前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 生産者米価

    生産者米価から見た米価米価

    生産者米価 フレッシュアイペディアより)

  • 拝借金

    拝借金から見た米価米価

    拝借金が貸与される例として居城の罹災や領内の災害・凶作、勅使や朝鮮通信使への接待などの幕命による御用遂行、転封、幕府の役職就任(京都所司代や大坂城代、遠国奉行など)などが挙げられる。また、御三家などの将軍家親族や老中・若年寄・京都所司代歴任者に対しては基準が緩かった様である。また、江戸時代後期には旗本・御家人の生活窮乏を救うために拝借金が行われたほか、寺社・宿場町・米価などの維持のために非武士に対しても行われることがあった(米価の場合は札差・米問屋が対象となる)。拝借金 フレッシュアイペディアより)

  • 大名貸

    大名貸から見た米価米価

    当初は藩財政も比較的規模が小さく財政も安定していたために、素貸にて行われることも珍しくは無かった。だが、江戸時代中期に入ると経常的・臨時的(例:勅使・朝鮮通信使の接待や将軍の日光社参参詣の供奉など)の両面における財政支出の拡大に加えて享保3年(1718年)以後の米価の低落傾向によって財政難に拍車がかかり、恒常的な借り入れ関係が生じ、更に領内の凶作によって蔵屋敷への年貢米(蔵米)や特産品(蔵物)搬入が減少するなどで売却代金によって返済しきれなくなる事態も生じた。それでも不足額を「証文貸」と称して元利金を複数年にわたる売却代金からの分割返済によって行われれば、一応はきちんと返済したものとみなされた。だが、どの藩も財政難は深刻化する一方であり、藩側による蔵元・掛屋の解任や証文の破棄などによる一方的な債務破棄(踏み倒し)やこれに伴う商人の破産、反対に中小藩の中には商人側からの取引打切通知を受ける藩も現れ、更に江戸幕府も大名救済と商業抑制のために宝暦11年(1761年)以後、幕府御用金の藩への実質的な貸付や幕命から商人に対して親藩への強制的な貸付命令を行うようになった。極端の場合として領内の凶作にも関わらず、貸付の停止を恐れた藩が農民から強制的に徴収して蔵屋敷に送って、同一年の年貢米を担保に複数の商人から融資を受ける例や、返済実績の確保を行ったために蔵屋敷に大量に米が送られているにも関わらず領内は飢饉で餓死者が出るという「飢饉移出」が発生して餓死者の発生に伴って耕作者のいない田畑が発生して更なる財政収入の悪化をもたらして更なる大名貸を依頼するという悪循環が発生した例もあった。そのため、大名貸の危険(リスク)は高くなる一方で、利潤率は低下するようになった。だが、慢性的な財政難に苦しむ借手側の藩も勿論のこと、既に多額の貸付を抱えてしまった貸手側の商人も全ての大名貸から手を引けるような状況ではなくなりつつあった。このため、借手側の藩は商人に対して扶持米を与えて藩士と同様の待遇を与えるなどの厚遇策によって商人の関係断絶を回避し、貸手側の商人は締貸し・分貸しなどの融資額の制約を設定したり枝手形を発行して投資者を募ることで危険の分散を図った。また、草間直方や石田敬起(大根屋小右衛門)のように藩政改革に助言を行って藩財政の再建に協力することで、自らの持つ債権の踏み倒しを回避しようとする商人も存在した。更に大坂堂島米会所に所属する米仲買・米方両替である「浜方」と呼ばれる商人から、米切手を担保として融資を受ける浜方先納と呼ばれる融資を得ることもあったが、この方法は通常の大名貸の方法では融資が受けられなくなった藩が採ることが多かった。大名貸 フレッシュアイペディアより)

