606件中 21 - 30件表示
  • アメリカ国家偵察局

    アメリカ国家偵察局から見た国防総省アメリカ国防総省

    アメリカ国家偵察局(アメリカこっかていさつきょく、英語:National Reconnaissance Office、略称:NRO)は、アメリカ合衆国国防総省の諜報機関。名目上は空軍長官直轄の独立組織であり、NRO長官は宇宙担当次官補の兼務である。しかし、実際にはCIAなども加わる運営委員会がある。アメリカ国家偵察局 フレッシュアイペディアより)

  • KC-X

    KC-Xから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    KC-135の製造者でもあるボーイング社は、新型の空中給油機としてボーイング767型機をベースとするKC-767の開発を行っており、これは2001年にイタリア空軍と航空自衛隊に採用されるなど、実績をあげていた。ボーイングはKC-767をKC-Xとして国防総省に提案、軍の支出削減要請に応える為に、まず100機をリース契約で調達する案を提示した。国防総省も2003年5月23日に、このリース・プログラムについての発表を行い、前向きな姿勢を示した。発表によるとこの案は、2006年から100機のKC-767を1億3100万ドルで借り入れ、リース契約特有の経費として1機当たり700万ドルが必要としているが、総経費は160億ドル以下に抑えられる。また、リース契約が終了する2017年に、全機を約44億ドルで購入する、とした。なお、このアメリカ軍向けのエンジンはイタリアや日本と異なり、プラット・アンド・ホイットニー製PW4000を装備するものであった。KC-X フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の宇宙開発

    アメリカ合衆国の宇宙開発から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    アメリカは世界を代表する超大国としてソビエト連邦に対抗し、宇宙開発を行ってきた。アメリカはスプートニク・ショック以来早期に宇宙開発専門の部局であるアメリカ航空宇宙局(NASA)を設立し、科学研究などは主にこの機関が行ってきた。一方で、軍事的な宇宙開発は国防総省が行っており、気象衛星の開発も予算は他の省庁であったりと、分野は違えど多くの資金が宇宙開発に投入されてきた。現在でもその金額は世界でトップである。月到達以降はそれまでよりは宇宙開発に注ぐ力は減ったものの、依然として宇宙開発先進国として様々な事業を成し遂げている。アメリカ合衆国の宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ローレンス・サリヴァン

    ジョン・ローレンス・サリヴァンから見たアメリカ合衆国国防総省アメリカ国防総省

    ジョン・ローレンス・サリヴァン(John Lawrence Sullivan, 1899年6月16日 - 1982年8月8日)は、アメリカ合衆国の政治家。ハリー・S・トルーマン政権で国防総省の初代海軍長官を務めた。ジョン・ローレンス・サリヴァン フレッシュアイペディアより)

  • ウィキリークス

    ウィキリークスから見た国防総省アメリカ国防総省

    2010年7月25日、ウィキリークスにてアフガニスタン紛争に関するアメリカ軍や情報機関の機密資料約75000点以上が公表された。提供された資料は9万点以上に及ぶという。これは2004年から2009年にかけての記録で、パキスタンの情報機関「ISI」とアフガン武装勢力との関係や、未公表の民間人死傷案件、アフガン側のアメリカへの情報提供者の身元情報が含まれていた。これに対しアメリカのロバート・ゲーツ国防長官はFBIに捜査協力を要請した。国防総省内の内部告発者のみならず、ウィキリークス側にも捜査の手を広げようという意図がある言われている。ウィキリークス フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の大量破壊兵器

    中華人民共和国の大量破壊兵器から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    1984年の合衆国国防情報局の防衛推定資料 (Defense Estimative Brief) では、中国の核弾頭備蓄量は150から160個と推定している。1993年のアメリカ国家安全保障会議の報告では、中国の核抑止力については核搭載弾道ミサイルは60から70基と信じられていた。合衆国国防情報局の「数十年の将来:1999 ? 2020」の報告では1999年の核兵器の備蓄量は140から157と推定していた。2004年には合衆国国防総省は中国が約20基の大陸間弾道ミサイルが合衆国本土を標的にできると評価した。中華人民共和国の大量破壊兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 田中宇

    田中宇から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    テロ戦争を永続させるために当局がテロを誘発させるという作戦は、アメリカ国防総省も行っている。国防総省は2002年テロ組織に対して故意にテロ活動を誘発させるような作戦を行う先制作戦グループ(Proactive, Preemptive Operations Group)というのを省内に作った。作戦はテロを扇動することで、休眠状態のテロ組織を活動させて取り締まりを容易にするためと説明されたが、実際にはテロが増えただけで取り締まりは容易になっていない。イラクでゲリラ活動が活発化したのは、このグループの作戦である可能性がある。田中宇 フレッシュアイペディアより)

  • アーリントン郡 (バージニア州)

    アーリントン郡 (バージニア州)から見たアメリカ合衆国国防総省アメリカ国防総省

    アーリントンには、アーリントン国立墓地、ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港、ペンタゴン(国防総省)、海兵隊戦争記念碑(硫黄島記念碑)、アメリカ空軍記念碑などがある。アーリントン郡 (バージニア州) フレッシュアイペディアより)

  • チェスター・ニミッツ

    チェスター・ニミッツから見た国防総省アメリカ国防総省

    太平洋艦隊司令長官の任期が終了すると次のポストに海軍作戦部長の地位を望んだが、キング元帥に手を焼いたジェームズ・フォレスタル海軍長官はこれを好まず、御しやすく航空に明るい人物ということでマーク・ミッチャー中将に密かに打診した。しかし、ミッチャーがこれを固辞した事とニミッツのトルーマン大統領に対する猟官活動が実を結び、ついにフォレスタルも折れ1945年11月26日にアメリカ上院で最終的に認められ海軍作戦部長に就任した。大戦後の軍縮が主な任務で、大戦後日本に替わってアメリカの主な仮想敵国になったソ連は当時はまだアメリカの脅威となる程には海軍力の整備が進んでいなかったので、整備と維持に多額の予算が必要である海軍への風当たりは特に厳しかったが、ニミッツは淡々と職務をこなした。後に国防総省設立問題でフォレスタルが各軍の調整に苦慮したが、傍観者的態度であった。1947年12月任期終了とともに引退した。しかし元帥は終身現役のため、「海軍長官付特別補佐官」という役職で年俸15,750ドル、副官1名、オフィスが国家から支給されている。チェスター・ニミッツ フレッシュアイペディアより)

  • 中国脅威論

    中国脅威論から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    21年連続2桁増で急増する軍事費、軍事費の内訳の不透明性、兵器や人員の実態の不透明性、核戦力の充実、日本の沖ノ鳥島における排他的経済水域の否定、数々の示威行為(人工衛星破壊・アメリカ海軍原子力空母至近での潜水艦浮上・日本の領海侵犯・排他的経済水域での無断調査・台湾近海でのミサイル演習)により、中国脅威論が展開されている。2006年のアメリカ国防総省の年次報告書では、軍事費の増大などを背景に「周辺諸国への潜在的な脅威になっている」と述べている。中国脅威論 フレッシュアイペディアより)

606件中 21 - 30件表示

「米国防総省」のニューストピックワード