147件中 71 - 80件表示
  • エアーニッポン

    エアーニッポンから見た美保飛行場美保飛行場

    6月 - ボーイング737-800型機を導入。羽田 - 米子・鳥取線で就航。エアーニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 航空地方気象台

    航空地方気象台から見た美保飛行場美保飛行場

    空港気象連絡室:美保空港(*)・徳島空港(以上関西の遠隔解説)航空地方気象台 フレッシュアイペディアより)

  • トッキュー!!

    トッキュー!!から見た美保航空基地美保飛行場

    今回気象庁は宮城野地区に前線が居座るとの予報を出した。たった4時間で年間降水量の半分に達しようかという記録的大雨である。六隊は第八管区海上保安本部美保航空基地でヘリに乗り換えレスキューへ向かった。前項の通り、今回のミッションは海難ではなく水害である。兵悟は、無茶をし、結果的には助かったものの、高嶺は「神林君は今すぐトッキューをやめるべきです。」と言い、兵悟も自ら副隊長争いを辞退した。トッキュー!! フレッシュアイペディアより)

  • 境港駅

    境港駅から見た美保飛行場美保飛行場

    米子空港・米子駅(日ノ丸自動車)境港駅 フレッシュアイペディアより)

  • 米子市立美保中学校

    米子市立美保中学校から見た美保飛行場美保飛行場

    美保飛行場(米子鬼太郎空港、ターミナルは境港市)米子市立美保中学校 フレッシュアイペディアより)

  • ソフトビジネスパーク島根

    ソフトビジネスパーク島根から見た米子空港美保飛行場

    米子空港から車で約30分。ソフトビジネスパーク島根 フレッシュアイペディアより)

  • 第百一航空戦隊

    第百一航空戦隊から見た美保飛行場美保飛行場

    部隊番号では末尾だが、輸送機航空隊としては三番目の昭和19年4月1日編制。輸送機はなく、陸攻を主体に護衛戦闘機24機・随伴艦爆24機で編制された。美保飛行場を原隊とするが、厚木飛行場や横須賀飛行場に常駐し、本土内や硫黄島向けの輸送に従事した。当初より護衛戦闘機隊を持ち、短距離輸送に特化している。一〇〇一空とともに百一航戦編制当初からその一員であった。一〇二一空を編入したものの、フィリピン戦線で機体を失った旧一〇二一空要員に回す機体はなく、実際に活動していたのは厚木常駐の部隊である。第百一航空戦隊 フレッシュアイペディアより)

  • 第3輸送航空隊

    第3輸送航空隊から見た美保飛行場美保飛行場

    第3輸送航空隊(だい3ゆそうこうくうたい、英称:3rd Tactical Airlift Group)は、航空自衛隊航空支援集団隷下の航空隊。本部は美保基地(鳥取県境港市)に所在し、輸送機と練習機を装備・運用する。第3輸送航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 池波正太郎

    池波正太郎から見た美保飛行場美保飛行場

    1943年(昭和18年)の冬には岐阜太田の工場に転勤となり、当地で旋盤工の教育係を兼ねた。翌年元日には名古屋の製鋼所に徴用されていた父と久しぶりに再会。休日には中部地方の山をめぐり、東京に足を伸ばして歌舞伎を見物したが、前年、成年に達した正太郎のもとにもついに召集令状がもたらされ、工場を退職。4月、横須賀海兵団に入団。間もなく武山海兵団内自動車講習所に入所。しかし、教官の暴力的な教えかたや物資横流しに反感を持ち、ことあるごとに反抗的な態度を取り、繰返し制裁を受け、同所を修了しないまま退所。磯子の八〇一空に転属となり、通信任務(電話交換手)を担当。翌1945年(昭和20年)3月10日には東京大空襲のため永住町の家が焼けた。その後、水兵長に進級し、米子の美保航空基地に転属。同地で電話交換室の室長となった。戦況が悪化し、全国的に空襲の危機にさらされるなか、米子では比較的平穏な日々がつづき、この時期、正太郎は余暇に俳句や短歌を作ることに熱中した。8月15日、敗戦。二等兵曹に進級。残務処理を終えて8月24日に東京に戻る。池波正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代のJRダイヤ改正

    2000年代のJRダイヤ改正から見た米子空港美保飛行場

    西日本では、米子空港の滑走路拡張工事に伴って境線のルートを一部変更、大篠津駅が米子空港駅に、御崎口駅が大篠津町駅にそれぞれ改称された。2000年代のJRダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

147件中 71 - 80件表示

「米子空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]