米国防総省 ニュース&Wiki etc.

アメリカ合衆国国防総省(アメリカがっしゅうこくこくぼうそうしょう、)は、アメリカ合衆国の国防・軍事を統合する官庁である。アメリカ軍の七武官組織のうち、沿岸警備隊・アメリカ公衆衛生局士官部隊・合衆国海洋大気局士官部隊を除く陸軍・海軍・空軍・海兵隊の四軍を傘下に収める。陸海空軍の各省の統括組織であるため、日本では「国防“総省… (出典:Wikipedia)

「米国防総省」Q&A

  • Q&A

    windows 10の入っていたノートPCにdestroyというソフトを使って米国防…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月22日 17:04

  • Q&A

    こんばんは 少し見かけたのですが 貴女の下記書き込みについて 質問お答え頂ければ幸…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月13日 22:18

  • Q&A

    311日本『真実には力がある』様のブログ記事です。 関心がある方は御感想をお聞かせ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月27日 01:00

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アメリカ国防総省」のつながり調べ

  • F-111 (航空機)

    F-111 (航空機)から見たアメリカ国防総省

    しかしその後2回の再設計を行うも要求を満たすものではないとされ、都合4回目の再設計が両社に命じられた。4回目の設計案で空海軍ともにボーイング案が優れていると判断し、採用に向けた動きが出てきた。しかし国防総省はジェネラル・ダイナミクス案の採用を決定する。これはボーイング案はジェネラル・ダイナミクス案に比べて費用の見積もりが杜撰であるとの、マクナマラ長官の判断による。しかしその事が理解されず、空海軍を無視した決定は議会でも問題となり、査問委員会が開かれたが、国防総省はジェネラル・ダイナミクス案のほうが共通部分が多く調達価格が低くなると主張し、一応その主張が認められた。また最終案ではジェネラル・ダイナミクス案の性能もボーイング案に近づいていた。しかしこの決定については、「テキサス州を地盤としていた当時のリンドン・ジョンソン大統領とその派閥による政治的な圧力があった」などと噂され、現在もそれを信じている者もいる。(F-111 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 柏通信所

    柏通信所から見たアメリカ国防総省

    1960年(昭和35年)には、アメリカ陸軍の海外通信網が世界の各地域単位で編成されていたACAN(Army Command and Administrative Network)から、これらを統合したSTARCOM(Strategic Army Communications System)へと改編された。世界9ヶ所に設置されたSTARCOMの一次中継局のうち1つがノースキャンプ・ドレイクの898号棟(通称リトルペンタゴン)に置かれ、柏無線送信所はキャンプ・ドレイク、大和田無線受信所(埼玉県新座市)とともにSTARCOMを構成する施設として機能。アンカレッジ、サンフランシスコ、ハワイ、フィリピンの一次中継局とシアトル、沖縄、台北、ソウルの地域中継局に向けて送信を行うようになり、部隊名もSTARCOM施設(STARCOM Facility)と改称された。さらに1961年(昭和36年)3月、STARCOMはアメリカ国防総省の複合通信システムであるDCS(Defense Communications System)と統合、アメリカ国防通信局(DCA)の指揮統制下に編入された。同年4月には旧行政協定に代わる日米地位協定の発効に伴って柏無線送信所は柏通信所に施設名称を変更。翌年12月にはオペレーションエリア周辺の共同使用地区を立入禁止とする使用条件変更要求が在日米軍から日米合同委員会施設分科委員会に提出され、後の施設拡充の動きへとつながっていった。(柏通信所 フレッシュアイペディアより)

「アメリカ国防総省」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「米国防総省」のニューストピックワード