606件中 91 - 100件表示
  • マイケル・マレン

    マイケル・マレンから見たアメリカ合衆国国防総省アメリカ国防総省

    1989年9月には大佐に昇任、併せて国防総省の運用試験評価部長室に異動となる。また、この頃(1991年)にはハーバード・ビジネス・スクールのアドバンスド・マネージメント・プログラム(AMP)を修了している。運用試験評価部長室での勤務後は再度海上勤務に異動となり、ミサイル巡洋艦・ヨークタウン (USS Yorktown, CG-48) に艦長として乗務した。ヨークタウン艦長を離任した後は、海軍人事局(Bureau of Naval Personnel)に異動となり、人事畑を歩む。マイケル・マレン フレッシュアイペディアより)

  • ペンタゴンの新しい地図

    ペンタゴンの新しい地図から見た国防総省アメリカ国防総省

    アメリカの政治学者バーネットは海軍大学上級戦略研究者として、いわゆる2000年問題の世界的影響の研究を指揮していた。2000年に証券会社キャンターフィッツジェラルドの役員の依頼をうけて産学協同研究の監督を任され、グローバリゼーションを反映した世界の安全保障環境を研究する図上演習を統裁した。その研究結果は国防総省で報告され、ブッシュ政権の国家安全保障戦略の策定でも参照された。2003年3月号の『エスクァイア』で本書の基礎となる「ペンタゴンの新しい地図」でそれまでの研究成果を発表すると、世界各国で翻訳されて各地の政策担当者から問い合わせを受けたためにバーネットは本書を執筆することを決めた。ペンタゴンの新しい地図 フレッシュアイペディアより)

  • インテリジェンス・コミュニティー

    インテリジェンス・コミュニティーから見た国防総省アメリカ国防総省

    以前はCIA長官が中央情報長官を兼ね、インテリジェンス・コミュニティーの統括も行っていた。しかし、中央情報長官はCIAの長官でもあるため、自分の統括する組織であるCIAの指揮に集中してしまったり、情報活動の8割以上を行っている国防総省との対立が原因でインテリジェンス・コミュニティーの指揮や調整の役割を果たしていなかった。また、同時多発テロを防げなかった一因に情報機関の連携不足が指摘されている。そのためアメリカ政府は情報機関の改革を行い、国家情報長官を設置した。国家情報長官は連邦政府の15の情報機関の人事や予算を統括する権限を持ち、インテリジェンス・コミュニティーの指揮、管理に専念する。また、アメリカ大統領の情報顧問として各種情報の報告や国家安全保障会議に対し助言などを行う。しかし、国家情報長官の各情報機関への指揮権は不明である。また、国防総省が戦略支援局という国防長官直属の機関を極秘に設置したことが判明した。アメリカの情報機関は縄張り意識が強く、国家情報長官がどれだけ組織をまとめていけるかが課題である。インテリジェンス・コミュニティー フレッシュアイペディアより)

  • 1970年の政治

    1970年の政治から見た国防総省アメリカ国防総省

    4月15日 - アメリカ国防総省、枯葉剤2・4・5-Tの使用中止を発表。1970年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ホロニアック

    ニック・ホロニアックから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    2007年現在もホロニアックはイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の教授を務め、量子ドットレーザーの製造法を研究している。講義は行っておらず、研究に打ち込んでいる。DARPA経由でアメリカ国防総省から650万ドルの資金を得て、Milton Feng と共に同大学にトランジスタレーザー研究センターを設立した。ニック・ホロニアック フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国国防副長官

    アメリカ合衆国国防副長官から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    アメリカ合衆国国防副長官 (United States Deputy Secretary of Defense,略称:DEPSECDEF) は、アメリカ合衆国の官職の1つであり、国防総省内で国防長官に次ぐ第2位の上級職員である。国防総省のウェブサイトによると、副長官には以下のような権限がある。アメリカ合衆国国防副長官 フレッシュアイペディアより)

  • キャプリオ

    キャプリオから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    キャプリオ400Gワイド(2004年1月30日発売) - キャプリオG4ワイドを元に開発された。防水性能はJIS保護等級7級、防塵性能はJIS保護等級6級に相当する。またアメリカ国防総省が推奨する耐衝撃性能に関する規格「MIL Standard810F」に準じており、高さ90cmからの落下に耐えうる製品と言える。「建設CALS」に対応した撮影モードを搭載。またあらかじめパソコンを使って作成したテキストデータやカメラ本体で録音した音声データをExifに付加する「カメラメモ」機能や、音声付き動画を撮影する機能なども搭載する。35mm判換算焦点距離で28?85mmと一般的なデジタルカメラよりも広角のレンズを搭載している。有効画素数は324万画素。加えてリコー製のプリンターとの連携が強化されており、写真の一覧形式での印刷や、カメラメモ機能で用いたテキストデータの印刷などが行なえる。記録媒体はSDメモリーカードとマルチメディアカードに対応する。また別売でワイドコンバージョンレンズが発売されている。キャプリオ フレッシュアイペディアより)

  • 東アジアミサイル問題

    東アジアミサイル問題から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    中国人民解放軍のミサイル数の出典(アメリカ国防総省議会報告Sec1;56参照)東アジアミサイル問題 フレッシュアイペディアより)

  • 今井環

    今井環から見た国防総省アメリカ国防総省

    1976年(昭和51年)にNHK入局。仙台放送局、青森放送局三沢報道室などを経て、1981年(昭和56年)に報道局政治部記者となり、自由民主党木曜クラブ・経世会の取材を担当した。1993年(平成5年)にはワシントン支局へ異動し、ホワイトハウスや国防総省などの取材を担当。今井環 フレッシュアイペディアより)

  • 出口戦略

    出口戦略から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    出口戦略(exit strategy)という用語はベトナム戦争時にアメリカ国防総省内で使用されたのが始まりである。その後も、敗勢あるいは損害が甚大な状況下でいかに人命や物資の損失を最小限にして軍を撤退させる検討や実施に対して出口戦略という用語が用いられる。出口戦略 フレッシュアイペディアより)

606件中 91 - 100件表示

「米国防総省」のニューストピックワード