  • 民力休養・政費節減

    民力休養・政費節減から見た米価米価

    ところが、日清戦争の前後より、社会構造の変化に伴って米価が上昇基調のまま推移するようになり、相対的に古いままの地価を基にした税額に対して負担が軽くなる現象が生じた。また、当時の歳出は公債返済の占める割合が多く削減の割合が多かったこと、また民党議員でも地元の公共事業への予算配分を求める意見があるなど政費節減のための具体策については民党内でもまとまらなかった。このため、この路線の実現方法についても意見が分裂するようになった。即ち、地租改正によって結果的に幕藩体制時代よりも税率が引き上げられた東日本の地主・農民は税率の引き下げを求め、元の税率が高めであった西日本では地租の算定基準となった地価が収穫量が安定して多いという理由で、高い評価が与えられたために、税率よりも地価の引き下げを求めた。更に都市部を中心とした商工業者は地租よりも営業税などの方が収益に対する税負担の割合が高いにも関わらず、民党が地租軽減ばかりを唱えることに不満を抱き、財政革新会などを通して独自の運動を起こした。民力休養・政費節減 フレッシュアイペディアより)

  • 宝永四ツ宝丁銀

    宝永四ツ宝丁銀から見た米価米価

    宝永年間からの目まぐるしい吹替えのため銀相場は混乱し正徳4年(1714年)5月に江戸の銀相場は金1両=銀89匁と下落し、1ヵ年程度の短期間における四ツ宝銀の大量発行に至って、品位低下に伴う通貨量増大のため物価は高騰して正徳5年(1715年)には米価が1石あたり銀230匁をつけた。この様な銀相場の著しい下落から、商人の資産価値は下落し、上方の経済的繁栄に終止符が打たれた。宝永四ツ宝丁銀 フレッシュアイペディアより)

  • 米価審議会

    米価審議会から見た米価米価

    米価審議会(べいかしんぎかい)は、農林水産省の諮問機関としてかつて存在した審議会の一つ。農林水産大臣の諮問に応じて米価などの主要食糧の価格(農家から政府が買い入れる「政府買入価格(生産者価格)」(→生産者米価/生産者麦価)・政府が卸売に売り渡す「政府売渡価格(消費者価格)」(→消費者米価/消費者麦価))に関する基本方針を審議した。米価審議会 フレッシュアイペディアより)

  • 金納

    金納から見た米価米価

    明治に入ると、地租改正によって租税を金納に統一する方針が立てられたが、これに反発する地租改正反対一揆などを背景として、一時的に田の地租の半分を米で納める代石納を一時的に認めた(1877年11月-1889年9月)。ところが、導入直後及び松方財政によるデフレ(いわゆる「松方デフレ」)による米価下落時以外に代石納希望者がほとんど現れず、間もなく代石納は廃止されて全ての租税は金納で行われることになった。金納 フレッシュアイペディアより)

  • 里の秋

    里の秋から見た米価米価

    インフレ : 昭和22年7月時点で、一般物価は戦前(昭和9 - 11年の平均)の65倍、米価は32倍と政府が発表。また、昭和21年8月の厚生省の調査結果では標準家庭1ヵ月の収入504円40銭に対し、支出が844円80銭であった。里の秋 フレッシュアイペディアより)

  • 堂島旧記

    堂島旧記から見た米価米価

    記述内容は元和元年(1615年)から明治3年(1870年)に及び、元禄10年(1697年)とされる堂島米市場の成立以前の大坂の陣からの再建以後の大坂の米取引の歴史や商業法制などについても記されている。堂島米市場の歴史とともに大坂を舞台とした江戸幕府や諸藩の経済活動や大坂市中の動向なども描かれており、空米相場の仕組や米価の変動など、江戸時代の経済史・社会史研究には欠かせない情報を提供している。大正期に室谷鉄腸が編纂した『浜方記録』と並んで江戸時代の大坂経済および堂島米市場研究の基本史料とされている。堂島旧記 フレッシュアイペディアより)

  • 旗振り通信

    旗振り通信から見た米価米価

    旗振り通信は江戸時代中期、全国の米価の基準であった大坂の米相場をいち早く他の地域に伝達するため、さらに地方の相場を大坂に伝えるために考案された。起源は紀伊国屋文左衛門が江戸で米相場を伝達するために色のついた旗を用いたことにあるといわれており、旗振り通信が初めて登場した文献は1743年(寛保3年)の戯曲『大門口鎧襲』とされている。旗振り通信 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示

「米価」のニューストピックワード