前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
174件中 1 - 10件表示
  • 南壮一郎

    南壮一郎から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    南 壮一郎(みなみ そういちろう、1976年(昭和51年) - )は、日本の実業家、起業家。モルガン・スタンレーやスポーツ関連業務の起業を経て、2004年から2007年まで楽天イーグルスの創業に参画、初年度からの黒字化に貢献した。2009年に株式会社ビズリーチを起業し、現在は同社代表取締役社長。南壮一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 秀和

    秀和から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    東京都千代田区麹町に本社を置いてマンションやオフィスビルを建設、またバブル期には日本国外での不動産投資も活発に行なっていた。しかしながらその後は経営に行き詰まり、2005年(平成17年)にアメリカの投資銀行、モルガン・スタンレーに買収されて消滅した。秀和 フレッシュアイペディアより)

  • ディスカバーカード

    ディスカバーカードから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    1985年に、百貨店運営企業のシアーズ()によって設立され、後にモルガン・スタンレーに売却された。2007年以降の運営会社は独立企業となっている。ディスカバーカード フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    投資銀行部門であるJPモルガンは、2006年3月に東京支店が、TOPIX先物の約定指数を操作したことに対して業務停止処分を受けた。また、JPモルガンは同年4月1日設立の年金積立金管理運用独立行政法人から委託されて、2014年10月現在まで日本株式のアクティブ運用を行っている。JPモルガンは投資銀行業務のグローバル総合リーグテーブルにおき、2009?2012年の4年連続でゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレー等を上回り、首位であった。2013年、JPモルガンは電力価格操作により、アメリカ合衆国エネルギー省から4.1億ドルの制裁金を課された。この価格操作はスマートメーター普及中のカリフォルニアで行われた。親会社の前身であるJPモルガン・アンド・カンパニーは、戦間期にトーマス・エジソンと電力事業を寡占していた。この独占体はゴールドマンの投信ピラミッドに連結して世界恐慌を大衆化させた。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • 神戸ハーバーランド

    神戸ハーバーランドから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    その他にも、2000年(平成12年)7月に星電社が撤退し、同年12月に跡地をコムサストアとして開業し、オーガスタプラザも業績の低迷が続いていたため、ビルを保有していた大阪ガスがモルガン・スタンレーグループに売却して2002年(平成14年)6月7日に所有権が移転し、同時にその運営権も高島屋と大阪ガスの合弁会社からモルガン・スタンレー側に移行したため、同年9月末の賃貸契約期間満了と共に高島屋が出店していたテナントも閉店して、同時に運営会社オーガスタも解散するなど、業績が低迷して撤退や営業主体が変わる大型店が相次いだ。神戸ハーバーランド フレッシュアイペディアより)

  • 三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券

    三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    2008年に三菱UFJがモルガン・スタンレーに出資、またメリルリンチがバンク・オブ・アメリカに買収され、周辺環境に変化が生じる。この時点では、同社では「合弁の枠組みに変化はない」としていた。三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ドーム (企業)

    東京ドーム (企業)から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    しかし、2006年(平成18年)7月中間期連結決算で、金融事業が貸金業の環境変化による貸倒引当金等の損失計上が引き金となり過去最大の赤字を計上したことから、リゾート事業はモルガン・スタンレー系のセントレジャー・グループへ売却。金融事業については後楽園ファイナンス子会社の「サイエンスファクタリング」「理想ゴルフサービス」を東京ドームが特別清算し、ファイナンス社はローンスターへバルク売りと言われた程の安価(500億円)で売却された。その後、2007年(平成19年)度連結決算で736億円の特別損失が発生している。この整理が完了したことで、現在は東京ドームシティの施設運営を核にした事業経営を行っている。東京ドーム (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 中間持株会社

    中間持株会社から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    三菱UFJ証券ホールディングス(三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下。モルガン・スタンレーグループとの証券・投資銀行事業の合弁に伴い、初代三菱UFJ証券を中間持株会社化して発足。子会社となる主要証券会社が、モルガン・スタンレーグループとの共同出資となっているほか、初代三菱UFJ証券の子会社なども統括)中間持株会社 フレッシュアイペディアより)

  • サブプライム住宅ローン危機

    サブプライム住宅ローン危機から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    2008年を通じ、米国の投資銀行最大手のうち 3行が破産するか(リーマン・ブラザーズ)または他の銀行に捨値で売られた(ベアー・スターンズとメリルリンチ)。これらの破綻は世界的金融システムの不安定さを増した。残る 2つの投資銀行であるモルガン・スタンレーとゴールドマン・サックスは商業銀行に転換する道を選び、自らをより厳格な規制下に置くことにした。サブプライム住宅ローン危機 フレッシュアイペディアより)

  • テクノプロ・ホールディングス

    テクノプロ・ホールディングスから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    2007年春から2008年初頭にかけて、先述したコムスン問題や、グッドウィルによる違法派遣が発覚、行政処分を受ける。財務状態も、クリスタル買収で折口保有の株式を担保として900億円近い借金をするハイリスクを伴う手法をとったために短期債務が膨らみ、コンプライアンス違反も悪影響して、収益悪化どころか(このままスポンサーが現れなければ)経営破綻すらありえる状況であった。これを嫌気した主力銀行であるみずほ銀行(先述のクリスタル買収資金融資も同社によるもの)は、3月13日までにサーベラス・キャピタル・マネジメントとモルガン・スタンレーに債権を売却、川上は社長を、折口は会長を退任した。折口はプレミア系米国法人の、川上はグッドウィルの相談役としてそれぞれ残ったが、経営の主導権は完全に無くなった。テクノプロ・ホールディングス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
174件中 1 - 10件表示

「米モルガン・スタンレー」のニューストピックワード