111件中 21 - 30件表示
  • 第三八一海軍航空隊

    第三八一海軍航空隊から見た美保飛行場美保飛行場

    10月1日 美保飛行場を原隊とし、館山飛行場で開隊。第三八一海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県民会館

    島根県民会館から見た米子空港美保飛行場

    米子空港からの場合:JR松江駅まで空港連絡バスあり。タクシー45分。島根県民会館 フレッシュアイペディアより)

  • 第九〇一海軍航空隊

    第九〇一海軍航空隊から見た美保飛行場美保飛行場

    海上護衛総司令部隷下の護衛専門航空部隊である900番台の航空隊として最初に編成された。当初は千島列島の船団護衛・対潜掃蕩をもくろんで千歳飛行場を基地とする予定で編成された。しかしマーシャル諸島への敵機動部隊による攻撃が活発化したことから、マリアナ諸島を最前線基地とすべく、輸送船団の増強が図られた。この船団を護衛するため、急遽南方航路に振り向けられた。末期には艦船攻撃の支援にも投入された。最終的には、小松飛行場・美保飛行場をはじめとする日本海沿岸基地に分散して小型偵察機を主力とする偵察隊へと変貌して終戦を迎えた。第九〇一海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 第12飛行教育団

    第12飛行教育団から見た美保基地美保飛行場

    航空学生に対して「航空学生課程(約2年)」と「地上準備課程(0.5?6ヶ月)」、および「初級操縦課程」の教育訓練を行っている。なお、「初級操縦課程」は第11飛行教育団でも行われており、そちらに進む場合もある。「初級操縦課程」を修了した後、芦屋基地の第13飛行教育団での「基本操縦前期課程」、または美保基地の第3輸送航空隊での輸送機等の操縦士育成の「基本操縦課程」に進む。第12飛行教育団 フレッシュアイペディアより)

  • 西部航空警戒管制団

    西部航空警戒管制団から見た美保基地美保飛行場

    第7移動警戒隊 - (美保基地西部航空警戒管制団 フレッシュアイペディアより)

  • 第一〇一航空戦隊

    第一〇一航空戦隊から見た美保飛行場美保飛行場

    部隊番号では末尾だが、輸送機航空隊としては三番目の昭和19年4月1日編成。輸送機はゼロで、陸攻を主体に護衛戦闘機24機・随伴艦爆24機で編成された。美保飛行場を原隊とするが、厚木飛行場や横須賀飛行場に常駐し、本土内や硫黄島向けの輸送に従事した。当初より護衛戦闘機隊を持ち、短距離輸送に特化している。一〇〇一空とともに一〇一航戦編成当初からその一員であった。一〇二一空を編入したものの、フィリピン戦線で機体を失った旧一〇二一空要員に回す機体はなく、実際に活動していたのは厚木常駐の部隊である。第一〇一航空戦隊 フレッシュアイペディアより)

  • 第403飛行隊 (航空自衛隊)

    第403飛行隊 (航空自衛隊)から見た美保飛行場美保飛行場

    第403飛行隊(だい403ひこうたい、JASDF 403th Tactical Airlift Squadron)は、航空自衛隊航空支援集団第3輸送航空隊隷下の輸送機部隊である。美保基地に所属し、C-1輸送機とYS-11輸送機を運用している。第403飛行隊 (航空自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • 米子水鳥公園

    米子水鳥公園から見た米子空港美保飛行場

    米子空港から車で約20分米子水鳥公園 フレッシュアイペディアより)

  • 米子駐屯地

    米子駐屯地から見た美保飛行場美保飛行場

    飛行場:美保飛行場(共用飛行場)、鳥取空港、隠岐空港(共に第三種空港)米子駐屯地 フレッシュアイペディアより)

  • トッキュー!!

    トッキュー!!から見た美保航空基地美保飛行場

    今回気象庁は宮城野地区に前線が居座るとの予報を出した。たった4時間で年間降水量の半分に達しようかという記録的大雨である。六隊は第八管区海上保安本部美保航空基地でヘリに乗り換えレスキューへ向かった。前項の通り、今回のミッションは海難ではなく水害である。兵悟は、無茶をし、結果的には助かったものの、高嶺は「神林君は今すぐトッキューをやめるべきです。」と言い、兵悟も自ら副隊長争いを辞退した。トッキュー!! フレッシュアイペディアより)

111件中 21 - 30件表示

「米子空港」のニューストピックワード