858件中 11 - 20件表示
  • 中国脅威論

    中国脅威論から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    21年連続2桁増で急増する軍事費、軍事費の内訳の不透明性、兵器や人員の実態の不透明性、核戦力の充実、日本の沖ノ鳥島における排他的経済水域の否定、数々の示威行為(人工衛星破壊・アメリカ海軍原子力空母至近での潜水艦浮上・日本の領海侵犯・排他的経済水域での無断調査・台湾近海でのミサイル演習)により、中国脅威論が展開されている。2006年のアメリカ国防総省の年次報告書では、軍事費の増大などを背景に「周辺諸国への潜在的な脅威になっている」と述べている。中国脅威論 フレッシュアイペディアより)

  • F-35 (戦闘機)

    F-35 (戦闘機)から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    2011年12月16日、産経新聞はアメリカ国防総省内部資料を出所とした「ステルス性能に疑問」という記事を報じ、また、具体的問題点として、攻撃能力、被弾や事故時の生存可能性、旋回や上昇など飛行性能、空対空ミサイルの発射、電子戦能力がテストパイロットなどより運用上深刻な、または特別な懸念として挙がっている、としている。それによると、報告者は国防総省のアハーン次官補代理ら計5人で、報告書では「今後の生産を中止するような根本的なリスクは認められなかった」としながらも、上述の問題点より「設計の安定性で信頼に欠ける」と結論し、「調達・生産計画の真剣な再考」が求められている、としている。F-35 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の大量破壊兵器

    中華人民共和国の大量破壊兵器から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    1984年の合衆国国防情報局の防衛推定資料 (Defense Estimative Brief) では、中国の核弾頭備蓄量は150から160個と推定している。1993年のアメリカ国家安全保障会議の報告では、中国の核抑止力については核搭載弾道ミサイルは60から70基と信じられていた。合衆国国防情報局の「数十年の将来:1999 ? 2020」の報告では1999年の核兵器の備蓄量は140から157と推定していた。2004年には合衆国国防総省は中国が約20基の大陸間弾道ミサイルが合衆国本土を標的にできると評価した。中華人民共和国の大量破壊兵器 フレッシュアイペディアより)

  • コマンド (部隊編成)

    コマンド (部隊編成)から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    アメリカ国防総省では「Command」という用語について、以下の3種類のように定義している。コマンド (部隊編成) フレッシュアイペディアより)

  • セイモス (人工衛星)

    セイモス (人工衛星)から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    1956年、セイモスはアメリカ空軍により、WS-117L偵察防衛計画の一部として始められた。1958年5月、アメリカ国防総省(DoD)は、WS-117L計画をARPA(現在の国防高等研究計画局)へと移管することを指導した。セイモス開発計画の中で最も重要な部分は「セイモスE」(Samos-E、visual reconnaissance、光学偵察・画像諜報)、「」(ELINT Ferretによる電子諜報)、さらに「セイモスH」(Samos-H、衛星通信)の三つの計画であった。セイモス (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

  • Mixed Excitation Linear Prediction

    Mixed Excitation Linear Predictionから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    MELP はアメリカ国防総省が中心となって規格化を行った低ビットレートの音声符号化方式で、Federal-Standard 1015(2.4kbps LPC-10e)の後継として規格化された。2.4kbps MELP符号化方式の選択と規格化は DoD Digital Voice Processor Consortium(DDVPC、国防総省デジタルボイス処理装置コンソーシアム)が1993年から1997年にかけて行い、MIL-STD-3005 となった。2.4kbps MELPは Federal-Standard 1015(2.4kbps LPC-10e)より優れており、 Federal-Standard 1016(4.8kbps CELP)と同等か優れた音質で、騒音の多い環境での性能が優れていた。Mixed Excitation Linear Prediction フレッシュアイペディアより)

  • Mach

    Machから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    1980年代中頃、アメリカ国防総省高等研究計画局によって開発されていた実験用マルチプロセッサコンピューター用のOSをアメリカ国防総省に提案、採用されたことにより 1985年から Mach の開発は始まった。当初はスーパーコンピューター・ワークベンチ・プロジェクト()と呼ばれていた。Mach フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ローレンス・サリヴァン

    ジョン・ローレンス・サリヴァンから見たアメリカ合衆国国防総省アメリカ国防総省

    ジョン・ローレンス・サリヴァン(John Lawrence Sullivan, 1899年6月16日 - 1982年8月8日)は、アメリカ合衆国の政治家。ハリー・S・トルーマン政権で国防総省の初代海軍長官を務めた。ジョン・ローレンス・サリヴァン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・カービー

    ジョン・カービーから見たアメリカ合衆国国防総省アメリカ国防総省

    ジョン・F・カービー(John F. Kirby)は、アメリカ合衆国のアメリカ合衆国国務省報道官。2015年2月までアメリカ合衆国国防総省報道官を務めていた。ジョン・カービー フレッシュアイペディアより)

  • クンドゥーズ病院爆撃事件

    クンドゥーズ病院爆撃事件から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    病院の位置は以前から周知されていたが、戦闘の激化を受けて病院は9月29日に改めてアメリカ国防総省、アフガニスタン内務省、アフガニスタン国防省、そして首都カブールに駐留する米軍にGPS座標を電子メールで送信し病院の正確な位置を伝えていた。国境なき医師団の要員は、直近では9月29日にアメリカ軍当局者と接触し、病院の正確な位置を再確認していた。クンドゥーズ病院爆撃事件 フレッシュアイペディアより)

858件中 11 - 20件表示

「米国防総省」のニューストピックワード