606件中 81 - 90件表示
  • The Open Group

    The Open Groupから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    参加者はIT企業からITを利用する大企業、政府機関などである(ITコンサルティング企業 Capgemini、富士通、日立製作所、ヒューレット・パッカード、IBM、日本電気、アメリカ国防総省、NASAなど)。The Open Group フレッシュアイペディアより)

  • 米軍再編

    米軍再編から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    そして、2001年9月に発表された四年ごとの国防計画見直し2001(QDR2001)において、従来の「脅威ベースのアプローチ」から「能力ベースのアプローチ」への転換が発表された。前者においては、冷戦構造のもとで特定の脅威(ワルシャワ条約機構など)への対処を目的としていたのに対し、後者においては、従来は知られていなかったものも含む多様な脅威に対して、いかなる時間・場所においても対処できる軍組織が目標とされる。QDR2001の発表直前に発生したアメリカ同時多発テロ事件により、能力ベースのアプローチに基づいた米軍再編の重要性は火急のものとなった。これを受けて10月には、NCWの創案者であるセブロウスキー提督(この直前に退役)を部長として、アメリカ国防総省長官府戦力変革局(OFT)が創設された。OFTは、現在に至るまで、米軍再編の中核的推進力として活動している。米軍再編 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国における人体実験

    アメリカ合衆国における人体実験から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    ロサンゼルス・タイムズは、1950年代から72年ごろまで、核戦争勃発を想定した被曝兵士の継戦能力を調べる目的で、シンシナティ大学の研究者が治療費を払えないがん患者80人余に大量の放射線を浴びせる実験を行ったと1994年に報じた。当時、25レム(=250ミリシーベルト)以上の照射は骨髄に危険と考えられたが、一部の患者にはこの10倍も照射され、アメリカ国防総省への実験報告に「実験で8人の死期が早まった可能性がある」「200レム(=2000ミリシーベルト)までの被曝線量であれば継戦能力はかなり維持できる」と記されたという。同紙の2007年の報道によると、Eugene Saenger博士は、1960-71年、アメリカ国防総省の予算を得て、シンシナティ大学医療センターで、90人以上の貧しい黒色アメリカ人に対し全身放射線実験を行った。彼は同意書を偽造し、本人たちに知らせないまま100ラド(1000ミリシーベルトに相当)の放射線を照射した。その結果、激痛、吐き気、鼻や耳からの出血をもたらし、8?20人がこれにより死亡した。アメリカ合衆国における人体実験 フレッシュアイペディアより)

  • オルガー・トフトイ

    オルガー・トフトイから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    アメリカ陸軍がその兵器計画に誘導ミサイルを加える予定であることを知っていたトフトイは、まず本国に外電を打ち、ドイツの科学者の尋問と雇用のために彼らをアメリカに連行するよう進言するために単身ワシントンに向かった。当初トフトイは、アメリカのミサイル開発に必要な人材として、300人のドイツの科学者と技術者の渡航を要請したが、国防総省はこれを聞き入れず、100人までしか受け入れないと回答してきた。トフトイは更に食い下がったが、結局127人で妥協せざるをえなかった。このドイツ人科学者移送計画こそがペーパークリップ作戦と呼ばれる軍事作戦であり、フォン・ブラウンを含む科学者達は、1945年9月までにアメリカに到着した。トフトイもワシントンへ戻され、陸軍の誘導ミサイル計画に対する責任を任されることになった。オルガー・トフトイ フレッシュアイペディアより)

  • 戦術的エネルギー自律型ロボット

    戦術的エネルギー自律型ロボットから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    戦術的エネルギー自律型ロボット(せんじゅつてきエネルギーじりつがたロボット、Energetically Autonomous Tactical Robot、EATR)とは自身の活動に必要な植生バイオマスを自ら探し出し、燃料補給を行う自律型ロボット車両である。理論上は永久運転が可能なもので、アメリカ合衆国のRobotic Technology社とCyclone Power Technologies社によって研究されている。アメリカ国防総省の機関DARPAによるアメリカ軍のための開発プロジェクトの一環である。戦術的エネルギー自律型ロボット フレッシュアイペディアより)

  • Cray-2

    Cray-2から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    Cray-2はアメリカ国防総省とアメリカ合衆国エネルギー省のために主に開発された。用途は核兵器研究や海洋学(ソナーの開発)が想定された。しかしそれだけに留まらず、Cray-2 は軍用以外の機関(NASAのエイムズ研究センターなど)、大学、企業など世界中で導入された。Cray-2 フレッシュアイペディアより)

