858件中 51 - 60件表示
  • R-36 (ミサイル)

    R-36 (ミサイル)から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    R-36(ロシア語:'エール・トリーッツァチ・シェースチ)は、ソビエト連邦の大陸間弾道ミサイル(ICBM)およびロケットである。オリジナルなR-36にはGRAUインデックス8K67を付与された。北大西洋条約機構(NATO)では、本型番にはスカープ(Scarp:断崖絶壁の意)というNATOコードネームを用いた。また、DoD番号ではSS-9と呼ばれた。派生型であるR-36Mに対しては、GRAUインデックス15A14、及びその改良型ミサイルR-36MUTTh (SS-18 Mod 4)には15A18を付与された。北大西洋条約機構(NATO)では、「サタン」(Satan:魔王の意)というNATOコードネームを用いた。また、DoD番号ではSS-18'と呼ばれた。R-36 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍海軍

    中国人民解放軍海軍から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    1996年の台湾総統選挙で民主派の李登輝候補が優勢になると、中国軍は軍事演習と称して基隆沖海域にミサイルを撃ち込むなどの威嚇恫喝行為を行なった。人民解放軍副総参謀長の熊光楷中将は、アメリカ国防総省チャールズ・フリーマン国防次官補に「台湾問題にアメリカ軍が介入した場合には、中国はアメリカ西海岸に核兵器を撃ち込む。アメリカは台北よりもロサンゼルスの方を心配するはずだ。」と述べ、アメリカ軍の介入を強く牽制した。アメリカ海軍はこれに対して台湾海峡に太平洋艦隊の通常動力空母インデペンデンス、イージス巡洋艦、バンカー・ヒル」等からなる空母戦闘群(現:空母打撃群)、さらに原子力空母ニミッツ艦隊を派遣した。その後米中交渉によって中国は軍事演習を停止し、米国は部隊を撤退させた。中国軍は1996年当時、主力戦闘機はSu-27やJ-8やJ-8IIであったが、これ以降軍の近代化を加速させた。中国人民解放軍海軍 フレッシュアイペディアより)

  • F-111 (航空機)

    F-111 (航空機)から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    しかしその後2回の再設計を行うも要求を満たすものではないとされ、都合4回目の再設計が両社に命じられた。4回目の設計案で空海軍ともにボーイング案が優れていると判断し、採用に向けた動きが出てきた。しかし国防総省はジェネラル・ダイナミクス案の採用を決定する。これはボーイング案はジェネラル・ダイナミクス案に比べて費用の見積が杜撰であるとの、マクナマラ長官の判断による。しかしその事が理解されず、空海軍を無視した決定は議会でも問題となり、査問委員会が開かれたが、国防総省はジェネラル・ダイナミクス案のほうが共通部分が多く調達価格が低くなると主張し、一応その主張が認められた。また最終案ではジェネラル・ダイナミクス案の性能もボーイング案に近づいていた。しかしこの決定については、「テキサス州を地盤としていた当時のリンドン・ジョンソン大統領とその派閥による政治的な圧力があった」などと噂され、現在もそれを信じている者もいる。F-111 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • スペースシャトル

    スペースシャトルから見た国防総省アメリカ国防総省

    スペースシャトルは宇宙輸送システム(Space Transportation System, STS)あるいはスペースシャトル計画の一環としてもちいられた。STSの開発とシャトルの飛行は、基本的にアメリカの資金によって行われた。主な使用目的は、NASAのおかれた様々な政治的状況や起こしてしまったシャトルの事故も影響して、およそ10年ごとに大きく変遷してきたが、数々の人工衛星や宇宙探査機の打ち上げ、宇宙空間における科学実験、国際宇宙ステーション(International Space Station, ISS)の建設などである。なおシャトルはNASAによってだけでなく、米国国防総省、また欧州宇宙機関、ドイツ等の軌道上実験にも使用された。スペースシャトル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の宇宙開発

