858件中 61 - 70件表示
  • ポール・ウォルフォウィッツ

    ポール・ウォルフォウィッツから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    ポーランドからの移民である東欧系ユダヤ人の血を引く数学者ジェイコブ・ウォルフォウィッツとリリアン・ダンデスの次男としてニューヨークのブルックリン区に生まれ、主に父が奉職していたコーネル大学のあるイサカで育った。父は1920年にポールの祖父母とアメリカに移民したが、ポーランドに残った親類の多くは逮捕され、ホロコーストの犠牲となった。そのため父はシオニズムに傾倒し、ソ連による反体制派やマイノリティへの弾圧に反対運動を行っていた。1957年、ポールが14歳の時に父がハイファのイスラエル工科大学で教鞭をとることになり、これに付き添いイスラエルに渡った。この際、彼の姉妹はイスラエルに永住を決意している。1961年に高校を卒業後、コーネル大学で、数学と化学を学ぶ。その後、シカゴ大学で政治学の博士号を取得後、一時イェール大学で教職に就く。1970年代から約20年間、国務省や国防総省で勤務。ポール・ウォルフォウィッツ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国海軍省

    アメリカ合衆国海軍省から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    海軍省(かいぐんしょう、, DoN)は、1798年4月30日に連邦議会の法令に拠り設立され、アメリカ海軍および海兵隊の管理等を担当するアメリカ国防総省内の部局である。海軍長官が、その指揮を執る。アメリカ合衆国海軍省 フレッシュアイペディアより)

  • F-14 (戦闘機)

    F-14 (戦闘機)から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    その後、イランへの武器の禁輸や生産中止によるパーツの不足から、2004年時点での稼働機は16機となり、うち5機のみが完全な任務遂行能力を保持する状態となった。しかし、2006年にアメリカ海軍からトムキャットが全機退役すると、多くのパーツが密輸入を含む様々なルートから調達された。2007年には、アメリカ国防総省国防兵站局の国防再利用販売サービス禁輸品目管理システムの不備を突いて部品1,400点以上を入手している。これにより、2011年には稼働機は42機に増加し軍の記念日に展示飛行を行っている。また、独自にオーバーホールセンターを立ち上げている。F-14 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国家安全保障局

    アメリカ国家安全保障局から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    アメリカ国家安全保障局(アメリカこっかあんぜんほしょうきょく、)は、アメリカ国防総省の諜報機関である。アメリカ国家安全保障局 フレッシュアイペディアより)

  • F-X (航空自衛隊)

    F-X (航空自衛隊)から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    開発中の機体(2009年11月現在)のため、アメリカ国防総省は負担軽減を目的に日本に対して開発参加を呼びかけている。国防長官のロバート・ゲーツが2009年5月に行われた日米防衛相会談の際、F-35の機種名を挙げて日本側に採用を打診していたことが明らかになっている。F-X (航空自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • 田中宇

    田中宇から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    テロ戦争を永続させるために当局がテロを誘発させるという作戦は、アメリカ国防総省も行っている。国防総省は2002年テロ組織に対して故意にテロ活動を誘発させるような作戦を行う先制作戦グループ(Proactive, Preemptive Operations Group)というのを省内に作った。作戦はテロを扇動することで、休眠状態のテロ組織を活動させて取り締まりを容易にするためと説明されたが、実際にはテロが増えただけで取り締まりは容易になっていない。イラクでゲリラ活動が活発化したのは、このグループの作戦である可能性がある。田中宇 フレッシュアイペディアより)

  • プログラミング言語年表

    プログラミング言語年表から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    1960年 J.SammetらがCOBOLを発表。アメリカ国防総省主導で開発した。初期の高級言語の1つ。必ずしも専門的な知識・技能・経験などを持たない事務員や官吏らにも馴染みやすいよう工夫され、自然言語である英語に似せて作られたため、事務処理言語として広く普及した。COBOLは2010年現在でも企業の事務処理系システムで利用されている。プログラミング言語年表 フレッシュアイペディアより)

  • 測地系

    測地系から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    アメリカ国防総省が、1960年に最初に策定した全地球的測地系。詳細は下記。測地系 フレッシュアイペディアより)

  • F-2 (航空機)

    F-2 (航空機)から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    1987年(昭和62年)4月11日よりアメリカ国防総省の調査チームが来日、三菱重工業名古屋航空機製作所、三菱電機鎌倉製作所を視察、防衛庁で日本側と意見交換を行った。この時、三菱重工は調査チームを招いて、自らが描いた「FS-X」の説明を行った。国防総省側は、日本政府がどの程度出資を行い、どのような戦闘機を生み出そうとしているのかを総合的に判断するための派遣であった。一方の三菱は「FS-X」を生み出す力が備わっていることを印象付けるために、この調査団の査察を受け入れた。F-2 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング

    ボーイングから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    長年にわたって旅客機業界で大きなシェアを占めてきたが、エアバスの追い上げもあり、ボーイングは経営の多角化で乗り切ろうとして、人工衛星などの宇宙分野や航空会社に資金を貸し付ける「ボーイング・キャピタル」など、急速に手を広げた。また、航空業界再編により、1997年に長年のライバルであるマクドネル・ダグラス社を吸収し、同社の主力である軍需産業に主体を移している。本社も2001年9月に西海岸のシアトルから、首都ワシントンD.C.(国防総省)により近いシカゴに移転した。ボーイング フレッシュアイペディアより)

858件中 61 - 70件表示

「米国防総省」のニューストピックワード