  • ユタ州立大学

    ユタ州立大学から見た国防総省アメリカ国防総省

    特に自然資源、農学、動物学、アジア研究、航空宇宙工学、芸術、教育学などの分野で高い評価を受けており、ビジネススクールは米国の中でも歴史のある学校のうちのひとつであり、航空宇宙工学研究所(Space Dynamics Laboratory(英語版))は、国防総省やNASA関連の研究も行っている。年次研究費は186百万USドル(2008年現在の換算だと約200億円)。中でも、航空宇宙工学研究費の総額は全米1位。カーネギー財団による高等教育機関分類では、高い教育力を有する研究大学(RU/H)として分類されている。Washington Monthly(英語版)によれば、ユタ州立大学は全米で50位、公立大学のうちでは25位にランク付けされている。USニューズ&ワールド・レポートによれば、教育学の分野において24位(全米の教育学部のうちで上位2%に相当)、リハビリテーション・カウンセリングの分野において15位にランク付けされており、教師を目指すためのトップスクールリストにもリストアップされている。Consumers Digest(英語版)による消費者の意識調査においては、公立大学の中で良い大学として6位にランク付けされている。Black Enterprise(英語版)(黒人専門のビジネス情報誌)によれば、アフリカ系アメリカ人にとって最も良い大学として、第1候補のひとつに挙げられている。また、プリンストン・レビュー(英語版)による西部の大学ベスト120に、2009年度版からランクインしている。ポピュラーサイエンス誌は2009年に、ユタ州立大学の生物学・遺伝子研究を評価し、米国における最も賢い大学トップ10のうちのひとつとした1。ユタ州立大学 フレッシュアイペディアより)

  • 情報戦

    情報戦から見た国防総省アメリカ国防総省

    情報戦については1994年ごろから米国防総省や米軍において重要性が認識されるようになってきた。その基本的な概念として、情報が必要な時に、必要な人へ、必要な内容で与えられることをめぐる戦いの一局面である。米空軍においては、敵の情報活動の効果や機能を停止・低下させ、同時に敵の同種の行動に対して味方を防護し、味方の情報活動を有利にするためのあらゆる活動と定義している。また米海軍においては、安全保障において味方の情報を敵から防護しつつ、敵の情報システムを利用し、敵の情報システムを停止させ、また敵を陽動などによって誘出することによって決定的な優勢を獲得・維持するために情報を活用する活動と定義している。一方で米陸軍は通信スペクトルを支配し、指揮官に敵行動を予測可能なものとし、味方部隊が敵の位置を速やかに把握して、戦車、火砲、航空機火力を整合的・統合的に運用する方法によって、その戦闘力を高める活動と考えている。米国のランド研究所は情報戦の特徴として、コストが安価なことや、伝統的な境界線があいまいになっていること、心理戦の重要性、攻撃判定の困難性、同盟・協力関係が内在する惰弱性などを挙げた。米国防大学においては情報戦を七形態に分類し、さらに行為を防御・操作・低下・拒絶として整理している。情報戦 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ジョセフ (政治家)

    ロバート・ジョセフ (政治家)から見たアメリカ合衆国国防総省アメリカ国防総省

    博士課程修了後、国防総省に入省。政府機関では主に安全保障と原子力政策に関連する複数のポストを経験。1978年に国防次官補室(国際安全保障担当)にて交渉担当補佐官。1979年に国防次官室にて国防総省にて汎用武力担当補佐官。1980年から1981年まで国防次官室にて核政策担当職員。1982年から1984年まで核政策企画課長。1985年から1987年までNATO代表部にて戦域核戦力政策部長。1987年に首席国防次官補代理代行(国際安全保障政策担当)。1987年から1989年まで国防次官補代理(核戦力・軍備管理政策担当)。1989年から1991年まで首席国防次官補代理(国際安全保障政策担当)。また大ブッシュ政権下では、ABM条約に関する米ソ常設協議委員会にてアメリカ代表委員、核実験に関する米露協議委員会にてアメリカ代表大使。ロバート・ジョセフ (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • R-17 (ミサイル)

    R-17 (ミサイル)から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    アメリカ国防総省が与えた識別番号(DoD番号)ではSS-1C、北大西洋条約機構(NATO)の与えたNATOコードネームではスカッドB()と呼ばれた。西側では、一般に「スカッド」の名で知られている。R-17 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

606件中 81 - 90件表示

「米国防総省」のニューストピックワード