52件中 11 - 20件表示
  • 欠食児童

    欠食児童から見た米価米価

    松方財政によるデフレーションで米価が低迷すると、定額金納の地租が農家に大きな負担となり、多くの農家が窮乏化した。貧困のあまり土地を手放して小作人化する者も増えた。松方財政以降、農村は慢性的な貧困状態に陥り、子供の食事を十分に用意できない農家が多く存在することとなった。農村の貧困は地主に土地を集積させ、彼らの資本は株式などの投資に向けられた。さらに、農村は綿織物業等に従事した女性労働力に代表されるように低賃金労働力を創出し、日本の資本主義の発達を大いに促した。日本の資本主義がこのようにして発展していったため、農村の貧困状態は改良されなかった。欠食児童 フレッシュアイペディアより)

  • 七分積金

    七分積金から見た米価米価

    江戸町会所は江戸全体の社倉・義倉としての役目を果たし、平時から窮民に対する「定式御救」を行うために金銭や米が支給されたが、もっとも期待されたのは災害や飢饉、物価高騰時の救済活動のための「臨時御救」にあった。天保の大飢饉や幕末の長州征伐前後の米価の暴騰による世直し一揆などに際して金銭や米を放出して民心を鎮めた。江戸時代を通じて臨時御救は17回行われたと記録されている。七分積金 フレッシュアイペディアより)

  • 御用金

    御用金から見た米価米価

    江戸幕府の御用金は宝暦11年(1761年)以後、少なくとも16回の御用金に関する命令が知られている。目的としては海防強化・幕末の長州征伐などの軍事費用調達、飢饉などにおける窮民救済、江戸城の再建などの大規模工事、米価引き上げを目的とする御買米令によるもの(ただし、幕府が御用金を元手に余剰米を買い上げる方法と町人に直接余剰米を強制的に買い上げさせる方法がある)など臨時の費用発生を名目とする場合が多かった。御用金 フレッシュアイペディアより)

  • 酒屋会議

    酒屋会議から見た米価米価

    植木はその後も会議の準備を続けていたが、4月27日に大阪府知事と大阪府警は会議の禁止を通達、全国各地でも酒造業者による集会の禁止命令や大阪に向かう会議代表団が逮捕される事態が相次いだ。だが、植木は「会議は禁止されても代表に会う事までは禁じられていない」として、5月4日に淀川上の船上で大阪入りできた代表と会合を持ち、5月10日に京都祇園で改めて2府15県代表44名と会議を開催して先に禁錮刑を受けた小原鉄臣を代表者として「酒税軽減嘆願書」を起草して政府に提出した。これを大阪酒屋会議事件(おおさかさかやかいぎじけん)と呼ぶ。これに対して政府は報復目的も兼ねた大増税を実施した。これに酒造業者は激しく反発して自由民権運動に参加するものが相次ぐが、松方財政による米価低迷が日本酒の価格下落を招き、運動は停滞していった。だが、酒造業者の経営不振はやがて税収減少に跳ね返ることとなり、政府はどぶろくなどの自家醸造禁止などの酒造業者保護策を打ち出して酒造業者との妥協策を探る方向に転換することになった。酒屋会議 フレッシュアイペディアより)

  • 囲米

    囲米から見た米価米価

    備荒(飢饉救済)や米価調節を目的としたものとしては、明暦元年(1655年)に会津藩主保科正之が領内で行った社倉が先駆とされている。江戸幕府も社会の安定とともに囲米を災害対策に転じるようになり、天和3年(1683年)には諸藩に対しても囲米を命じた。以後、町村に対しても同様の措置が奨励され、寛政の改革の際には江戸の各町に対して七分積金が命じられた。天保14年(1843年)には江戸の七分積金による囲米が23万石、諸藩の囲米が88万石あったとされている。幕末になると、単に備蓄するのみならず、都市整備や産業振興のための貸付の元手としても活用されるようになった。囲米 フレッシュアイペディアより)

  • 磯永吉

    磯永吉から見た米価米価

    李登輝は「台湾は二期作で6月に収穫できる強みがあった。6月は日本では端境期で米価が一番高い。「蓬莱米」の内地(日本)への販売は急増し、日本の米作農家が圧迫され、移出規制まで行われた。台湾の南部はサトウキビの植え付けが多かったが「蓬莱米」の作付けが急増した。嘉南平野は豊かになり、大変なお金を得た地主は農村組合に預金を預けたが1940年頃から、日本は台湾での製鉄など工業化に力を入れ始めた。そのときに、この資金で産業銀行が設立され、台湾の産業高度化を下支えした。この構造は戦後も続き、1965年頃までは、台湾の主な輸出品は「蓬莱米」と砂糖で、稼いだ外貨が工業化に転嫁され、奇跡といわれた経済成長を実現した」(要約)と「台湾は米とサトウキビの増産で稼いだ外貨によって工業化できた」という内容の講義を行っている。磯永吉 フレッシュアイペディアより)

  • 1966年の日本の女性史

    1966年の日本の女性史から見た生産者米価米価

    7月1日 婦人団体議会活動連絡委員会、米価の不明朗な政治加算を排するなどの要望書提出。 7月7日 主婦連も 7月27日 消費科学連合会も1966年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 享保小判

    享保小判から見た米価米価

    金品位を上げたのであったが、産金量はすでに衰退しており、品位の低い元禄金および量目の少ない宝永金の回収による吹き替えが主流であったため通貨量が縮小し、また徳川吉宗の政策による米の増産も重なり、次第に物価特に米価が下落し、不況に陥ることになり、年貢米の換金効率の低下から武士層は困窮することになった。また、宝永4年(1707年)に藩札の発行が禁止されていたが、各藩からの要望に加えて通貨不足の緩和策として、幕府は享保15年6月(1730年)に藩札発行を解禁することとなった。享保小判 フレッシュアイペディアより)

  • 御定相場

    御定相場から見た米価米価

    このように、実際には御定相場の方が民間の市場相場に左右されて改定を余儀なくされていた。更に徳川吉宗は享保20年(1735年)に米価にも御定相場を導入しようと図ったものの、堂島米市場の仲買商人らの強い反発を受けて失敗に終わった。御定相場 フレッシュアイペディアより)

  • 1967年の日本の女性史

    1967年の日本の女性史から見た米価米価

    婦人団体で米価値上げ反対運動1967年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

52件中 11 - 20件表示

「米価」のニューストピックワード