62件中 11 - 20件表示
  • 享保の打ちこわし

    享保の打ちこわしから見た米価米価

    1732年(享保17年)夏に起こった享保の大飢饉による米不足で米価が高騰した際、庶民の間で米価高の原因は徳川吉宗に協力し、米価の安定に尽力していた米商人の高間伝兵衛が米を買い占め、米価をつり上げようとしているという噂が立った。それに対し、幕府は米を供出するなどして米価を下げようとしたが失敗した。享保の打ちこわし フレッシュアイペディアより)

  • 849年

    849年から見た米価米価

    4月 - 諸国の米価を改める。849年 フレッシュアイペディアより)

  • 1957年の日本の女性史

    1957年の日本の女性史から見た米価米価

    6月28日 主婦連・婦団連など、米価審議会へ消費者米価の値上げ反対陳情、9月まで値上げ反対運動が続く。1957年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 米価の変遷

    米価の変遷から見た米価米価

    米価の変遷(べいかのへんせん)は日本における米価の移り変わりを表す。米価の変遷 フレッシュアイペディアより)

  • 物価

    物価から見た米価米価

    日本においては、国民の主食である米の価格(米価)が全ての物価の基準と考えられ、江戸時代には、米以外のその他全ての価格(諸色)はこれに連動すると考えられてきた。また、その後も米価は「物価の王様」と呼ばれて高度経済成長期の消費低迷によって米価と一般の物価の間に乖離が見られるようになるまで物価を見る上で重要視されていた。物価 フレッシュアイペディアより)

  • 重政誠之

    重政誠之から見た米価米価

    1952年の第25回衆議院議員総選挙に自由党公認で旧広島3区から立候補し初当選、6期務める(当選同期に福田赳夫・大平正芳・黒金泰美・内田常雄・丹羽喬四郎・植木庚子郎・灘尾弘吉・宇都宮徳馬・加藤精三・山崎巌・今松治郎・町村金五・古井喜実など)。農商務省時代に、当時朝日新聞記者だった河野一郎と親交を持ち、自民党では河野派(春秋会)に所属、派閥の金庫番あるいは代貸し的な存在となった。1962年、第2次池田内閣で農林大臣として入閣を果たし、米価問題では「米価は徳川時代から政治米価」と語るなど農政に力を発揮した。重政誠之 フレッシュアイペディアより)

  • 蔵米知行

    蔵米知行から見た米価米価

    藩中央と家臣の年貢米売却の競合による米価下落に伴う換金収入減少など財政上の都合蔵米知行 フレッシュアイペディアより)

  • 救荒

    救荒から見た米価米価

    価格統制…米価などを法令によって統制して値上げを防止する。救荒 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤有益

    安藤有益から見た米価米価

    後に江戸屋敷の勘定役として100石が与えられ、続いて当時会津藩に仕えていた島田貞継にも数学や暦学を学び、その配下として猪苗代湖の水利治水や飯豊山や磐梯山の標高の確定、田畑の測量事業などに参加した。また、寛文2年(1662年)には今村知商の著書『竪亥録(じゅがいろく)』の注釈書である『竪亥録仮名抄』を、その翌年には宣明暦の研究書である『長慶宣明暦算法』を著している。更に米価を調査して、常平倉を設置して物価の安定に尽くしたことが評価されて、延宝3年(1675年)に200石の加増を受けて300石となる。更に貞享4年(1687年)には長暦である『本朝統暦』を編纂している。安藤有益 フレッシュアイペディアより)

  • 七分積金

    七分積金から見た米価米価

    江戸町会所は江戸全体の社倉・義倉としての役目を果たし、平時から窮民に対する「定式御救」を行うために金銭や米が支給されたが、もっとも期待されたのは災害や飢饉、物価高騰時の救済活動のための「臨時御救」にあった。天保の大飢饉や幕末の長州征伐前後の米価の暴騰による世直し一揆などに際して金銭や米を放出して民心を鎮めた。江戸時代を通じて臨時御救は17回行われたと記録されている。七分積金 フレッシュアイペディアより)

62件中 11 - 20件表示

「米価」のニューストピックワード