606件中 31 - 40件表示
  • F-X (航空自衛隊)

    F-X (航空自衛隊)から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    開発中の機体(2009年11月現在)のため、アメリカ国防総省は負担軽減を目的に日本に対して開発参加を呼びかけている。国防長官のロバート・ゲーツが2009年5月に行われた日米防衛相会談の際、F-35の機種名を挙げて日本側に採用を打診していたことが明らかになっている。F-X (航空自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • RQ-1 プレデター

    RQ-1 プレデターから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    RQ-1のRは偵察(=Reconnaissance)、Qは無人機を意味するアメリカ国防総省の名称であり、1は無人偵察航空機の第1作目であることを意味している。また改良で武装の搭載が可能になったことを反映して2005年にRから多用途を意味するM(=多用途、マルチ)に名称を変更してMQ-1となった。RQ-1 プレデター フレッシュアイペディアより)

  • チャック・ノリス

    チャック・ノリスから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    以後も一俳優の枠を越え、2007年にアメリカ海兵隊総指令官ジェームズ・コンウェイ大将より、アメリカ国防総省名誉海兵隊員に、2010年にはリック・ペリーテキサス州知事からアメリカ国務省テキサス・レンジャー名誉会員にと、任命式典が執り行われ各栄誉が贈られるチャック・ノリス フレッシュアイペディアより)

  • スペースシャトル

    スペースシャトルから見た国防総省アメリカ国防総省

    スペースシャトルは宇宙輸送システム(Space Transportation System, STS)あるいはスペースシャトル計画の一環としてもちいられた。STSの開発とシャトルの飛行は、基本的にアメリカの資金によって行われた。主な使用目的は、NASAのおかれた様々な政治的状況や起こしてしまったシャトルの事故も影響して、およそ10年ごとに大きく変遷してきたが、数々の人工衛星や宇宙探査機の打ち上げ、宇宙空間における科学実験、国際宇宙ステーション(International Space Station, ISS)の建設などである。なおシャトルはNASAによってだけでなく、米国国防総省、また欧州宇宙機関、ドイツ等の軌道上実験にも使用された。スペースシャトル フレッシュアイペディアより)

  • Mach

    Machから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    1980年代中頃、アメリカ国防総省高等研究計画局によって開発されていた実験用マルチプロセッサコンピューター用のOSをアメリカ国防総省に提案、採用されたことにより 1985年から Mach の開発は始まった。当初はスーパーコンピューター・ワークベンチ・プロジェクト()と呼ばれていた。Mach フレッシュアイペディアより)

  • Ada

    Adaから見た米国国防総省アメリカ国防総省

    1979年、米国国防総省が信頼性・保守性に優れた、主として組み込みシステム向けの言語を作りたいという意図のもと、国際競争入札を行い4社に発注、各設計仕様書の表紙が赤、青、黄、緑だったことから、そのままそれぞれの言語名称としてRED、BLUE、YELLOW、GREENと呼ばれた。この入札で優勝したのはフランス人チームで、公平を期すため選定時にはGREENと名付けられた。そのような理由から、イメージカラーは緑である。特徴的な要件としては、大規模開発や長期保守性の観点から、Ada フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ同時多発テロ事件

    アメリカ同時多発テロ事件から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    ワシントンD.C.(ダレス国際空港)発、ロサンゼルス(ロサンゼルス国際空港)行きアメリカン航空77便(ボーイング757-200:機体記号N644AA)は、乗客58名・乗員6名を乗せて、午前8時20分に出発した。午前8時50分ごろまでにハイジャックされ、コックピットを乗っ取られた。直後に進路を北向きに変えた後、南へ転回、その後東へ進路を変えた。最初の進路離脱から3分間は管制塔と機長が交信していたが、通信不能となった。そして午前9時38分、バージニア州アーリントンにあるアメリカ国防総省本庁舎(ペンタゴン)に激突し、爆発炎上した。激突の瞬間の映像がペンタゴンの駐車場の監視カメラによって記録されており、付近を通行中の多くのドライバーや歩行者によって激突の瞬間が目撃された。映像によると機体はほぼ水平の状態で地表すれすれを滑走状態で飛行しながらペンタゴンに突入したものとされた。アメリカン航空11便と同じく水平かつ高速で建造物に衝突したため、機体の残骸はほとんど原形をとどめなかった。アメリカ同時多発テロ事件 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国防情報局

    アメリカ国防情報局から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    アメリカ国防情報局(アメリカこくぼうじょうほうきょく、Defense Intelligence Agency, 略称DIA)はアメリカ合衆国国防総省の諜報機関。アメリカ国防情報局 フレッシュアイペディアより)

  • 国防高等研究計画局

    国防高等研究計画局から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    国防高等研究計画局(こくぼうこうとうけんきゅうけいかくきょく、Defense Advanced Research Projects Agency) は軍隊使用のための新技術開発および研究を行うアメリカ国防総省の機関である。日本語では防衛高等研究計画局、国防高等研究事業局、国防高等研究計画庁などとも表記される。略称はダーパ (DARPA) 。ARPAの時期にインターネットの原型であるARPANET・全地球測位システムのGPSを開発したことで知られている。国防高等研究計画局 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ウォルフォウィッツ

    ポール・ウォルフォウィッツから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    ポーランドからの移民である東欧系ユダヤ人の血を引く数学者ジェイコブ・ウォルフォウィッツとリリアン・ダンデスの次男としてニューヨークブルックリン区に生まれ、主に父が奉職していたコーネル大学のあるイサカで育った。父は1920年にポールの祖父母とアメリカに移民したが、ポーランドに残った親類の多くは逮捕され、ホロコーストの犠牲となった。そのため父はシオニズムに傾倒し、ソ連による反体制派やマイノリティへの弾圧に反対運動を行っていた。1957年、ポールが14歳の時に父がハイファのイスラエル工科大学で教鞭をとることになり、これに付き添いイスラエルに渡った。この際、彼の姉妹はイスラエルに永住を決意している。1961年に高校を卒業後、コーネル大学で、数学と化学を学ぶ。その後、シカゴ大学で政治学の博士号を取得後、一時イェール大学で教職に就く。1970年代から約20年間、国務省や国防総省で勤務。ポール・ウォルフォウィッツ フレッシュアイペディアより)

606件中 31 - 40件表示

「米国防総省」のニューストピックワード