109件中 71 - 80件表示
  • オフショア市場

    オフショア市場から見たメリルリンチメリルリンチ

    1983年11月、中曽根康弘とロナルド・レーガン両首脳が東京で会談し、これをきっかけに同委員会(正式名称「日米共同円・ドル・レート、金融・資本市場問題特別会合」)が設けられた。同委員会作業部会は、1984年2月から5月にかけて、大場智満財務官とスプリンケル財務次官を共同議長に攻防が展開された。5月29日、竹下登蔵相とドナルド・リーガン財務長官の署名で「報告書」が両首脳に提出された。報告書の骨子は、?大口から順次預金金利の自由化を図る、?金融・資本市場の開放、?円の国際化、以上の3点であった。日本政府は同報告書の中で、?の東京証券取引所会員権について不介入の立場を示していた。しかし転機が訪れた。1984年9月に太平洋証券が発足を決めたので会員権が一つ空いた。12月13日、リーガンのメリルリンチが東証会員権取得を文書で希望してきた。このときはウツミ屋証券が16億円を払って取得した。するとアメリカ政府は会員枠自体の開放を迫った。1985年5月初めに開かれたボン・サミットの準備会合で、竹下蔵相がジェームズ・ベイカー財務長官に「対外開放」の趣旨を伝えた。9月26日の臨時会員総会で、会員枠を10社増やすことが正式に決まった。メリルリンチ、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、ジャーディン・フレミング、ヴィッカース・ダ・コスタ(Vickers da Costa)、そしてマーチャント・バンク(merchant bank)のSGウォーバーグ(S. G. Warburg & Co.)の外国証券6社が新会員となった。国内証券4社は平岡証券、今川証券、岡地証券、東海証券であった。これは会員権の第一次開放であって、序の口であった。オフショア市場 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク連邦準備銀行

    ニューヨーク連邦準備銀行から見たメリルリンチメリルリンチ

    ウィリアム・マクドナー(メリルリンチ、1993年 - 2003年)ニューヨーク連邦準備銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ブラックマンデー

    ブラックマンデーから見たメリルリンチメリルリンチ

    非常時にドラマがないわけではなかった。アイヴァン・ボウスキーの仲間であったジョン・マルヘレン(John A. Mulheren)は同業者が損失を被る中ひとりで荒稼ぎをやってのけた。その後、ボウスキーの裏切りに銃を持って殺しに出かけたところを妻の通報で補導されたが、マイケル・ミルケンなどが逮捕される中では無罪を勝ち取った。その後、リーマン一族(Lehman family)と姻戚関係にあるベルツバーグ一族(Belzberg)と連邦準備制度理事を輩出しているティッシュ一族(Tisch)の資金でバッファロー・パートナーズという会社をつくり、メリルリンチとベア・スターンズを通して証券業務に励んだ。ブラックマンデー フレッシュアイペディアより)

  • カンタベリー大学 (ニュージーランド)

    カンタベリー大学 (ニュージーランド)から見たメリルリンチメリルリンチ

    ジョン・キー(第38代ニュージーランド首相、元メリルリンチ外国為替本部長)カンタベリー大学 (ニュージーランド) フレッシュアイペディアより)

  • 投資信託

    投資信託から見たメリルリンチメリルリンチ

    1969年2月、野村証券とN・M・ロスチャイルド&サンズとメリルリンチが共同出資で、いわゆる太平洋ファンド(Pacific Seaboard Fund)を設立した。この純資産額は3200万ドルで、日本株ほか太平洋沿岸諸国の銘柄が1800万ドルを占めた。3月、東京バロールというルクセンブルクの日本株専門投信が設立された(純資産額2100万ドル、全額日本株投資)。4月、金利平衡税が従来の18.75%から11.25%に引き下げられた。これとニューヨーク株式市場の不振と見通しの悪さから、5月からミューチュアル・ファンドが日本の証券市場に買出動してきた。キーストン・カストディアン(Keystone Custodian Funds, Inc.)やドレフュス・ファンド(Dreyfus Fund)、そしてフィデリティ・インベストメンツが日本株を組み入れ注目されたのである。9月、ドレフュス・ファンド(純資産24億ドル)が1億ドルを日本株へ一挙に投下してきた。翌1970年1月、連邦準備制度が日本株式投資に対するガイドラインを強化した。投資信託 フレッシュアイペディアより)

  • 万里の長城

    万里の長城から見たメリルリンチメリルリンチ

    世界に知られるようになり、英語ではグレート・ウォールやチャイニーズ・ウォールと呼ばれた。脆さをうかがわせる比喩として、インサイダー取引を防ぐ目的でメリルリンチなどのメガバンクに設けられた、証券ブローカーと財務アドバイスの二部門を情報面で隔離する、職場の物理的分離および社外に適用される規則等も指す。投信業界は1991年1月まで壁をつくる習慣がなかった。日本へは1989年の証券取引法改正で壁を設ける制度が輸入された。アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプは「メキシコとの国境に万里の長城を築く」と2016年アメリカ合衆国大統領選挙に出馬を表明して当選した。同年にはハリウッドで万里の長城のイメージをフィーチャーした米中合作のファンタジー映画『グレートウォール』が製作された。また、膨大な数の銀河が密集し壁のようになっている宇宙の大規模構造も万里の長城に因んでグレートウォールと名付けられてる。万里の長城 フレッシュアイペディアより)

  • メリルリンチ日本証券

    メリルリンチ日本証券から見たメリルリンチメリルリンチ

    メリルリンチ日本証券株式会社(メリルリンチにほんしょうけん)は、米バンクオブアメリカ・メリルリンチの日本法人で、ホールセール専門の証券会社(投資銀行)である。メリルリンチ日本証券 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋大学京北中学高等学校

    東洋大学京北中学高等学校から見たメリルリンチメリルリンチ

    奈良靖彦(外交官 / カナダ大使、ベトナム大使、シンガポール大使、ブラジル大使、メリルリンチ東京支店顧問)東洋大学京北中学高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の経済

    2008年の経済から見たメリルリンチメリルリンチ

    メリルリンチがバンク・オブ・アメリカに500億ドルで買収されることを発表。2008年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • BNPパリバ

    BNPパリバから見たメリルリンチメリルリンチ

    1960-1970年代、アングロアメリカンと関係を深め、バンカメとアメリバをつくり、SGウォーバーグと合弁で保険業も始めた。SGウォーバーグとは合衆国へ投資銀行もつくったが、そのWarburg Paribas Becker は1984年にパリバの参加によりメリルリンチが買収した。1969年からJacques de Fouchier が会長となった。パリバは1964年にしてモスクワ支店を出していたが、1970年代に世界中の支店網を活用した国際決済システムを構築した。また、オイルショックのあと石油取引で名を馳せた。コンパニ・バンケルと関係を深めてゆき、1978年からパリバがコンパニ・バンケルの45%を支配するようになった。そしてすぐPierre Moussa が会長となり、1981年まで務めた。翌年からJean-Yves Haberer が引き継いだ。この1970-1980年代、アセットマネジメント部門が成長したが、伝統的なジュネーブのそれだけでなく、当時はルクセンブルク・パリ・ニューヨーク・東京でも収益を上げるようになっていた。BNPパリバ フレッシュアイペディアより)

109件中 71 - 80件表示