレッシュアイペディアより)

109件中 31 - 40件表示