53件中 31 - 40件表示
  • モルガン・スタンレー

    モルガン・スタンレーから見た東京ドーム (企業)

    2007年(平成19年)2月、東京ドームが所有・運営していた6箇所のリゾートを「六本木ホールディング特定目的会社」を介して買収。モルガン・スタンレーが設立した「セントレジャー・マネジメント」へ売却の上、営業されている。モルガン・スタンレー フレッシュアイペディアより)

  • モルガン・スタンレー

    モルガン・スタンレーから見た持株会社

    1975年、デラウェア州法人としてモルガン・スタンレー・ホールディングズ・インコーポレレーテッドを設立した。この持株会社がモルガン・スタンレー・アンド・カンパニーおよび関連事業体の全株式を保有した。1978年持株会社はモルガン・スタンレー・インクとなって、さらに1985年モルガン・スタンレー・グループ・インクへ商号変更した。モルガン・スタンレー フレッシュアイペディアより)

  • モルガン・スタンレー

    モルガン・スタンレーから見たニューヨーク市

    モルガン・スタンレー(, )は、アメリカ・ニューヨークに本拠を置く世界的な金融機関グループである。JPモルガンやゴールドマン・サックス、メリルリンチ等とともに、投資銀行業務の幅広い分野においてリーグテーブル上位に位置する名門投資銀行と言われている。モルガン・スタンレー フレッシュアイペディアより)

  • モルガン・スタンレー

    モルガン・スタンレーから見た金融持株会社

    2007年からの世界金融危機の影響を受け、リーマンブラザーズ倒産直後には商用不動産およびレベル3資産を抱える同行に対し、ヘッジファンドを中心とした投資家が連想的な投げ売りを実施した結果、株価が大幅に下落するなど一時的にその余波を大きく受けるも、2008年9月21日に連邦準備制度理事会から金融持株会社への移行が承認され、また翌週には三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と資本提携し、MUFG宛に90億ドル分の優先株を発行するなど、矢継ぎ早の対応が功を奏し辛うじて復活を遂げる。2009年1月13日、シティグループが保有していた投資銀行のスミス・バーニーに出資し合弁事業とし、2012年9月には同社を完全買収してモルガン・スタンレー・ウェルス・マネジメントとした。モルガン・スタンレー フレッシュアイペディアより)

  • モルガン・スタンレー

    モルガン・スタンレーから見た金融機関

    モルガン・スタンレー(, )は、アメリカ・ニューヨークに本拠を置く世界的な金融機関グループである。JPモルガンやゴールドマン・サックス、メリルリンチ等とともに、投資銀行業務の幅広い分野においてリーグテーブル上位に位置する名門投資銀行と言われている。モルガン・スタンレー フレッシュアイペディアより)

  • モルガン・スタンレー

    モルガン・スタンレーから見たANAインターコンチネンタルホテル東京

    2007年、全日本空輸が不動産を所有するANAインターコンチネンタルホテル東京をはじめとした国内13ホテル(運営はIHG-ANA)を、特定目的会社である「有限会社城山プロパティーズ」を介し、2813億円で買収(1件の不動産売買としては国内最高額)。パノラマ・ホスピタリティ傘下に新設した「パノラマ・ホテルズ・ワン」によって経営されている。モルガン・スタンレー フレッシュアイペディアより)

  • モルガン・スタンレー

    モルガン・スタンレーから見たグラス・スティーガル法

    1933年に成立したグラス・スティーガル法により、旧JPモルガン(現在のJPモルガン・チェース)の投資銀行部門がモルガン・スタンレーとして1935年にニューヨーク州法人として分離独立。なお、商号の「モルガン」とは、分離の際にモルガン・スタンレー側へ移り同社の共同創設者の1人となった従業員 ヘンリー・スタージス・モルガンに由来する。この従業員は、旧JPモルガンの創設者であるジョン・ピアポント・モルガンの孫でもある。モルガン・スタンレー フレッシュアイペディアより)

  • モルガン・スタンレー

    モルガン・スタンレーから見たオランダ

    2002年(平成14年):5月29日付けで報道。傘下の不動産ファンド、日本の不良債権売買で脱税。日本に課税権のないオランダ法人をダミーに利益を出していた。2000年までの2年間で180億円の申告漏れ。東京国税局による追徴額は約70億円。モルガン・スタンレー フレッシュアイペディアより)

  • モルガン・スタンレー

    モルガン・スタンレーから見た世界金融危機 (2007年-)

    2007年からの世界金融危機の影響を受け、リーマンブラザーズ倒産直後には商用不動産およびレベル3資産を抱える同行に対し、ヘッジファンドを中心とした投資家が連想的な投げ売りを実施した結果、株価が大幅に下落するなど一時的にその余波を大きく受けるも、2008年9月21日に連邦準備制度理事会から金融持株会社への移行が承認され、また翌週には三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と資本提携し、MUFG宛に90億ドル分の優先株を発行するなど、矢継ぎ早の対応が功を奏し辛うじて復活を遂げる。2009年1月13日、シティグループが保有していた投資銀行のスミス・バーニーに出資し合弁事業とし、2012年9月には同社を完全買収してモルガン・スタンレー・ウェルス・マネジメントとした。モルガン・スタンレー フレッシュアイペディアより)

  • モルガン・スタンレー

    モルガン・スタンレーから見た筆頭株主

    2006年(平成18年)7月12日、日本航空の発行済み株式の5.78%を取得し、筆頭株主になったが、2006年8月31日に、2.34%まで保有割合は減少した。モルガン・スタンレー フレッシュアイペディアより)

53件中 31 - 40件表示

「米モルガン・スタンレー」のニューストピックワード