111件中 11 - 20件表示
  • 航空保安管制群

    航空保安管制群から見た美保基地美保飛行場

    美保管制隊 - (美保基地航空保安管制群 フレッシュアイペディアより)

  • 航空気象群

    航空気象群から見た美保基地美保飛行場

    美保気象隊 - (美保基地航空気象群 フレッシュアイペディアより)

  • 第11飛行教育団

    第11飛行教育団から見た美保基地美保飛行場

    「地上準備課程」を修了した航空学生に対する「初級操縦課程」の教育訓練を行うとともに、同基地の管理業務を担当している。初級操縦課程を修了した学生は芦屋基地の第13飛行教育団での「基本操縦前期課程」、または美保基地の第3輸送航空隊で輸送機等の操縦士育成をする「基本操縦課程」に進む。第11飛行教育団 フレッシュアイペディアより)

  • 日本エアシステム機事故

    日本エアシステム機事故から見た米子空港美保飛行場

    1988年1月10日。東亜国内航空670便(YS-11、JA8662)が米子空港を離陸滑走中、凍結により昇降舵が適切に働かなくなり、離陸中止を試みるもオーバーランして滑走路端の中海に突入。修理可能であったが諸般の事情で現地で解体処分された。ただし同機のコックピット部分は、現在川崎市の電車とバスの博物館内でフライトシミュレーターとして展示されている。日本エアシステム機事故 フレッシュアイペディアより)

  • 中浜村

    中浜村から見た美保基地美保飛行場

    美保基地拡張のため麦垣97戸、三軒屋56戸強制移転。中浜村 フレッシュアイペディアより)

  • ハンドレページ マラソン

    ハンドレページ マラソンから見た美保基地美保飛行場

    売れずに残った新古機(中古機説も有)2機は、日本の関西地方を拠点に運航していた極東航空(現在の全日本空輸の前身のひとつ)が1954年に購入し、「浪速」(機体記号:JA6009)・「平安」(同:JA6010)と愛称も付けられた。主に瀬戸内海地方の路線に投入され、11月15日には大阪 - 高松、大阪 - 高知、大阪 - 岩国 - 板付 - 宮崎 - 鹿児島、大阪 - 米子間の定期路線に就航した。当時日本では少なかった高翼機であることから客室窓からの眺望が良好であるなどの好評もあったが、DC-3に比べて上昇能力・安定性に著しく劣る上、独立式の客室ヒーターの故障が頻発、圧縮空気式ブレーキの不調などの問題が多く、元々生産数も少ない上に日本では珍しいイギリス製の機体であることからスペア部品が入手しにくく整備に支障をきたした。ついには1955年10月3日に行われた定期点検(飛行時間1,000時間)で主翼のリベットが緩んでいたことが判明し、航空局から一時運航停止命令を受けた。10月29日に問題なしとして飛行再開されたが、評判を落としたことや主翼桁の疲労寿命が4,000時間までと制限され、機体のオーバーホール前の3,600時間を前にした1958年には早くも営業路線から退役してしまい、1964年には運航停止になってしまった。ハンドレページ マラソン フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県道285号米子空港境港停車場線

    鳥取県道285号米子空港境港停車場線から見た美保飛行場美保飛行場

    起点:鳥取県境港市佐斐神町(美保飛行場(米子空港))鳥取県道285号米子空港境港停車場線 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県道271号米子空港線

    鳥取県道271号米子空港線から見た美保飛行場美保飛行場

    起点:鳥取県境港市佐斐神町(美保飛行場(米子空港))鳥取県道271号米子空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 美保海軍航空隊

    美保海軍航空隊から見た美保飛行場美保飛行場

    美保飛行場は、米軍の駐留の後、昭和33年に返還された。昭和30年より航空自衛隊が駐留しており、現在、防衛庁管轄の飛行場であるが、(米軍の駐留中から)民間航空にも開放され、「米子空港」(または「美保空港」)の通称で利用されている。美保海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • バスネット

    バスネットから見た美保飛行場美保飛行場

    米子全日空ホテル・米子駅 - 米子空港線(日ノ丸自動車)バスネット フレッシュアイペディアより)

111件中 11 - 20件表示

「米子空港」のニューストピックワード