34件中 21 - 30件表示
  • オキナワ マリオット リゾート&スパ

    オキナワ マリオット リゾート&スパから見たローンスターローンスター

    このホテルは、かりゆしグループが建設した。有力世界チェーンを誘致しようと考え、4ブランドの候補のうち、オープン直前にマリオットブランドの誘致を決定。開業当初は「沖縄マリオットリゾートかりゆしビーチ」の名称だった。しかし、沖縄観光のレベルの底上げをねらい客室設計と料金を設定したが、3か月経過した時点で、既に需要と価格とのギャップが発生してしまった。そこで、マリオット売却に早期に着手。従業員の処遇、マリオットブランドの継承、かりゆしグループとの業務提携の維持、ホテル価格の維持の4つの条件を満たす先を捜した。国内1件、外資3件の4つのファンドから申し入れがあったが、11月末にローンスターと基本合意。2006年3月29日にクロージング、売買成立となり、現名称および現体制となった。オキナワ マリオット リゾート&スパ フレッシュアイペディアより)

  • 久保田勇夫

    久保田勇夫から見たローンスターローンスター

    その後、アメリカの投資会社であるローンスターの日本法人、ローンスター・ジャパン・アクイジッションズ・LLCの会長に就任するも、出身を地盤とする西日本シティ銀行に招聘され、頭取に就任した。久保田勇夫 フレッシュアイペディアより)

  • 寺澤芳男

    寺澤芳男から見たローンスターローンスター

    政界引退後はローンスター日本法人の会長を経て、東京スター銀行会長を歴任した。寺澤芳男 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ドーム (企業)

    東京ドーム (企業)から見たローンスターローンスター

    しかし2006年7月中間期連結決算で、金融事業が貸金業の環境変化による貸倒引当金等の損失計上が引き金となり過去最大の赤字を計上したことから、リゾート事業はモルガン・スタンレー系のセントレジャー・グループへ売却。金融事業については後楽園ファイナンス子会社の「サイエンスファクタリング」「理想ゴルフサービス」を東京ドームが特別清算し、ファイナンス社はローンスターへバルク売りと噂される程の安価(500億円)で売却された。その後、2007年度連結決算で736億円の特別損失が発生している。この整理が完了した事で、現在は東京ドームシティの施設運営を核にした事業経営を行っている。東京ドーム (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 中央三井信託銀行

    中央三井信託銀行から見たローンスターローンスター

    2012年3月30日 - ビジネスローン・不動産担保ローンの事業を行う完全子会社の中央三井ファイナンスサービス株式会社を、ローン・スター・ファンドグループの株式会社KFキャピタルに譲渡中央三井信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • グランビスタ ホテル&リゾート

    グランビスタ ホテル&リゾートから見たローンスターローンスター

    大和証券SMBCの支援を仰いでからは、同社運営ファンドに売却されたホテルの運営をコムズブランドにリノベーションして運営に携わる形態も行われており、投資ファンドのホテル事業運営会社としての役割も併せ持ちつつある。日本においては先例にローンスターによるソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ(地産のチサンホテルなどを継承)がある。グランビスタ ホテル&リゾート フレッシュアイペディアより)

  • シェラトンホテル札幌

    シェラトンホテル札幌から見たローンスターローンスター

    日本国内にあるスターウッド・ホテルとは異なる経緯で、投資ファンドローンスターの日本におけるホテル事業会社ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツの子会社である株式会社SHR札幌が経営している。シェラトンホテル札幌 フレッシュアイペディアより)

  • アエル (貸金業者)

    アエル (貸金業者)から見たローンスターローンスター

    2003年9月30日、グループ会社のナイス(消費者金融)、サリ(酒類ディスカウントストア)と共に会社更生法の適用を申請。同年10月に米国の投資ファンド・ローンスターグループ(東京スター銀行の親会社として知られる)が会社再建のスポンサーとして名乗りを上げ、同年11月からローンスターグループ傘下となる。その後、2004年7月12日にナイスを吸収合併して、2005年にはアエル・ナイスの両ブランドをアエルに一本化し、「AEL2010」と称して5ヵ年計画をスタートさせ、全国の店舗数を500店舗にまで増やすことを目指した新たな拡大路線を推進し、2007年8月に更生手続を終結した。自動契約機は「ひタッチくん」の愛称があり、現社名に変更後も使われていたが、ローンスターグループ傘下で廃止された。アエル (貸金業者) フレッシュアイペディアより)

  • かりゆし (企業)

    かりゆし (企業)から見たローンスターローンスター

    2005年4月に開業。売上低迷のため、2006年4月にアメリカの投資会社ローンスターの傘下であるソラーレホテルズアンドリゾーツの子会社「ラグーンリゾート名護」に営業譲渡された。かりゆしはソラーレとの共同出資の会社を設立し運営部分を受け持っている(余談だが、建設費などこのホテルに費やした初期費用より、譲渡したときの譲渡額が高くなったとされ、近年の沖縄への投資ブームの典型例とされる)。かりゆし (企業) フレッシュアイペディアより)

  • セゾングループ

    セゾングループから見たローンスターローンスター

    西友子会社のノンバンク。個人向けには消費者金融業(サラ金カード)と「SEIYUキャッシュポイント」という貸金業者のカードのみ利用可能なキャッシュディスペンサーを設置していた。バブル期にリゾート開発など事業者向けの不動産抵当融資を積極的に行った結果、1兆円前後の不良債権が発生。1999年に経営が行き詰まり2000億円の債権放棄を第一勧銀へ要請するも、負債総額が西友の重荷となり経営不振へ陥る元凶となった。2000年代にローンスターグループに買収され、東京スター銀行の子会社となりTSBキャピタル。セゾングループ フレッシュアイペディアより)

34件中 21 - 30件表示

「米ローンスター」のニューストピックワード