858件中 81 - 90件表示
  • 日本の核武装論

    日本の核武装論から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    中国の軍事支出の伸びは19年連続2桁パーセント増で、2007年の時点で5兆円超と公表されているが、米国防総省は実態はその3倍になると指摘している。また中国は2015年までには晋型戦略原潜を5隻就役させ、それと並行して固体燃料移動式ICBMDF-31を配備する予定である。それらの核ミサイルは発見困難で先制攻撃で破壊できない。ゆえにMDが有効性を持ち得ないという前提において現在米が保っている核戦力による圧倒性は低下するだろう。日本の核武装論 フレッシュアイペディアより)

  • アーンド・バリュー・マネジメント

    アーンド・バリュー・マネジメントから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    アーンド・バリュー・マネジメント(英: Earned Value Management, EVM)とは、予算および予定の観点からプロジェクトがどのように遂行されつつあるかを定量的に評価するプロジェクト管理の技法である。1967年に米国防総省の調達規則の一部として制定された C/SCSC (Cost/Schedule Control System Criteria) が元となっている。1990年代、クリントン大統領政権下における国家的プロジェクトのパフォーマンス改善を通じて見直され、発展してきた。プロジェクトマネジメント知識体系ガイド (PMBOK) の2000年版では、コスト・マネジメントの技法として言及されて (7.4.2.3) いる。進捗の進み/遅れのような指標(スケジュール差異)も日数/時間という単位ではなくコストを単位として求められる点に特色がある。アーンド・バリュー・マネジメント フレッシュアイペディアより)

  • NIPRNet

    NIPRNetから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    NIPRNet はアメリカ国防総省 (DOD) の所有する Internet Protocol ルーター群で構成されている。1980年代にを置き換える形で作られ、アメリカ国防情報システム局 (DISA) が管理している。国防総省が把握しないうちにどんどん拡張されてしまったため、全ルーターの所在をマッピングし、どう拡大していったのかを分析し、無許可の利用者を特定し、誰が密かにこのネットワークに参加したのかを調査するため、国防総省が1000万ドルを費やしている。この調査でセキュリティ上の弱点を探すことも視野に入れている。特にここ数年(2011年現在)、国防総省はネットワークセキュリティの強化に力を入れている。ペンタゴンは、2012年度予算で国防部門内のネットワークセキュリティの強化とアメリカ合衆国国土安全保障省のセキュリティ部門との連携強化のために23億ドルを要求した。NIPRNet フレッシュアイペディアより)

  • トレヴァー・デュピュイ

    トレヴァー・デュピュイから見た国防総省アメリカ国防総省

    1958年 - 大佐で退役。その後、ラングーン大学の客員教授や国防総省国防分析研究所の研究員、米軍事研究所長を経験する。トレヴァー・デュピュイ フレッシュアイペディアより)

  • TACLET

    TACLETから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    武装が予想される密輸船等に対する臨検が主な任務であるが、有事の際は、沿岸警備隊が国防総省指揮下となり、アメリカ海軍に編入され、軍事作戦に参加する性格上、TACLETも軍事作戦に参加する。過去には、イラク戦争の際にペルシャ湾沖でのイラク船籍の貨物船に対する臨検業務や上陸作戦にも参加している。ただし、抵抗を示す船舶への臨検については上記のMSSTやMSRTが投入されることとなっている。TACLET フレッシュアイペディアより)

  • 材料曝露実験装置

    材料曝露実験装置から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    MISSE計画はアメリカ航空宇宙局 (NASA)、民間企業、アメリカ国防総省などによる低軌道 (LEO)、静止軌道、惑星間空間などでのミッションに用いられている、または、将来用いられる材料や部品の性能、安定性、長期間にわたる耐久性などの評価を行っている。68カ月間低軌道にあった後、1990年に回収された Long Duration Exposure Facility (en. LDEF) では、宇宙機の多くの材料や部品が厳しい宇宙環境に曝された。地球の低軌道で最も多く見られる核種である原子状酸素は合成樹脂や一部の金属との反応性が高く、激しく侵食する。大気圏というフィルターがないために紫外線もまた強烈である。放射線は多くの合成樹脂や塗装を劣化させ、曇らせる。宇宙の真空もまた、多くの物質の物理特性を変化させる。宇宙塵やスペースデブリとの衝突も、宇宙空間に曝されたあらゆる物質にダメージを与え得る。これらすべての複合効果が宇宙機に及ぼす影響は、宇宙でしか研究することができない。材料曝露実験装置 フレッシュアイペディアより)

  • ロッキード LC-130

    ロッキード LC-130から見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    ロッキード社によって、若干異なる派生型も作られた。最初の型は、1960年代初期に完成し、当初はC-130BLと呼ばれた。しかし、アメリカ国防総省が、航空機の命名法を変えたことから、LC-130Fと名づけられた。ロッキード LC-130 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国家安全保障アーカイブ

    アメリカ国家安全保障アーカイブから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    アメリカ国家安全保障アーカイブ (アメリカこっかあんぜんほしょうアーカイブ National Security Archive)は、ワシントンD.C.のジョージ・ワシントン大学のキャンパス内に施設を持つ、501(c)(3)条の免税資格を得た研究・アーカイブ組織。名称から国家機関を連想しがちだが、政府とは無関係のリベラル系非営利団体である。また名称・略称ともアメリカ国防総省下の組織であるアメリカ国家安全保障局 (NSA)と非常に似通っているが、まったくの別物である。アメリカ国家安全保障アーカイブ フレッシュアイペディアより)

  • タウンゼント・フープス

    タウンゼント・フープスから見た国防総省アメリカ国防総省

    退任後間もなく発表したThe Limits of Intervention(邦題『アメリカの挫折』)は、ヴェトナム戦争期の米政府、特に国防総省の政策決定の内幕を描いた回想であり、テト攻勢が米政府内に大きな衝撃と政策転換をもたらしたことを証言するものだった。ただ後年フープスは、テト攻勢の実際の軍事的影響はわずかであり、米政府と米国民の受けた「テト・ショック」は過大なものであったことを認めている。タウンゼント・フープス フレッシュアイペディアより)

  • Okinawa Marine

    Okinawa Marineから見たアメリカ国防総省アメリカ国防総省

    Okinawa Marine、略称 OkiMarはアメリカ海兵隊広報部(沖縄県キャンプ・バトラー)が制作・発行する定期刊行物で、無料で沖縄の在日米軍基地に配布されている。沖縄本島の米軍関係施設や在日米軍の活動について掲載されており、地域ガイド、生活情報、天気予報、広報などから構成される。Web版としてOkinawa Marine Onlineもあり、最近の過去記事を閲覧することが出来る。内容については国防総省や合衆国政府の公式見解に裏づけられたものではないと同サイトにて謳われている。Okinawa Marine フレッシュアイペディアより)

858件中 81 - 90件表示

「米国防総省」のニューストピックワード