131件中 91 - 100件表示
  • 東京一極集中

    東京一極集中から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    特に日本の主要金融機関との取引が重要なゴールドマン・サックスやドイツ銀行、モルガン・スタンレーなどの欧州銀行、コンサルティングファームの進出は顕著で、日本の時価総額上位企業(TOPIX Core30、TOPIX Large70)や三菱・三井などの財閥系企業にとって無くてはならない存在になっている。東京一極集中 フレッシュアイペディアより)

  • BSフジLIVE プライムニュース

    BSフジLIVE プライムニュースから見たモルガン・スタンレー証券モルガン・スタンレー

    ロバート・フェルドマン(モルガン・スタンレー証券経済調査部長)BSフジLIVE プライムニュース フレッシュアイペディアより)

  • Yahoo!

    Yahoo!から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    1994年、スタンフォード大学のジェリー・ヤンとデビッド・ファイロによってウェブディレクトリとして始められた。2008年1月より、モルガン・スタンレーやノースウエスト航空のボードメンバーを兼任するロイ・J・ボストックが、取締役会長に就任している。Yahoo! フレッシュアイペディアより)

  • ソシエテ・ジェネラル

    ソシエテ・ジェネラルから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    2008年1月、所属ディーラーのジェローム・ケルビエルによる不正取引があったと発表、損失額は49億ユーロにのぼることを明らかにした。サブプライムローン問題の余波も相まって、損失があまりにも巨額に上るため、一部では、英国のHSBCや仏最大手のBNPパリバ、第三位のクレディ・アグリコルなどによる買収もささやかれたが、米国のモルガン・スタンレーとJPモルガン・チェースを引受先とする55億ユーロ(約8500億円)の増資を行い、復活を遂げた。ソシエテ・ジェネラル フレッシュアイペディアより)

  • パリ・サンジェルマンFC

    パリ・サンジェルマンFCから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    2000年代前半に獲得したタイトルはわずかひとつ(2003-04シーズンのクープ・ドゥ・フランス)。2004-05シーズンと2005-06シーズンはリーグ戦で9位に転落し、2006年、Canal+は2600万ユーロ(約27億3000万円)の安価でコロニー・キャピタル(不動産投資会社)、バトラー・キャピタル・パートナーズ(個人投資会社)、モルガン・スタンレー(投資銀行)に株式を売却したが、Canal+撤退後には深刻な財政難に陥った。なお、同年にはエミレーツ航空がメインスポンサーとなり、2008年にはスポンサー契約を2014年まで更新している。2006-07シーズンは残留争いに加わって15位に終わり、いずれのカップ戦でも決勝に進めなかった。2007-08シーズンも16位に終わったが、カップ戦では健闘した。クープ・ドゥ・ラ・リーグを制し、クープ・ドゥ・フランスでは決勝に進出したが、リーグ王者のオリンピック・リヨンに敗れて準優勝に終わった。2008-09シーズンは優勝争いに絡んだが、欧州カップ戦出場権を逃す6位に終わった。コロニー・キャピタルがモルガン・スタンレーから95%の株式を購入して筆頭株主となった。2009-10シーズンにはクープ・ドゥ・フランスで8回目の優勝を飾ったが、このシーズンには女子チームも同大会で優勝した。同一クラブの男女チームがクープ・ドゥ・フランスを独占するのはフランス史上初だった。パリ・サンジェルマンFC フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済史

    アメリカ合衆国の経済史から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    2008年、予想を超えた経済恐慌がアメリカと全世界を襲った。最も重大なことはカリフォルニア州とフロリダ州における住宅バブルが弾けたことであり、また住宅価格や建設業界が崩壊したことである。数多くのモーゲージ(抵当権、平均して20万ドル)がCDO(債務担保証券)と呼ばれる証券となり世界中で再販された。多くの銀行や巨大ファンドが数千億ドルを借金してこれらの証券を買っており、その価値が不明で誰も買おうとしないために今や「毒物」となった。アメリカ合衆国とヨーロッパの大銀行が次々と崩壊した。2008年5月、ベアー・スターンズはJPモルガン・チェースに買収され傘下に入った。また、9月15日にはリーマン・ブラザーズは6,130億ドルの負債を抱えて倒産、それを受けてバンク・オブ・アメリカはメリルリンチを吸収合併した。有数の保険会社AIG、トップ銀行のシティグループおよび2つの最大抵当権会社が政府の救済を仰いだ。ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーは投資銀行から銀行持株会社に転換を発表し当局の規制を受けながらも生き残りを模索した。合衆国議会は7,000億ドルの救済資金を拠出し(TARP)、資産家と連邦準備制度は金融システムを支えるために数兆ドルを投入したが、景気減退を覆すまでにはならなかった。連邦資金が投入されたにも拘わらず、銀行は貸付政策を劇的に引き締めた。例えば自動車ローンを得ることも難しくなった。政府は初めて大銀行の主要株主になった。株式市場は40%急落し、資産を10兆ドル減らした。住宅価格は国中で20%低下し、さらに3兆ドルを減らした。2008年遅くまでに困窮は金融や住宅部門以外にも拡がり、特にビッグスリーと言われる自動車産業(ゼネラルモーターズ、フォードおよびクライスラー)は倒産の瀬戸際にあり、小売り部門がかなりの弱さを示した。7,000億ドルの問題資産救済プログラムを批判する者は、銀行にばらまかれたその金の大半が行方不明であり、銀行もこの問題を隠していると、怒りを露わにしている。アメリカ合衆国の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 私設取引システム

    私設取引システムから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    2010年10月時点の参加証券会社はカブドットコム証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、クレディ・スイス証券、UBS証券、BNPパリバ証券、シティグループ証券、モルガン・スタンレーMUFG証券、メリルリンチ日本証券、インスティネット証券、JPモルガン証券。2011年10月31日をもって終了した。私設取引システム フレッシュアイペディアより)

  • 網屋信介

    網屋信介から見たモルガン・スタンレー証券モルガン・スタンレー

    鹿児島県鹿屋市生まれ。鹿児島県立鹿屋高等学校、一橋大学法学部卒業。1981年、山一證券に入社。1986年にモルガン・スタンレー・インターナショナル・リミテッド(現モルガン・スタンレー証券)に入社して以降、複数の外資系証券会社に勤務する。網屋信介 フレッシュアイペディアより)

  • ラビ・バトラ

    ラビ・バトラから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    『怖くて刺激的。この優秀な教授は、学問的にも非常に大きな評価を受けており、私の知るところでは、彼のこれまでの予言の的中率の高さは感動的である。』(モーガン・スタンレー銀行 バートン・ビックス)ラビ・バトラ フレッシュアイペディアより)

  • 中国投資

    中国投資から見たモルガンスタンレーモルガン・スタンレー

    2007年6月、30億ドルでブラックストーン・グループの株式約9.37%を取得した。2007年12月には50億ドルでモルガンスタンレーの株式約9.9%を取得している。2010年2月時点での資産運用規模は3000億ドルに膨らんだとみられている。中国投資 フレッシュアイペディアより)

131件中 91 - 100件表示

「米モルガン・スタンレー」のニューストピックワード