52件中 21 - 30件表示
  • 江戸時代の三貨制度

    江戸時代の三貨制度から見た米価米価

    米価を例にとると、江戸時代初期は金1両で米が3〜4石程度であったが、当時の産金および産銀の増大に伴い金銀とも相場が下落し、貨幣吹替えのなかった慶長金銀の流通時期であっても、明暦年間を過ぎたあたりから金1両が米1〜2石程度となった。元禄の吹替えによる貨幣品位の低下はこれに追い討ちをかけ、以後文政年間あたりまで金1両が米1石前後を維持した。江戸時代の三貨制度 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤有益

    安藤有益から見た米価米価

    後に江戸屋敷の勘定役として100石が与えられ、続いて当時会津藩に仕えていた島田貞継にも数学や暦学を学び、その配下として猪苗代湖の水利治水や飯豊山や磐梯山の標高の確定、田畑の測量事業などに参加した。また、寛文2年(1662年)には今村知商の著書『竪亥録(じゅがいろく)』の注釈書である『竪亥録仮名抄』を、その翌年には宣明暦の研究書である『長慶宣明暦算法』を著している。更に米価を調査して、常平倉を設置して物価の安定に尽くしたことが評価されて、延宝3年(1675年)に200石の加増を受けて300石となる。更に貞享4年(1687年)には長暦である『本朝統暦』を編纂している。安藤有益 フレッシュアイペディアより)

  • 藩政改革

    藩政改革から見た米価米価

    貨幣経済が社会全体に浸透する一方で、米価は下落傾向にあり、「米」を経済主体として運営する幕藩体制がこの経済変動に適応できずにその実収入は減少していった。藩政改革 フレッシュアイペディアより)

  • 寺内内閣

    寺内内閣から見た米価米価

    1918年(大正7年)1月のウラジオストックへの艦隊派遣の頃から、シベリア出兵の噂によって米価が高騰し、各地で米騒動が発生した。寺内は軍隊を用いてこれを取り締まり、また言論統制を敷くも、これが却って世論の反発を買って全国的な反政府の動きに拡大する。この頃、既に体調を崩していた寺内は政権運営に自信を失って内閣総辞職を決定した。寺内内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本農民組合連合会

    全日本農民組合連合会から見た生産者米価米価

    かつては生産者米価引き上げ交渉や減反交渉・空港や高速道路・新幹線などの建設にともなう農地収用をめぐって農民団体の一つとして反対闘争を率いた。最近では、米のミニマムアクセス廃止や環境直接支払い制度創設・農業課税や土地改良費用の軽減・農業資材価格引き下げに取り組んでいる。また、高圧送電線下農地の被害補償の獲得では環境保護団体と、出稼ぎや賃労働兼業農民の労働問題では労働組合などと協力関係にある。食料自給率引き上げを求め、産地直送や直売の拡大といった、商業者・流通業者を介さない販路の開拓も行っている。全日本農民組合連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 1957年の日本の女性史

    1957年の日本の女性史から見た米価米価

    6月28日 主婦連・婦団連など、米価審議会へ消費者米価の値上げ反対陳情、9月まで値上げ反対運動つづく。1957年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 文政小判

    文政小判から見た米価米価

    この時期は天候も安定し豊作に恵まれたため、通貨の品位低下による米価の高騰は見られず引き続き経済は安定していた。一方、元文小判との引換えは進捗せず、発行高は古文字金と比較して減少した。これ以降、二分判などの名目貨幣の流通が次第に増加し、小判の流通高は減少の一途をたどった。文政小判 フレッシュアイペディアより)

  • 町田忠治

    町田忠治から見た米価米価

    1912年(明治45年)5月15日実施の第11回衆議院議員総選挙に秋田県郡部区から立候補して最高点で当選し、政治家としてのスタートを切った。1914年(大正3年)に第2次大隈内閣の農商務参政官に異例の大抜擢をされ、米価問題に取り組み、その調節や施設につとめた。町田忠治 フレッシュアイペディアより)

  • 本庄栄治郎

    本庄栄治郎から見た米価米価

    『徳川幕府の米価調節』(弘文堂/1924年)本庄栄治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 米価の変遷

    米価の変遷から見た米価米価

    米価の変遷(べいかのへんせん)は日本における米価の移り変わりを表す。米価の変遷 フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「米価」のニューストピックワード