109件中 41 - 50件表示
  • ステート・ストリート

    ステート・ストリートから見たメリルリンチメリルリンチ

    1970年代から1980年代までWilliam Edgerly 社長は会社の投資銀行化とグローバル化を推進した。そのころネッド・ジョンソン率いるフィデリティ・インベストメンツとステート・ストリートは提携しており、メリルリンチやMFS Investment Management(旧MIT)、そしてPutnam Investments がステート・ストリートに口座をもっていた。MFS は1982年にケベック州のサン・ライフ・フィナンシャル(アクサ代理人が創設者)に吸収された。パトナムは堅実さが売りであったが、おそらく同じころに株式の買収が進み、やはりケベックのパワー・コーポレーション・オブ・カナダ(PCC)へ下った。PCC はグループ・ブリュッセル・ランバート三大株主の一つである。ステート・ストリートはケベックのフランス資本と関係する。ウィリアム・エジャリーは1992年でリタイアしてから、IBMでの研修を主体としながらOBが新人を鍛えるステート・ストリート協会なる修行場をつくった。ステート・ストリート フレッシュアイペディアより)

  • ミューチュアル・ファンド

    ミューチュアル・ファンドから見たメリルリンチメリルリンチ

    1986年内国歳入法401(k) 条項は、1980年代に拡大解釈されて、従業員が課税前の所得から資金を拠出できる年金プランが生み出された。1974年のエリサ法(従業員退職所得保障法)で確定給付年金への規制が強まったこともあり、確定拠出年金の増加を促した。1999年6月30日時点で401k残高の高い企業は、256億ドルのゼネラル・エレクトリック、200億ドルのルーセント・テクノロジー、同じく200億ドルのIBM である。確定拠出型年金の加入者数は、1999年でフィデリティ・インベストメンツが620万で、メリルリンチの350万に差をつけた。ミューチュアル・ファンド フレッシュアイペディアより)

  • 三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券

    三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券から見たメリルリンチメリルリンチ

    2005年9月に三菱東京フィナンシャル・グループ(現・三菱UFJフィナンシャル・グループ)とメリルリンチグループが対等の立場での合弁契約を締結。2006年5月1日に三菱UFJメリルリンチPB証券として営業を開始した。旧山一證券から引き継いだメリルリンチ日本証券の個人顧客部門を会社分割により承継した会社で、メリルリンチ日本証券の顧客約1万人と約1兆4000億円の金融資産を引き継いでいる。事業は富裕層向けに特化しているため、顧客は金融資産1億円以上が対象となっており、2010年において2万人超が同証券を利用している。三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券 フレッシュアイペディアより)

  • コーアチェラ・バレー

    コーアチェラ・バレーから見たメリルリンチメリルリンチ

    地域内に200以上のゴルフコースが造られ、世界でも評判のゴルフを楽しむ地域の1つとなった。毎年サンクスギビングデイにはラキンタでメリルリンチ・スキンズゲームが開催され、ゴルフ界の名選手を惹き付けている。PGAはラキンタでの存在感が大きく、PGA・WESTゴルフと複合住宅もある。PGA・WESTはヒューマナ・チャレンジのホストコースであり、テーマパーク「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー」でIMAXを使ったアトラクションのソアリン・オーバー・カリフォルニアでもここのフェアウェイが使われている。コーアチェラ・バレー フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢正和

    柳沢正和から見たメリルリンチメリルリンチ

    東京都千代田区生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒業。2000年よりメリルリンチ証券に勤務。2002年より、ロンドンのメリルリンチに転勤し、5年間の海外勤務生活を送った。本人は、雑誌GQのインタビューで「この時に大きくイギリス社会がLGBTフレンドリーに転換するのを見て、日本もいつかは変わるではないかと希望を持った」と述べている。柳沢正和 フレッシュアイペディアより)

  • バーナード・バルーク

    バーナード・バルークから見たメリルリンチメリルリンチ

    A.A. Housman & Company(現メリルリンチ)の共同経営者としてキャリアを積んだ。バーナード・バルーク フレッシュアイペディアより)

