米国防総省 ニュース&Wiki etc.

アメリカ合衆国国防総省(アメリカがっしゅうこくこくぼうそうしょう、、略称:DoD)は、アメリカ合衆国の国防省である。アメリカ軍の七武官組織のうち、沿岸警備隊、アメリカ公衆衛生局士官部隊、合衆国海洋大気局士官部隊を除く陸軍、海軍、空軍、海兵隊の4つの軍を傘下に収める。陸海空軍の各省の統括組織であるため、日本では「国防総省」… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アメリカ国防総省」のつながり調べ

  • ジョージ・ホワイトサイズ

    ジョージ・ホワイトサイズから見たアメリカ国防総省

    科学研究を越えて、ホワイトサイズは公務においても活発である。ホワイトサイズは、科学と技術分野におけるアメリカの競争力について対応した米国アカデミーの報告書 "Rising Above the Gathering Storm" に関わった。2002年に、イギリスの大学における化学研究の状況を国際的に評価する委員会の委員長を務めた。これは現在、ホワイトサイズレポートとして知られる報告書に要約されている。ホワイトサイズは、アメリカ国立科学財団、アメリカ航空宇宙局 (NASA)、アメリカ国防総省の諮問委員会の委員を務めた。また、1984年から様々な立場で米国アカデミー米国研究評議会にも参加している。これは、テロ対策における科学技術や情報コミュニティーにおけるナノテクノロジーに関する委員会を含む。(ジョージ・ホワイトサイズ フレッシュアイペディアより)

  • ロズウェル・リポート

    ロズウェル・リポートから見たアメリカ国防総省

     事件の50周年の数日前に、空軍はThe Roswell Report: Case Closed (邦訳:『実録 ロズウェル事件』)と呼ばれる、1994年の報告を補完する報告を発表した。最終結論と報告の題名に示されているにもかかわらず、これが論争の余地を残したままにしているかどうかを訊かれたとき、国防省スポークスマン、ケネス・ベイコンKenneth Baconは言った: 「もちろんない」。彼の評価は本当であると証明されているが、それでもなおこの報告は、空軍がもっともらしく生じた異星人の話をどう受け取ったのかを非常に詳しく説明し、空軍の観点からの事件に向けられた最後の言葉を残す。それは、以前の報告とともに、ロズウェルUFO事件への懐疑論的返答への基礎も形成している。(ロズウェル・リポート フレッシュアイペディアより)

「米国防総省」のニューストピックワード