858件中 31 - 40件表示
  • ジェームス・B・ランパート

    ジェームス・B・ランパートから見た国防総省アメリカ国防総省

    ランパートは1949年から1952年まで、サウスカロライナ州チャールストンとオクラホマ州タルサの工兵管区指揮官に、その後米軍統合原子力プログラムの責任者になった。1957年アメリカ合衆国国防大学に出席した。この時、ベトナムのサイゴン(現在のホーチミン)で南ベトナム米軍事援助顧問団(後の南ベトナム軍事援助司令部)兵站部副部長に任命された。ベトナムからの帰還後、アメリカ国防総省内の工兵総監部で軍事建設指揮官、1963年から1966年まで米陸軍士官学校校長、1966年から1968年まで国防総省の副国防次官補、1969年には琉球列島高等弁務官を1972年に退役するまで務めた。ジェームス・B・ランパート フレッシュアイペディアより)

  • バリューエンジニアリング

    バリューエンジニアリングから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    その後、1954年にアメリカ国防総省船舶局が「バリューエンジニアリング」と呼んで導入し、以後この名前が一般的になった。バリューエンジニアリング フレッシュアイペディアより)

  • 戦略防衛構想

    戦略防衛構想から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    演説の内容は、アメリカ国防総省高官にさえ、前日まで知らされていなかったと言われる。内外を驚かせた「SDI演説」だったが、決して思いつきで行われたものではなかった。演説以前から陸海空三軍ではそれぞれ独自にレーザー兵器の研究を進めており、一部の議員からもレーザー兵器などによる「領土到達前の迎撃システム」が提案され、公式レポートや勧告書も作成されていた。1981年にはスペースシャトル・コロンビア号の打ち上げにも成功。80年代末には年間25?40回前後の打ち上げを実現できると見込まれており、宇宙兵器の配備にも目処が立っていた。戦略防衛構想 フレッシュアイペディアより)

  • 軍産複合体

    軍産複合体から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    この概念は特にアメリカ合衆国に言及する際に用いられ、1961年1月、ドワイト・D・アイゼンハワー大統領が退任演説 において、軍産複合体の存在を指摘し、それが国家・社会に過剰な影響力を行使する可能性、議会・政府の政治的・経済的・軍事的な決定に影響を与える可能性を告発したことにより、一般的に認識されるようになった。アメリカでの軍産複合体は、軍需産業と国防総省、議会が形成する経済的・軍事的・政治的な連合体である。軍産複合体 フレッシュアイペディアより)

  • 9K32

    9K32から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    9K32 ストレラ-2( ヂェーヴャチ・カー・トリーッツァヂ・ドヴァー・ストリラー・ドヴァー、Strela-2)は、ソ連で開発された携帯式防空ミサイルシステム(MANPADS)。小型の発射装置と赤外線誘導ミサイルの組み合わせにより、歩兵が携行・発射できる。ミサイル弾体は9M32( ヂェーヴャチ・エーム・トリーッツァヂ・ドヴァー)と呼ばれる。NATOによって用いられたNATOコードネームはグレイル(Grail)、DoD番号はSA-7。なお、「ストレラ」はロシア語で「矢」の意味。9K32 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の大量破壊兵器

    中華人民共和国の大量破壊兵器から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    1984年の合衆国国防情報局の防衛推定資料 (Defense Estimative Brief) では、中国の核弾頭備蓄量は150から160個と推定している。1993年のアメリカ国家安全保障会議の報告では、中国の核抑止力については核搭載弾道ミサイルは60から70基と信じられていた。合衆国国防情報局の「数十年の将来:1999 ? 2020」の報告では1999年の核兵器の備蓄量は140から157と推定していた。2004年には合衆国国防総省は中国が約20基の大陸間弾道ミサイルが合衆国本土を標的にできると評価した。中華人民共和国の大量破壊兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 新冷戦

    新冷戦から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    2008年の南オセチア紛争の際、アメリカは2008年8月20日に予定されていたアメリカ・ロシア・カナダの共同軍事演習を中止した。アメリカ国防総省は「今後はロシアの行動次第で、軍事関係を大きく変更する」とコメントし、ロシアに対し強硬姿勢を示した。当時北京オリンピックの開会式に出席していたウラジミール・プーチン首相は帰国後、米CNNに対し「大統領選で対露タカ派のマケイン共和党候補を有利にすべくブッシュ政権が煽動した」と厳しく米国を批判した。新冷戦 フレッシュアイペディアより)

  • エンタープライズアーキテクチャフレームワーク

    エンタープライズアーキテクチャフレームワークから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    エンタープライズアーキテクチャは、情報技術及び情報システム統治(ガバナンス)で一般に使われる。組織は、システム設計が認可される前に作り出されるべき一定のモデルを委任したいと望むかもしれない。同じように彼らは、調達されたシステムのドキュメントに使われる一定のビューを特定したいと望むかもしれない。そのためアメリカ国防総省は、一定以上の資金プロジェクトのため、装置サプライヤによって提供される特定のDoDAFビューを規定した。エンタープライズアーキテクチャフレームワーク フレッシュアイペディアより)

  • ビュー・モデル

    ビュー・モデルから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    1990年代初期から、システムアーキテクチャを記述し分析するための標準的アプローチを定義しようとする幾つかの試みがあった。これらの多くは、米国防省によって資金が提供されたが、幾つかはISOあるいはIEEEにおける国際的及び国家的取組みから生まれた。これらの内最も適切な、ソフトウエア集約システムのアーキテクチャ記述のための推奨されるプラクティス(IEEE 1471)は、システムアーキテクチャが何であるかや、(stakeholder concerns)を取り扱うためビューポイント仕様を使うのにたいへん有用な定義とガイドラインを提供する。ビュー・モデル フレッシュアイペディアより)

  • Massive Ordnance Air Blast bomb

    Massive Ordnance Air Blast bombから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    しかし、2003年に始まったイラク戦争では、国防総省が「衝撃と畏怖」戦略の一環として対人兵器として使用することを勧め、1発のMOABが実戦配備されたが使用されなかった。Massive Ordnance Air Blast bomb フレッシュアイペディアより)

858件中 31 - 40件表示

「米国防総省」のニューストピックワード