131件中 41 - 50件表示
  • ソブリン・ウエルス・ファンド

    ソブリン・ウエルス・ファンドから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    モルガン・スタンレーの推計によると、2007年5月時点の世界のSWFの資産総額は2.5兆ドルであり、ヘッジファンドの規模を上回るとされている。ソブリン・ウエルス・ファンド フレッシュアイペディアより)

  • シラキュース大学

    シラキュース大学から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    パトリック・J・ヘニンガン - モルガン・スタンレー社 取締役シラキュース大学 フレッシュアイペディアより)

  • 上原明

    上原明から見たモルガン・スタンレー証券モルガン・スタンレー

    住友銀行元頭取・堀田庄三の二男。兄は、モルガン・スタンレー証券元会長の堀田健介。上原明 フレッシュアイペディアより)

  • 筒井豊春

    筒井豊春から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    野村證券を経て、モルガン・スタンレー証券東京支店株式本部長、クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券東京支店長、日本証券業協会理事を歴任。1996年、キャピタル・パートナーズ株式会社を設立。2003年、米国プルデンシャル・フィナンシャルより在日証券子会社の全株式を取得、キャピタル・パートナーズ証券株式会社に社名変更、代表取締役兼CEOに就任。2006年、(財)日本ベトナム文化交流協会理事長に就任。筒井豊春 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ミルケン

    マイケル・ミルケンから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    ミルケンは、ジャンクボンドの開拓で得た名声を武器に、ウォール街への影響力を増大させていく。全盛期の年収は、会社からの給料、ボーナスだけで5億ドルを越えるようになり、一族にもこれを手伝わせ、莫大な富を築くことになる。一方、ドレクセルも、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーなどの一流の投資銀行をおさえて、ウォール街ナンバーワンの投資銀行に躍り出た(売り上げベース)。しかし、この原動力はミルケンとその一派(一族)だけであり、次第に会社を支配されるようになる。マイケル・ミルケン フレッシュアイペディアより)

  • ソニーセンター

    ソニーセンターから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    2008年2月28日、ソニーは同センターを保有・運営する子会社「ソニーベルリン」の全株式を、同年3月末までを目処にモルガン・スタンレーが運営する不動産ファンドや欧米の不動産会社など計3社に売却すると発表し、その後売却された。ソニーセンター フレッシュアイペディアより)

  • 逢坂ユリ

    逢坂ユリから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    逢坂の外資系金融機関勤務歴はモルガン・スタンレー資産運用部門の日本法人 「モルガン・スタンレー・アセットマネジメント投信(当時)」に始まり、その後 ゴールドマン・サックスの日本法人 「ゴールドマン・サックス証券」、次いでドイチェバンク日本法人の証券部門 「ドイツ証券」であった。逢坂ユリ フレッシュアイペディアより)

  • プロメナ神戸

    プロメナ神戸から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    こうした業績の低迷を受けて、ビルを保有していた大阪ガスが一体的に建設された隣接するオフィスビルの神戸ガスビルと共にモルガン・スタンレーグループに売却して2002年(平成14年)6月7日に所有権が移転し、同時にその運営権も高島屋と大阪ガスの合弁会社からモルガン・スタンレー側のフェニックス・プロパティーズに移行したため、同年9月末運営会社オーガスタも解散した。プロメナ神戸 フレッシュアイペディアより)

  • リーマン・ブラザーズ

    リーマン・ブラザーズから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    その後数ヶ月をかけて、拠点をニューヨークに復帰させるも、未だ臨時であり、40以上の別々の建物に分かれて業務を行っていた。特に、投資銀行部門はシェラトン・マンハッタン・ホテルに入居し、1階のラウンジ、レストランから665の全客室までを改造して利用していた。フレックスタイム制の導入やVPNの活用など、新しい試みも見られた。10月にはマンハッタンのミッドタウン(745 Seventh Avenue, New York)にある竣工間も無い32階建てのビルを、ライバルのモルガン・スタンレーから7億ドルで買収。モルガン・スタンレーは2ブロック離れたブロードウェイに移転した。リーマン・ブラザーズが以前の世界金融センターやロウアー・マンハッタンに戻らなかったことには批判もあったが、リーマン・ブラザーズ自身はニューヨークに拠点を残すことに腐心していた。新拠点は同社にとって理想的な環境であり、モルガン・スタンレー側も売却先を積極的に求めていた。また、2002年5月の世界金融センター再開まで待っていられなかったということもある。世界金融センターに残った企業としては、ドイツ銀行、ゴールドマン・サックス、メリルリンチなどがある。リーマン・ブラザーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ダイモン

    ジェームズ・ダイモンから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    タフツ大学にて心理学と経済学を専攻し、ある年の夏休みにはシアーソンで働いた。卒業後ハーバード・ビジネス・スクールに入学するまで、マネジメント・コンサルティング業界で二年間経験を積んだ。ハーバード大学での同期生にはジェフリー・イメルト・・らがいる。ハーバード大学での夏休み期間中にはゴールドマン・サックスで働いた。1982年に経営学修士(ベーカー・スカラー)を取得すると、の熱心な勧めによりゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、リーマン・ブラザーズからの内定を断りアメリカン・エキスプレスへアシスタントとして入社した。ワイルは投資銀行ほどの報酬は示さなかったものの、「楽しい(fun)」経験を得られると説得した。ワイルは、当時アメリカン・エキスプレスの執行役副社長であったダイモンの父、セオドア・ダイモンから息子が書いたエッセイを手渡されたことでダイモンに興味をもつようになった。ジェームズ・ダイモン フレッシュアイペディアより)

131件中 41 - 50件表示