174件中 71 - 80件表示
  • 上原明

    上原明から見たモルガン・スタンレー証券モルガン・スタンレー

    住友銀行元頭取・堀田庄三の二男。兄は、モルガン・スタンレー証券元会長の堀田健介。長男の上原茂が大正製薬社長、三男の上原建は大正製薬副社長。次男上原浩。上原明 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ウッドランズ (テキサス州)

    ザ・ウッドランズ (テキサス州)から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    ザ・ウッドランズ・コーポレーションは1997年7月31日に、モルガン・スタンレーとクレセント・リアルエステイト・エクィティの間の共同経営体に買収された。2003年12月、ラウズ・カンパニーがクレセントの株式を取得し、さらにラウズは2004年11月12日にジェネラル・グロース・プロパティーズに買収された。2011年、ザ・ウッドランズはハワード・ヒューズ開発会社に売却された。ザ・ウッドランズ (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

  • ELIZA

    ELIZAから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    IPsoftは仮想サービスデスク・アシスタントElizaを開発した。このソフトウェアは顧客の電子メールや電話に応答するもので、約3分の2の問題を人間の助けなしで解決できるという。INGグループやモルガン・スタンレーが顧客対応にElizaを使っている。ELIZA フレッシュアイペディアより)

  • ユーリ・ミルナー

    ユーリ・ミルナーから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    1999年にはモルガン・スタンレーのロシアのインターネット・ビジネスに関する社内会社を立ち上げたり、2002年にはロシアのインターネット・サービス企業であるMail.ruのCEOを務めている。2009年にはパロアルトでマーク・ザッカーバーグの会い、Facebookへの投資をしている。その後、Twitter、WhatsAppなどにも投資を決めていて、シリコンバレーきっての投資家・資産家である。ユーリ・ミルナー フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ナイズ

    トマス・ナイズから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    ナイズは2005年から2010年までモルガン・スタンレー社の最高執行責任者を務めた。彼は役員として、モルガン・スタンレーの経営委員会および執行委員会の委員も務めた。トマス・ナイズ フレッシュアイペディアより)

  • WebSphere MQ

    WebSphere MQから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    IBMがサポートする以外にも各種APIが存在する。例えば、モルガン・スタンレーが開発したPerl用インタフェースがCPANから入手可能である。1WebSphere MQ フレッシュアイペディアより)

  • 小林りん

    小林りんから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    1998年からモルガン・スタンレー(日本法人)に勤務。2000年に、ラクーン勤務、その後2003年からは国際協力銀行 (JBIC) に勤務し、2006年からは国連児童基金 (UNICEF) のプログラムオフィサーとしてフィリピンに駐在、ストリートチルドレンの非公式教育に携わる。2009年、 インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢設立準備財団(ISAK)代表理事に就任。同校は2016年10月、ユナイテッド・ワールド・カレッジ国際理事会より最終承認を請け、世界で17校目、日本で初めてとなるUWC加盟校と成る。小林りん フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済史

    アメリカ合衆国の経済史から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    2008年、予想を超えた経済恐慌がアメリカと全世界を襲った。最も重大なことはカリフォルニア州とフロリダ州における住宅バブルが弾けたことであり、また住宅価格や建設業界が崩壊したことである。数多くのモーゲージ(抵当権、平均して20万ドル)がCDO(債務担保証券)と呼ばれる証券となり、世界中で再販された。多くの銀行や巨大ファンドが数千億ドルを借金してこれらの証券を買っており、その価値が不明で誰も買おうとしないために今や「毒物」となった。アメリカ合衆国とヨーロッパの大銀行が次々と崩壊した。2008年5月、ベアー・スターンズはJPモルガン・チェースに買収され傘下に入った。また、9月15日にはリーマン・ブラザーズは6130億ドルの負債を抱えて倒産、それを受けてバンク・オブ・アメリカはメリルリンチを吸収合併した。有数の保険会社AIG、トップ銀行のシティグループおよび2つの最大抵当権会社が政府の救済を仰いだ。ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーは投資銀行から銀行持株会社に転換を発表し、当局の規制を受けながらも生き残りを模索した。合衆国議会は7000億ドルの救済資金を拠出し(TARP)、資産家と連邦準備制度は金融システムを支えるために数兆ドルを投入したが、景気減退を覆すまでには至らなかった。連邦資金が投入されたにも拘わらず、銀行は貸付政策を劇的に引き締めた。例えば、自動車ローンを得ることも難しくなった。政府は初めて大銀行の主要株主になった。株式市場は40%急落し、資産を10兆ドル減らした。住宅価格は国中で20%低下し、さらに3兆ドルを減らした。2008年遅くまでに困窮は金融や住宅部門以外にも拡がり、特にビッグスリーと言われる自動車産業(ゼネラルモーターズ、フォードおよびクライスラー)は倒産の瀬戸際にあり、小売り部門がかなりの弱さを示した。7000億ドルの問題資産救済プログラムを批判する者は、銀行にばらまかれたその金の大半が行方不明であり、銀行もこの問題を隠していると、怒りを露わにしている。アメリカ合衆国の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • みどり会

    みどり会から見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    東洋ホテル(モルガン・スタンレーに買収され離脱)みどり会 フレッシュアイペディアより)

  • ラビ・バトラ

    ラビ・バトラから見たモルガン・スタンレーモルガン・スタンレー

    『怖くて刺激的。この優秀な教授は、学問的にも非常に大きな評価を受けており、私の知るところでは、彼のこれまでの予言の的中率の高さは感動的である。』(モーガン・スタンレー銀行 バートン・ビックス)ラビ・バトラ フレッシュアイペディアより)

174件中 71 - 80件表示

「米モルガン・スタンレー」のニューストピックワード