49件中 21 - 30件表示
  • 米倉弘昌

    米倉弘昌から見た旭日大綬章

    2015年 - 春の叙勲で旭日大綬章受章米倉弘昌 フレッシュアイペディアより)

  • 米倉弘昌

    米倉弘昌から見た朝鮮総督府

    祖父と父は神戸でゴム製品工場を経営していた。祖父の弟は同社専務取締役として釜山の支店・工場を管理したのち、朝鮮総督府の意向で設立された三和護謨の初代社長。釜山近辺のゴム製品会社約10社を連合した、朝鮮半島最大のゴム製品会社だった。米倉弘昌 フレッシュアイペディアより)

  • 米倉弘昌

    米倉弘昌から見たサウジアラビア

    住友化学工業取締役、常務取締役、専務取締役を経て、住友化学工業代表取締役社長に就任。2004年、住友化学工業を住友化学に社名変更。住友化学時代に社長としてサウジアラビアでの巨大石油化学コンビナート、ペトロラービグ・プロジェクトへの参画を主導した。また、製薬事業等の強化を図り、同社の収益基盤の強化に努めた。2009年、住友化学代表取締役会長に就任する。2012年1億1300万円の役員報酬を、2013年1億2200万円の役員報酬を、2014年1億3300万円の役員報酬を受ける。米倉弘昌 フレッシュアイペディアより)

  • 米倉弘昌

    米倉弘昌から見たコンビナート

    住友化学工業取締役、常務取締役、専務取締役を経て、住友化学工業代表取締役社長に就任。2004年、住友化学工業を住友化学に社名変更。住友化学時代に社長としてサウジアラビアでの巨大石油化学コンビナート、ペトロラービグ・プロジェクトへの参画を主導した。また、製薬事業等の強化を図り、同社の収益基盤の強化に努めた。2009年、住友化学代表取締役会長に就任する。2012年1億1300万円の役員報酬を、2013年1億2200万円の役員報酬を、2014年1億3300万円の役員報酬を受ける。米倉弘昌 フレッシュアイペディアより)

  • 米倉弘昌

    米倉弘昌から見た日本

    米倉 弘昌(よねくら ひろまさ、1937年3月31日 - )は、日本の実業家。学位は経済学修士(デューク大学・1965年)。住友化学株式会社相談役、一般社団法人日本経済団体連合会名誉会長。経済産業省産業構造審議会会長。米倉弘昌 フレッシュアイペディアより)

  • 米倉弘昌

    米倉弘昌から見た石油化学工業協会

    住友化学工業株式会社(現住友化学株式会社)代表取締役社長・会長、社団法人日本経済団体連合会副会長、石油化学工業協会会長、社団法人日本化学工業協会会長、一般社団法人日本経済団体連合会会長(第3代)などを歴任した。米倉弘昌 フレッシュアイペディアより)

  • 米倉弘昌

    米倉弘昌から見た代表取締役

    住友化学工業株式会社(現住友化学株式会社)代表取締役社長・会長、社団法人日本経済団体連合会副会長、石油化学工業協会会長、社団法人日本化学工業協会会長、一般社団法人日本経済団体連合会会長(第3代)などを歴任した。米倉弘昌 フレッシュアイペディアより)

  • 米倉弘昌

    米倉弘昌から見た産業構造審議会

    米倉 弘昌(よねくら ひろまさ、1937年3月31日 - )は、日本の実業家。学位は経済学修士(デューク大学・1965年)。住友化学株式会社相談役、一般社団法人日本経済団体連合会名誉会長。経済産業省産業構造審議会会長。米倉弘昌 フレッシュアイペディアより)

  • 米倉弘昌

    米倉弘昌から見た経済学

    1937年3月31日、兵庫県神戸市長田区に生まれる。1956年3月、甲南高等学校を卒業し、1956年4月に東京大学法学部入学、1960年3月、東京大学法学部卒業後、住友化学工業(現住友化学)に入社する。1965年、米国のデューク大学大学院経済学専攻修士課程修了、経済学修士。米倉弘昌 フレッシュアイペディアより)

  • 米倉弘昌

    米倉弘昌から見た東京大学大学院法学政治学研究科・法学部

    1937年3月31日、兵庫県神戸市長田区に生まれる。1956年3月、甲南高等学校を卒業し、1956年4月に東京大学法学部入学、1960年3月、東京大学法学部卒業後、住友化学工業(現住友化学)に入社する。1965年、米国のデューク大学大学院経済学専攻修士課程修了、経済学修士。米倉弘昌 フレッシュアイペディアより)

49件中 21 - 30件表示

「米倉弘昌」のニューストピックワード