76件中 51 - 60件表示
  • セイフウェイ

    セイフウェイから見たメリルリンチメリルリンチ

    メリルリンチ社が1926年、アイダホ州で1915年に創業し、アメリカ合衆国西海岸北部を中心に673店舗を展開していたスーパーマーケット「Skaggs Stores」と、ロサンゼルスで1920年に創業し、南カリフォルニアを中心に322店舗を展開していたスーパーマーケット「Sam Seelig」を合併させ、スーパーマーケット・チェーン「セイフウェイ」が設立された。セイフウェイ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見たメリルリンチメリルリンチ

    みずほコーポレート銀行、サブプライムローン問題で損失が拡大した米メリルリンチに対し、優先株式12億ドル(約1300億円)分の購入による金融支援を行うことを発表。バブル崩壊以降日本の金融機関が米金融機関に出資するのは初。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 証券会社

    証券会社から見たメリルリンチメリルリンチ

    三菱UFJメリルリンチPB証券 (三菱UFJ証券ホールディングス・三菱東京UFJ銀行の共同出資。かつてはメリルリンチグループの出資があったため、社名に名残がある状態となっている)証券会社 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁昭夫

    真壁昭夫から見たメリル・リンチメリルリンチ

    1985年 メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。真壁昭夫 フレッシュアイペディアより)

  • ブラッドレイ・クーパー

    ブラッドレイ・クーパーから見たメリルリンチメリルリンチ

    ペンシルベニア州フィラデルフィア出身。父親のチャーリー・クーパーはアイルランド系でメリルリンチに勤務していた。母親のグロリア(旧姓カンパーノ)はイタリア系。名門ジョージタウン大学を優秀な成績で卒業後、アクターズ・スタジオで演劇を学んだ。学生の頃にフランスに留学した事もあり、フランス語が堪能。ブラッドレイ・クーパー フレッシュアイペディアより)

  • ブルームバーグ (企業)

    ブルームバーグ (企業)から見たメリルリンチメリルリンチ

    マイケルが、当時のソロモン・ブラザースを解雇された際に渡された退職金を元手に、メリルリンチ向けに債券の取引情報サービスを手がけたのが、会社の原点。そのため、ブルームバーグの株主にはマイケルのほかにメリルリンチが並んでいる。当時、マーケットのデータ提供サービスは、ロイターとダウ・ジョーンズに牛耳られていた。ただマイケル自身、トレーダーをしていた頃に両社のサービスに不満を持っていたので、これを改良するサービスを提供したところ大ヒットし、急成長を遂げた。現在では株のほとんどを買い戻し、情報中立的な立場をとっている。ブルームバーグ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ジャージーシティ

    ジャージーシティから見たメリルリンチメリルリンチ

    1990年代に入ると、ジャージーシティでも再開発が進み、人口と治安は回復し始めた。それまで空き家と化していた建物は改装され、ライトレールが走るようになるなど交通インフラが整備され、荒廃したダウンタウンにもジェントリフィケーションの波が急速に押し寄せた。環境と治安の回復と共に、マンハッタンで働くプロフェッショナルたちもジャージーシティに移住してくるようになった。特に2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件以降は、ゴールドマン・サックス、チェース・マンハッタン、リーマン・ブラザーズ、メリルリンチといった大手金融機関がジャージーシティに拠点を置いたり、移したりするようになった。こうした変化により、ジャージーシティはビクトリア調の歴史的な建物を多く残しながらも、高さ238mのゴールドマン・サックス・タワーをはじめとする超高層のオフィスビルやアパートが建ち並ぶ、職住近接型の郊外都市として生まれ変わった。ジャージーシティ フレッシュアイペディアより)

  • エイゴン

    エイゴンから見たメリルリンチメリルリンチ

    2007年8月13日、エイゴンとメリルリンチは生保・投資商品の分野における戦略的提携関係の締結を発表した。この関係の一部として、エイゴンはメリルリンチ傘下の生命保険会社2社を13億米ドルで買収した。エイゴン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済史

    アメリカ合衆国の経済史から見たメリルリンチメリルリンチ

    2008年、予想を超えた経済恐慌がアメリカと全世界を襲った。最も重大なことはカリフォルニア州とフロリダ州における住宅バブルが弾けたことであり、また住宅価格や建設業界が崩壊したことである。数多くのモーゲージ(抵当権、平均して20万ドル)がCDO(債務担保証券)と呼ばれる証券となり世界中で再販された。多くの銀行や巨大ファンドが数千億ドルを借金してこれらの証券を買っており、その価値が不明で誰も買おうとしないために今や「毒物」となった。アメリカ合衆国とヨーロッパの大銀行が次々と崩壊した。2008年5月、ベアー・スターンズはJPモルガン・チェースに買収され傘下に入った。また、9月15日にはリーマン・ブラザーズは6,130億ドルの負債を抱えて倒産、それを受けてバンク・オブ・アメリカはメリルリンチを吸収合併した。有数の保険会社AIG、トップ銀行のシティグループおよび2つの最大抵当権会社が政府の救済を仰いだ。ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーは投資銀行から銀行持株会社に転換を発表し当局の規制を受けながらも生き残りを模索した。合衆国議会は7,000億ドルの救済資金を拠出し(TARP)、資産家と連邦準備制度は金融システムを支えるために数兆ドルを投入したが、景気減退を覆すまでにはならなかった。連邦資金が投入されたにも拘わらず、銀行は貸付政策を劇的に引き締めた。例えば自動車ローンを得ることも難しくなった。政府は初めて大銀行の主要株主になった。株式市場は40%急落し、資産を10兆ドル減らした。住宅価格は国中で20%低下し、さらに3兆ドルを減らした。2008年遅くまでに困窮は金融や住宅部門以外にも拡がり、特にビッグスリーと言われる自動車産業(ゼネラルモーターズ、フォードおよびクライスラー)は倒産の瀬戸際にあり、小売り部門がかなりの弱さを示した。7,000億ドルの問題資産救済プログラムを批判する者は、銀行にばらまかれたその金の大半が行方不明であり、銀行もこの問題を隠していると、怒りを露わにしている。アメリカ合衆国の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 私設取引システム

    私設取引システムから見たメリルリンチメリルリンチ

    2010年10月時点の参加証券会社はカブドットコム証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、クレディ・スイス証券、UBS証券、BNPパリバ証券、シティグループ証券、モルガン・スタンレーMUFG証券、メリルリンチ日本証券、インスティネット証券、JPモルガン証券。2011年10月31日をもって終了した。私設取引システム フレッシュアイペディアより)

76件中 51 - 60件表示

「米メリルリンチ」のニューストピックワード