174件中 21 - 30件表示
  • 舞子高原ホテル

    舞子高原ホテルから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    2007年(平成19年)- 5月31日、セントレジャーが事業継承。舞子高原ホテル フレッシュアイペディアより)

  • モルガン・スタンレー日本証券

    モルガン・スタンレー日本証券から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    当時米メリルリンチが、旧山一證券の営業マンを大量に採用しメリルリンチ日本証券を設立して日本における個人投資家向け業務を積極展開していたのに刺激され、2001年1月に米モルガン・スタンレーが個人投資家向け業務を担当する「モルガン・スタンレー・ディーン・ウィッター日本証券」として設立。同月には東京・日本橋と恵比寿に支店を開設する。同年4月には「モルガン・スタンレー日本証券」に社名を変更。モルガン・スタンレー日本証券 フレッシュアイペディアより)

  • ベタープレイス

    ベタープレイスから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    この会社は様々な資金源から資金調達をし、そこに含まれるのは、バンテージポイント・ベンチャー・パートナーズ、イスラエル・コーポレーション(33%保有)、イスラエル・クリーンテック・ベンチャーズ、モルガン・スタンレー、エイコンズ・トゥ・オークスII、Esarbeeインベストメンツ・カナダ、GCインベストメンツLLC、Museaベンチャーズ、オフェル・グループ、Vyikraパートナーズ、ウルフェンソン& Co.、マニブ・エナジー・キャピタルである。ベタープレイス フレッシュアイペディアより)

  • 逢坂ユリ

    逢坂ユリから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    逢坂の職歴はモルガン・スタンレー資産運用部門の日本法人 「モルガン・スタンレー・アセットマネジメント投信(当時)」トレーディング部に始まり、その後 ゴールドマン・サックスの日本法人 「ゴールドマン・サックス証券」では金融法人向けに外国為替カスタマー・ディーラーおよび債権セールスを経験、次いでドイチェバンク日本法人の証券部門 「ドイツ証券」では事業法人営業部に所属し、資産運用業務に携わった。。逢坂ユリ フレッシュアイペディアより)

  • ローレンス・レペタ

    ローレンス・レペタから見たモルガン・スタンレー・ディーン・ウィッターモルガン・スタンレー

    日本との結び付きが強く、フィデリティ投信日本株式会社副社長、日米親善委員会基金による行政情報公開研究所プロジェクト・ディレクター(ワシントン州立大学ロースクール客員研究員)、モルガン・スタンレー・ディーン・ウィッター日本証券会社常務、テンプル大学ロースクール・プログラムディレクター兼テンプル大学ジャパン副学長を歴任し、大宮法科大学院大学の教授を務めている。ローレンス・レペタ フレッシュアイペディアより)

  • シャイ・アガシ

    シャイ・アガシから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    アガシは最初この事業のために2億ドルを調達し、それは史上最大かつ最速のシードラウンドの1つである。出資者に含まれるのはバンテージポイント・ベンチャーパートナーズ、イスラエル・コーポレーション、イスラエル・クリーンテック・ベンチャーズ、モルガン・スタンレー、マニヴ・エナジー・キャピタルのマイケル・グラノフが主導した個人投資家たちである。 2009年に彼は追加で1億3,500万ドル調達した。イスラエルでの発表に続いて、ベタープレイスはデンマーク、オーストラリア、米国の2地域ハワイと北カリフォルニアでネットワークを立ち上げた。会社が言うところでは世界25カ国以上で話し合っている。シャイ・アガシ フレッシュアイペディアより)

  • 巨大投資銀行

    巨大投資銀行から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    旧態依然とした日本の都市銀行(東都銀行)を飛び出し、ウォール街の投資銀行、モルガン・スペンサーに転職した桂木英一。外資流のビジネスに翻弄されながらも、巨額のM&Aや証券引受で勝機をつかみ、一流のインベストメント・バンカーへと駆け上っていく。やがて、その運命は日本の金融再生と劇的に絡み合い、桂木は外資で培った手腕を邦銀再生のために捧げようと決意する。巨大投資銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 第一火災海上保険

    第一火災海上保険から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    第一火災は、破綻後、ただちに金融監督庁の管理下に置かれ、自主経営権を放棄することとなった。その中で自主再建、業界内の他社への事業譲渡などを主軸に解決方法を模索したが、支援要請に応じる組織は、当時の国内の厳しい金融業界をとりまく状況からも、まったく現れなかった。そのため活路を当時、長信銀や生命保険会社の事業買収に意欲的だった米国投資会社リップルウッド・ホールディングスや、世界最大規模の金融コングロマリットGEキャピタル、同じく米国の投資銀行モルガン・スタンレーなどいわゆるハゲタカファンドとのちに呼ばれることとなる米国金融資本に事業の承継(事実上の譲渡)について交渉を持ちかけてみたものの、毀損し目減りし流失し続ける資産、ガバナンスの効いていない経営体質、流出してしまった人材、経営と直結していた御用組合の専横、日本生命のバックアップを失うことで脆弱となったビジネスモデルおよび構造的なキャッシュフロー不足の問題などが障害となり、またしても受け入れられることはなく、門前払いに終わった。この結果を受け2001年4月1日をもって、同社の保険契約を全て損害保険契約者保護機構に移転し、保険業法第152条第3項第1号の規定(法定解散事由)に基づき、会社の解散という事態にまで追い込まれた。第一火災海上保険 フレッシュアイペディアより)

  • ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ

    ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    当初、森トラストが会員制ホテル「グランフォーレヴィラ強羅倶楽部」として建設したが開業には至らず、代って一般向けホテルの「グランフォーレ強羅ホテル」として開業した。しかし業績不振によりモルガン・スタンレーに売却され、2006年12月16日にハイアットホテルアンドリゾーツの1つとしてリニューアルオープンした。日本で8軒目のハイアットホテルとなる。箱根地区初の国際的ホテルチェーンが運営する本格的スパリゾートホテル。ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ フレッシュアイペディアより)

  • ベンジャミン・フリードマン

    ベンジャミン・フリードマンから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    1971年?1972年 モルガン・スタンレー社のエコノミストとなる。ベンジャミン・フリードマン フレッシュアイペディアより)

174件中 21 - 30件表示

「米モルガン・スタンレー」のニューストピックワード