131件中 11 - 20件表示
  • テクノプロ・ホールディングス

    テクノプロ・ホールディングスから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    2007年春から2008年初頭にかけて、先述したコムスン問題や、グッドウィルによる違法派遣が発覚、行政処分を受ける。財務状態も、クリスタル買収で折口保有の株式を担保として900億円近い借金をするハイリスクを伴う手法をとったために短期債務が膨らみ、コンプライアンス違反も悪影響して、収益悪化どころか(このままスポンサーが現れなければ)経営破綻すらありえる状況であった。これを嫌気した主力銀行であるみずほ銀行(先述のクリスタル買収資金融資も同社によるもの)は、3月13日までにサーベラス・キャピタル・マネジメントとモルガン・スタンレーに債権を売却、川上は社長を、折口は会長を退任した。折口はプレミア系米国法人の、川上はグッドウィルの相談役としてそれぞれ残ったが、経営の主導権は完全に無くなった。テクノプロ・ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

    三菱UFJモルガン・スタンレー証券から見たモルガン・スタンレー証券モルガン・スタンレー

    2009年(平成21年)3月26日、モルガン・スタンレーの日本法人であるモルガン・スタンレー証券と合併することで合意したと正式に発表した。この発表では、2010年(平成22年)3月末に、三菱UFJ60%、モルガン・スタンレー40%出資で全面統合し合弁会社となる予定であったが、2009年(平成21年)11月19日の三菱UFJフィナンシャルグループの中間決算発表にて、統合計画が1社へ全面統合するというものから、モルガン・スタンレーの投資銀行部門のみ三菱UFJ証券側への統合を行いモルガン・スタンレーの他部門は別会社として併存させるという2社体制へ変更されることが発表された。三菱UFJモルガン・スタンレー証券 フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    投資銀行部門であるJPモルガンは、2007年の金融危機以降買収により急速に勢力を拡大しており、また適切なリスク管理によりリーマン・ショックによるダメージを相対的に低く抑え、世界最大級の規模を誇る。投資銀行業務のグローバル総合リーグテーブルでは、2009~2012年の4年連続でゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーらを上回り、首位をキープしている。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • 神戸ハーバーランド

    神戸ハーバーランドから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    その他にも、2000年(平成12年)7月に星電社が撤退し、同年12月に跡地をコムサストアとして開業し、オーガスタプラザも業績の低迷が続いていたため、ビルを保有していた大阪ガスがモルガン・スタンレーグループに売却して2002年(平成14年)6月7日に所有権が移転し、同時にその運営権も高島屋と大阪ガスの合弁会社からモルガン・スタンレー側に移行したため、同年9月末の賃貸契約期間満了と共に高島屋が出店していたテナントも閉店して、同時に運営会社オーガスタも解散するなど、業績して撤退や営業主体が変わる大型店が相次いだ。神戸ハーバーランド フレッシュアイペディアより)

  • N・M・ロスチャイルド&サンズ

    N・M・ロスチャイルド&サンズから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    著名な歴史家にしてハーバード大学の教授であるニーアル・ファーガソンは、「N・M・ロスチャイルド&サンズは世界の債券市場を支配する国際的な巨大銀行の一つであり、現代で例えると、JPモルガンとメリルリンチ、モルガン・スタンレーに、おそらくゴールドマン・サックスが合わさった感じの―そう、19世紀においては、現在のIMFのように数多くの国家の財政を安定させる役割を担っていた」と述べている。N・M・ロスチャイルド&サンズ フレッシュアイペディアより)

  • モルスタ

    モルスタから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    モルスタ フレッシュアイペディアより)

  • ETN

    ETNから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    最初のETNは、「iPath Exchange-Traded Notes」として売り出され、2006年6月12日にバークレイズにより発行された。これはまもなくベアー・スターンズ、ゴールドマン・サックス、スウェーデン輸出信用銀行が後に続いた。2008年に、更に新たな発行者が独自の商品を携えその市場に参入した。これらに含まれるのはBNPパリバ、ドイツ銀行、UBS、リーマン・ブラザーズ、モルガン・スタンレー、クレディ・スイスである。2008年4月の時点で、異なる指数を追跡する9つの発行者からの56のETNがある。ETNの人気は主に投資家に提供する利益によるものである。ETN フレッシュアイペディアより)

  • 巨大投資銀行

    巨大投資銀行から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    旧態依然とした日本の都市銀行を飛び出し、ウォール街の投資銀行、モルガン・スペンサーに転職した桂木英一。外資流のビジネスに翻弄されながらも、巨額のM&Aや証券引受で勝機をつかみ、一流のインベストメント・バンカーへと駆け上っていく。やがて、その運命は日本の金融再生と劇的に絡み合い、桂木は外資で培った手腕を邦銀再生のために捧げようと決意する。巨大投資銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ホテルグリーンプラザ上越

    ホテルグリーンプラザ上越から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    2006年(平成18年)- 「Joetsu Investments Limited」が100%を取得、株主となる(モルガン・スタンレーホテルグリーンプラザ上越 フレッシュアイペディアより)

  • 震災善後処理公債

    震災善後処理公債から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    なお、この外債発行に関してはこれまでにない特徴が見られた。それまでの日本の外債はロンドンを中心とした国際金融市場で募集が行われていたが、今回はニューヨークでの米貨公債の方が募集額が多く、第1次世界大戦後の国際金融市場の主役がロンドンからニューヨークに移ったことを示す象徴的な事件となった。また、アメリカ国内における発行引受人としてクーン・ローブ商会に代わって新興のモルガン商会が登場したという点においても、特徴的な出来事であった。震災善後処理公債 フレッシュアイペディアより)

131件中 11 - 20件表示

「米モルガン・スタンレー」のニューストピックワード