    アメリカ合衆国の宇宙開発から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    アメリカは世界を代表する超大国としてソビエト連邦に対抗し、宇宙開発を行ってきた。アメリカはスプートニク・ショック以来早期に宇宙開発専門の部局であるアメリカ航空宇宙局(NASA)を設立し、科学研究などは主にこの機関が行ってきた。一方で、軍事的な宇宙開発は国防総省が行っており、気象衛星の開発も予算は他の省庁であったりと、分野は違えど多くの資金が宇宙開発に投入されてきた。現在でもその金額は世界でトップである。月到達以降はそれまでよりは宇宙開発に注ぐ力は減ったものの、依然として宇宙開発先進国として様々な事業を成し遂げている。アメリカ合衆国の宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • ハイジャック

    ハイジャックから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    アメリカン航空11便とユナイテッド航空175便は、ハイジャックされてワールドトレードセンターのノースタワーとサウスタワーにそれぞれ突入した。航空機の衝突後にタワーは相次いで崩壊し、両機の搭乗者全員と地上で巻き込まれた犠牲者を合わせて約3,000人が死亡した。同じ頃ハイジャックされたアメリカン航空77便は、アメリカ国防総省のペンタゴンに突入した。衝突により爆発炎上し、搭乗者64人全員と地上の125人が死亡した。ユナイテッド航空93便も同様にハイジャックされ、機体の操縦を奪われたが、乗客たちの抵抗により犯人の意図した目標へ到達する前に墜落した。同便では、搭乗者44人全員が死亡した。ハイジャック フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ陸軍戦闘即応/安全センター

    アメリカ陸軍戦闘即応/安全センターから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    USACRC(, アメリカ陸軍戦闘即応センター)は、アメリカ陸軍の安全管理を所掌する組織である。陸軍、国防省およびその他の省庁に対し、安全およびリスク管理に関する専門的支援を行い、陸軍の安全方針およびプログラムを策定・評価し、兵士、軍属、家族および重要な財産の安全確保に必要なリスク管理に関する情報を指揮官に提供している。陸軍の主要飛行訓練部隊と共に、アラバマ州に所在している。アメリカ陸軍戦闘即応/安全センター フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ同時多発テロ事件

    アメリカ同時多発テロ事件から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    そして午前9時38分、バージニア州アーリントンにあるアメリカ国防総省本庁舎(ペンタゴン)に激突し、爆発炎上した。激突の瞬間の映像がペンタゴンの駐車場の監視カメラによって記録されており、また付近を通行中の多くのドライバーや歩行者によって降下し激突する瞬間が目撃された。映像によると機体は水平の状態で地面を滑走しながらペンタゴンに衝突していたが、高速で建築物に激突・炎上したため機体の残骸はほとんど原形を留めていなかった。アメリカ同時多発テロ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のアメリカ合衆国

    2016年のアメリカ合衆国から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    アメリカ合衆国下院が、台湾との軍事交流推進をアメリカ国防総省に促す内容が盛り込まれた国防権限法案を本会議にて可決した。2016年のアメリカ合衆国 フレッシュアイペディアより)

  • ウィキリークス

    ウィキリークスから見た国防総省アメリカ国防総省

    2010年7月25日、ウィキリークスにてアフガニスタン紛争に関するアメリカ軍や情報機関の機密資料約75000点以上が公表された。提供された資料は9万点以上に及ぶという。これは2004年から2009年にかけての記録で、パキスタンの情報機関「ISI」とアフガン武装勢力との関係や、未公表の民間人死傷案件、アフガン側のアメリカへの情報提供者の身元情報が含まれていた。これに対しアメリカのロバート・ゲーツ国防長官はFBIに捜査協力を要請した。国防総省内の内部告発者のみならず、ウィキリークス側にも捜査の手を広げようという意図があると言われている。ウィキリークス フレッシュアイペディアより)

858件中 51 - 60件表示

「米国防総省」のニューストピックワード