前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
606件中 1 - 10件表示
  • インターネットの歴史

    インターネットの歴史から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    1962年10月、ARPA局長は新たに創設した部門である Information Processing Techniques Office (IPTO) の部長としてリックライダーを雇い、シャイアン山とペンタゴンとSAC本部にあったアメリカ国防総省のメインコンピュータ同士の相互接続を命じた。そこでリックライダーはARPA内で非公式のグループを結成し、コンピュータの研究を進めさせた。IPTOスタッフへのメモで分散ネットワークを描いており、その中で部下や同僚たちを「銀河間コンピュータネットワークのメンバーと関係者」と呼んでいる。IPTOの役割の一部として、3台のネットワーク端末を設置した。1つはサンタモニカの System Development Corporation に、1つはカリフォルニア大学バークレー校の Project GENIE に、残る1つはマサチューセッツ工科大学 (MIT) のCTSSプロジェクトに接続した。この設備の無駄からリックライダーの考えるインターネットワーキングの必要性が明らかとなった。インターネットの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国情報安全保障監督局

    アメリカ合衆国情報安全保障監督局から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    2007年現在、約65の政府機関を国防総省チーム、外交・諜報活動・国土安全保障・エネルギー・運輸チーム、民間チームの3つに分けて連絡を取り合っている。アメリカ合衆国情報安全保障監督局 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍

    中国人民解放軍から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    このような「公表額」に対して、世界各国の政府や軍事研究機関は、「中国政府が、所謂中国脅威論によって軍備拡張が抑え込まれることを警戒して、軍事支出が小さく見えるように操作している」との見解を持っている。ストックホルム国際平和研究所の統計によると、2008年度の中国の軍事費は為替レートベースで849億ドルで、アメリカ合衆国に次いで世界で2位(世界シェア5.8%)であり、1999年 - 2008年の10年間で194%増加した。アメリカ国防総省/台湾国防部の議会への報告によれば、中国の為替換算「軍事支出」は2007年で1100億ドル前後で、世界的に一般的な軍事費の範囲定義をあわせた中国の実態「軍事支出」は中国政府発表の公称「軍事予算」の2-3倍であるとしている。2009年秋に作成された人民解放軍の内部報告書によって、「軍事費」が公表されている「国防費」の1.5倍と記載されていることが2010年7月に明らかになった。中国人民解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • CALS/EC

    CALS/ECから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    かつて、CALSはアメリカ国防総省で利用する兵器の生産性や品質の向上といった兵站 (Logistics)目的でアメリカ国防総省における「コンピュータによる軍事の後方支援」の意味であり、コンピュータが普及すると見込まれ紙媒体から電子媒体による民間利用目的で提唱された。CALS/EC フレッシュアイペディアより)

  • デルタフォース

    デルタフォースから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    アメリカ陸軍には以前よりグリーンベレー(陸軍特殊部隊群)が存在したが、SASで訓練を受けたアメリカ陸軍のチャールズ・アルヴィン・ベックウィズ大佐が国防総省に対テロ部隊の必要性を提唱したのが、創設のきっかけである。デルタフォース フレッシュアイペディアより)

  • 軍用電子機器の命名規則 (アメリカ合衆国)

    軍用電子機器の命名規則 (アメリカ合衆国)から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    JETDSは、MIL-STD-196に詳しく規定されており、以前から陸海軍共通命名システム(Joint Army-Navy Nomenclature System)又は通信電子機器共通命名システム(Joint Communications-Electronics Nomenclature System)として知られていた。陸海軍共通命名システムは、ANシステムと略されることが多い。JETDSは、機密扱いでない記号名称を電子機器に割り当てるために第二次世界大戦中にアメリカ陸軍省によって開発された方法である。軍用電子機器の命名規則 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • Mixed Excitation Linear Prediction

    Mixed Excitation Linear Predictionから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    MELP はアメリカ国防総省が中心となって規格化を行った低ビットレートの音声符号化方式で、Federal-Standard 1015(2.4kbps LPC-10e)の後継として規格化された。2.4kbps MELP符号化方式の選択と規格化は DoD Digital Voice Processor Consortium(DDVPC、国防総省デジタルボイス処理装置コンソーシアム)が1993年から1997年にかけて行い、MIL-STD-3005 となった。2.4kbps MELPは Federal-Standard 1015(2.4kbps LPC-10e)より優れており、 Federal-Standard 1016(4.8kbps CELP)と同等か優れた音質で、騒音の多い環境での性能が優れていた。Mixed Excitation Linear Prediction フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・バーリンガム

    チャールズ・バーリンガムから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    チャールズ・フランク・バーリンガム 三世 (Charles Frank Burlingame III、1949年9月12日 - 2001年9月11日)は、アメリカ同時多発テロ事件の際、テロリストによってペンタゴンに突入させられたアメリカン航空77便の機長だった。チャールズ・バーリンガム フレッシュアイペディアより)

  • エンタープライズアーキテクチャフレームワーク

    エンタープライズアーキテクチャフレームワークから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    エンタープライズアーキテクチャは、情報技術及び情報システム統治(ガバナンス)で一般に使われる。組織は、システム設計が認可される前に作り出されるべき一定のモデルを委任したいと望むかもしれない。同じように彼らは、調達されたシステムのドキュメントに使われる一定のビューを特定したいと望むかもしれない。そのためアメリカ国防総省は、一定以上の資金プロジェクトのため、装置サプライヤによって提供される特定のDoDAFビューを規定した。エンタープライズアーキテクチャフレームワーク フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・B・ランパート

    ジェームス・B・ランパートから見た国防総省アメリカ国防総省

    ランパートは1949年から1952年まで、サウスカロライナ州チャールストンとオクラホマ州タルサの工兵管区指揮官に、その後米軍統合原子力プログラムの責任者になった。1957年アメリカ合衆国国防大学に出席した。この時、ベトナムのサイゴン(現在のホーチミン)で南ベトナム米軍事援助顧問団(後の南ベトナム軍事援助司令部)兵站部副部長に任命された。ベトナムからの帰還後、アメリカ国防総省内の工兵総監部で軍事建設指揮官、1963年から1966年まで米陸軍士官学校校長、1966年から1968年まで国防総省の副国防次官補、1969年には琉球列島高等弁務官を1972年に退役するまで務めた。ジェームス・B・ランパート フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
606件中 1 - 10件表示

「米国防総省」のニューストピックワード