174件中 11 - 20件表示
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

    三菱UFJモルガン・スタンレー証券から見たモルガン・スタンレー証券モルガン・スタンレー

    2009年(平成21年)3月26日、モルガン・スタンレーの日本法人であるモルガン・スタンレー証券と合併することで合意したと正式に発表した。この発表では、2010年(平成22年)3月末に、三菱UFJ60%、モルガン・スタンレー40%出資で全面統合し合弁会社となる予定であったが、2009年(平成21年)11月19日の三菱UFJフィナンシャルグループの中間決算発表にて、統合計画が1社へ全面統合するというものから、モルガン・スタンレーの投資銀行部門のみ三菱UFJ証券側への統合を行い、モルガン・スタンレーの他部門は別会社として併存させるという2社体制へ変更されることが発表された。三菱UFJモルガン・スタンレー証券 フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス

    シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    就職先企業: 約25%の生徒がマッキンゼー・アンド・カンパニー、アマゾン、ボストン・コンサルティング・グループ、ベイン・アンド・カンパニーに就職した。その他の主な就職先として、モルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス、JPモルガン、アドビシステムズ、A.T.カーニー、デロイトコンサルティング、グーグル、マイクロソフト等が挙げられる。シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス フレッシュアイペディアより)

  • 新神戸オリエンタルシティ

    新神戸オリエンタルシティから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    「新神戸オリエンタルホテル」として開業。2004年にオリエンタルホテル経営母体のダイエーが、オリエンタルシティの不動産をモルガン・スタンレーへ売却した事に伴い、2006年12月14日にモルガン・スタンレー系のパノラマ・ホスピタリティが運営主体となり、「クラウンプラザ神戸」へ改称した(クラウンプラザはインターコンチネンタルホテルズのブランドのひとつ)。新神戸オリエンタルシティ フレッシュアイペディアより)

  • ハイアットホテルアンドリゾーツ

    ハイアットホテルアンドリゾーツから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    京都市東山区。旧京都パークホテルをモルガン・スタンレーが買収して開業。ハイアットホテルアンドリゾーツ フレッシュアイペディアより)

  • イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票

    イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    残留派には保守党のエリート、労働党、スコットランド民族党、大企業、ニュー・レイバーがついており、欧州の協調や単一市場を支持している。ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーなど巨大銀行も残留派に多額の資金援助を行っている。イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票 フレッシュアイペディアより)

  • 投資銀行

    投資銀行から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    モルガン・スタンレーはグラス・スティーガル法成立時に商業銀行となったJPモルガンと袂を分かって成立している。しかしながら、1980年代以降グラス・スティーガル法の銀証分離規定も骨抜きになり、バンク・オブ・アメリカやJPモルガンが証券子会社を設立することにより投資銀行業務に進出するなど抜け道がある。しかし、銀証分離規定の完全な撤廃も幾度も議論になっているが未だに正式な可決はされていない。投資銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ

    三菱UFJフィナンシャル・グループから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUMSS。リテールをメインとする、MUSHDとモルガン・スタンレーの合弁会社。初代三菱UFJ証券(現・三菱UFJ証券HD)の受け皿だった、2代目三菱UFJ証券より改称)三菱UFJフィナンシャル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • 世界金融危機 (2007年-)

    世界金融危機 (2007年-)から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    日本は90年代後半の金融危機で海外事業の縮小と、それに伴う外資系金融機関が日本市場へ攻勢をかけていたが、この金融危機では比較的損失が少なかった日本の金融機関に注目が集まり、野村證券によるリーマン・ブラザーズの一部買収や三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)によるモルガン・スタンレーへの9000億円出資など欧米金融機関の買収や資金拠出につながった。しかしその後の株価の急落と経済の急速な縮小により日本の金融機関も多額の経常損失と大規模な増資を余儀なくされた。サウジアラビアやドバイなどのオイルマネー、あるいは中国などの政府系金融機関もアメリカの金融機関などへの出資を行ったが、その後の株価の急落や経常損失の発生により多額の含み損を発生させた。アイスランドやバルト三国のように国家規模での財政破綻を懸念される国も発生した。世界金融危機 (2007年-) フレッシュアイペディアより)

  • N・M・ロスチャイルド&サンズ

    N・M・ロスチャイルド&サンズから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    著名な歴史家にしてハーバード大学の教授であるニーアル・ファーガソンは、「N・M・ロスチャイルド&サンズは世界の債券市場を支配する国際的な巨大銀行の一つであり、現代で例えると、JPモルガンとメリルリンチ、モルガン・スタンレーに、おそらくゴールドマン・サックスが合わさった感じの―そう、19世紀においては、現在のIMFのように数多くの国家の財政を安定させる役割を担っていた」と述べている。N・M・ロスチャイルド&サンズ フレッシュアイペディアより)

  • モルスタ

    モルスタから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    モルスタ フレッシュアイペディアより)

174件中 11 - 20件表示

「米モルガン・スタンレー」のニューストピックワード