  • イドロ・ケベック

    イドロ・ケベックから見たメリルリンチメリルリンチ

    電力の「ヘリテージプール」()の分離と創設はメリルリンチの調査による推奨が反映されルシアン・ブシャール(Lucien Bouchard)政権によって承認された。2000年1月のレポートは特に家庭向けに州全体で均一で安定した低価格を定めた「ケベック・ソーシャル・パクト」を維持しながら大陸的な傾向に合った電力市場における規制緩和の方法を模索することを目的に作成された。イドロ・ケベック フレッシュアイペディアより)

  • VTB

    VTBから見たメリルリンチメリルリンチ

    VTB は2012年も海外進出に積極的であった。ブラックストーン系の投資銀行エヴァコア(Evercore Partners)と組んで、マイケル・ミルケンのドレクセルがやったような「ビッグビジネス」をロシア・北米間で取引しようとした。ブラジルのBTG(BTG Pactual)とも同様の提携関係に合意した。バンカメ出身の副社長のリカード(Riccardo Orcel)が一連のビジネス外交を指揮した。VTBを極東の大都市へ売り込むために、メリルリンチやゴールドマン・サックスやスイスのUBSなどからオールスターを結成した。VTB フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済史

    アメリカ合衆国の経済史から見たメリルリンチメリルリンチ

    2008年、予想を超えた経済恐慌がアメリカと全世界を襲った。最も重大なことはカリフォルニア州とフロリダ州における住宅バブルが弾けたことであり、また住宅価格や建設業界が崩壊したことである。数多くのモーゲージ(抵当権、平均して20万ドル)がCDO(債務担保証券)と呼ばれる証券となり、世界中で再販された。多くの銀行や巨大ファンドが数千億ドルを借金してこれらの証券を買っており、その価値が不明で誰も買おうとしないために今や「毒物」となった。アメリカ合衆国とヨーロッパの大銀行が次々と崩壊した。2008年5月、ベアー・スターンズはJPモルガン・チェースに買収され傘下に入った。また、9月15日にはリーマン・ブラザーズは6130億ドルの負債を抱えて倒産、それを受けてバンク・オブ・アメリカはメリルリンチを吸収合併した。有数の保険会社AIG、トップ銀行のシティグループおよび2つの最大抵当権会社が政府の救済を仰いだ。ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーは投資銀行から銀行持株会社に転換を発表し、当局の規制を受けながらも生き残りを模索した。合衆国議会は7000億ドルの救済資金を拠出し(TARP)、資産家と連邦準備制度は金融システムを支えるために数兆ドルを投入したが、景気減退を覆すまでには至らなかった。連邦資金が投入されたにも拘わらず、銀行は貸付政策を劇的に引き締めた。例えば、自動車ローンを得ることも難しくなった。政府は初めて大銀行の主要株主になった。株式市場は40%急落し、資産を10兆ドル減らした。住宅価格は国中で20%低下し、さらに3兆ドルを減らした。2008年遅くまでに困窮は金融や住宅部門以外にも拡がり、特にビッグスリーと言われる自動車産業(ゼネラルモーターズ、フォードおよびクライスラー)は倒産の瀬戸際にあり、小売り部門がかなりの弱さを示した。7000億ドルの問題資産救済プログラムを批判する者は、銀行にばらまかれたその金の大半が行方不明であり、銀行もこの問題を隠していると、怒りを露わにしている。アメリカ合衆国の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • ブルームバーグ (企業)

    ブルームバーグ (企業)から見たメリルリンチメリルリンチ

    マイケルが、当時のソロモン・ブラザースを解雇された際に渡された退職金を元手に、メリルリンチ向けに債券の取引情報サービスを手がけたのが、会社の原点。そのため、ブルームバーグの株主にはマイケルのほかにメリルリンチが並んでいる。当時、マーケットのデータ提供サービスは、ロイターとダウ・ジョーンズに牛耳られていた。ただマイケル自身、トレーダーをしていた頃に両社のサービスに不満を持っていたので、これを改良するサービスを提供したところ大ヒットし、急成長を遂げた。現在では株のほとんどを買い戻し、情報中立的な立場をとっている。ブルームバーグ (企業) フレッシュアイペディアより)

109件中 41 - 50件表示