62件中 31 - 40件表示
  • 全国農業者農政運動組織連盟

    全国農業者農政運動組織連盟から見た米価米価

    農業協同組合の政治的利益を目的としている。長らく自由民主党の支持団体として動いてきた。1971年以降、参議院議員通常選挙全国区(比例区)に候補者を擁立している。また福岡県農政連は政治団体として福岡県議会に議員を当選させている。2010年代に入ると、TPP参加問題や米価問題で自民党への信頼が揺らいでおり、2014年の第47回衆議院議員総選挙では、自民・公明党候補の推薦は概ね継続したものの比例東北ブロックでは日本共産党候補(高橋千鶴子)も推薦した。全国農業者農政運動組織連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 町田忠治

    町田忠治から見た米価米価

    1912年(明治45年)5月15日実施の第11回衆議院議員総選挙に秋田県郡部区から立候補して最高点で当選し、政治家としてのスタートを切った。1914年(大正3年)に第2次大隈内閣の農商務参政官に異例の大抜擢をされ、米価問題に取り組み、その調節や施設につとめた。町田忠治 フレッシュアイペディアより)

  • 金解禁

    金解禁から見た米価米価

    だが、日本国内では金解禁直後から銀価格の暴落が始まり、同年6月には生糸価格の暴落、同年10月には米価の暴落が続いた。このために企業の倒産・合理化が激増して大量の失業者が発生し、中小企業や農村は窮乏化した。さらに緊縮財政問題とも関連が強かったロンドン海軍軍縮条約締結を巡る統帥権干犯問題も絡んで軍部からも反感を買い、遂に同年11月に濱口首相が狙撃される事件も発生した。金解禁 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台農業協同組合

    仙台農業協同組合から見た米価米価

    コメの自由化や米価低迷など農業を取り巻く環境が大きく変化する中、宮城県農業協同組合中央会は1995年11月に開催した県農協大会において、当時93あった単位農協を1997年までに合併によって、11広域農協に統合する計画を決議した。これに基づき、仙塩地区においては10農協(JA仙台原町・JA仙台市・JA宮城・JA仙台市西・JA秋保町・JA利府町・JA宮城松島町・JA仙台市泉・JA多賀城市・JA七ヶ浜町)による広域合併が計画された。しかし、諸般の事情からJA仙台市泉・JA多賀城市・JA七ヶ浜町が参加を見送った。これによって残りの7農協が合併。1998年3月1日に仙台農業協同組合(JA仙台)が発足した。仙台農業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 藩政改革

    藩政改革から見た米価米価

    貨幣経済が社会全体に浸透する一方で、米価は下落傾向にあり、「米」を経済主体として運営する幕藩体制がこの経済変動に適応できずにその実収入は減少していった。藩政改革 フレッシュアイペディアより)

  • 本庄栄治郎

    本庄栄治郎から見た米価米価

    『徳川幕府の米価調節』(弘文堂/1924年)本庄栄治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸時代の三貨制度

    江戸時代の三貨制度から見た米価米価

    米価を例にとると、江戸時代初期は金1両で米が3〜4石程度であったが、当時の産金および産銀の増大に伴い金銀とも相場が下落し、貨幣吹替えのなかった慶長金銀の流通時期であっても、明暦年間を過ぎたあたりから金1両が米1〜2石程度となった。元禄の吹替えによる貨幣品位の低下はこれに追い討ちをかけ、以後文政年間あたりまで金1両が米1石前後を維持した。江戸時代の三貨制度 フレッシュアイペディアより)

  • 近江天保一揆

    近江天保一揆から見た米価米価

    一揆が起こった天保13年(1842年)は、天保の大飢饉(天保4年(1833年)天保10年(1839年))の直後で、当に飢饉により多くの人が餓死し、米価高騰や一揆・打ち壊しの姿がまだ生々しい記憶として残っていた。天保7年(1836年)だけで大小129件もの一揆・騒動があったと伝えられる。近江天保一揆 フレッシュアイペディアより)

  • 米相場

    米相場から見た米価米価

    大坂の他にも江戸蔵前や酒田、新潟、桑名、尾道、赤間関(現在の下関)などの米の集散地には大小の米相場が形成された。その中でも西日本の大名が年貢米を売却した大坂の堂島米会所における帳合米商は規模が大きかった。帳合米商は正米商に先だって行われる慣例があったために、帳合米商の価格は正米商の価格の先行指標となり得たために、米価の平準化・調整の機能も持っていた。幕末には中間の形態を有した石建米商も登場した。米相場 フレッシュアイペディアより)

  • 大湊 (伊勢市)

    大湊 (伊勢市)から見た米価米価

    室町時代には北畠氏の支配下に入るが、上納金と引き換えに24名の会合衆による自治が認められるようになった。1498年(明応7年)に明応地震による津波で1000軒の家屋が破壊されて5000人もの死者を出したにも関わらず、11年後に地元の国人愛洲氏(庶流の愛洲久忠が著名)との諍(イサカ)いがあった際に100貫の献金を行って和解している。1565年(永禄8年)の冬には1ヶ月の集計で船の入港が119隻、そこから納められた入港税が34貫870文(当時の米価は一石あたり600文(60疋/0.6貫)前後とされている)であったという。大湊は北畠氏のみならず、尾張の織田氏・三河の徳川氏・駿河の今川氏・相模の北条氏など有力戦国大名とも強く結びついていた。このように当時の大湊は堺や博多などと並ぶ日本の代表的な商業都市の1つであった。大湊 (伊勢市) フレッシュアイペディアより)

62件中 31 - 40件表示

「米価」のニューストピックワード