111件中 71 - 80件表示
  • 池波正太郎

    池波正太郎から見た美保飛行場美保飛行場

    1943年の冬には岐阜太田の工場に転勤となり、当地で旋盤工の教育係を兼ねた。翌年元旦には名古屋の製鋼所に徴用されていた父と久しぶりに再会。休日には中部地方の山をめぐり、東京に足を伸ばして歌舞伎を見物したが、前年、成年に達した正太郎のもとにもついに召集令状がもたらされ、工場を退職。4月、横須賀海兵団に入団。間もなく武山海兵団内自動車講習所に入所。しかし、教官の暴力的な教えかたや物資横流しに反感を持ち、ことあるごとに反抗的な態度を取り、繰返し制裁を受け、同所を修了しないまま退所。磯子の八〇一空に転属となり、通信任務(電話交換手)を担当。翌1945年3月10日には東京大空襲のため永住町の家が焼けた。その後、水兵長に進級し、鳥取・米子の美保航空基地に転属。同地で電話交換室の室長となった。戦況が悪化し、全国的に空襲の危機にさらされるなか、米子では比較的平穏な日々がつづき、この時期、正太郎は余暇に俳句や短歌を作ることに熱中した。8月15日、敗戦。二等兵曹に進級。残務処理を終えて8月24日に東京に戻る。池波正太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 空港コード

    空港コードから見た美保飛行場美保飛行場

    RJOH - 美保飛行場(米子鬼太郎空港)空港コード フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の航空

    2010年の航空から見た美保飛行場美保飛行場

    (愛称制定) 米子空港(鳥取県境港市、米子市)の愛称を「米子鬼太郎空港」に制定した。2010年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • 境線

    境線から見た美保飛行場美保飛行場

    美保飛行場(米子空港)の滑走路拡張に伴い、2008年6月15日に御崎口駅(現・大篠津町駅) - 中浜駅間(2.1km)の経路が県道と共に滑走路を大きく迂回するよう変更され、大篠津駅が米子空港ターミナル近くに移転し米子空港駅と改称された。なお、空港拡張は、線路と滑走路の干渉について、解決策が「迂回」とされるまでに時間を要したため(地下化も検討された)2008年の予定であったが、2009年12月に完成した。境線 フレッシュアイペディアより)

  • 中浜駅

    中浜駅から見た美保飛行場美保飛行場

    美保飛行場(米子空港) - 約900m、徒歩15分。中浜駅 フレッシュアイペディアより)

  • 松江駅

    松江駅から見た美保飛行場美保飛行場

    松江 - 米子空港線(米子鬼太郎空港方面)松江駅 フレッシュアイペディアより)

  • 米子空港駅

    米子空港駅から見た美保飛行場美保飛行場

    2008年(平成20年)6月15日に美保飛行場(米子空港)の拡張工事に伴い、大篠津駅(おおしのづえき)を800m境港側の新線上に移転し改称した。それにより所在地も米子市から境港市となった。米子空港駅 フレッシュアイペディアより)

  • 草江駅

    草江駅から見た美保飛行場美保飛行場

    近年は「JR時刻表」(交通新聞社)には最寄り駅として案内が掲載されており、山口宇部空港でも駅への順路や電車の時刻を案内している。駅にも宇部市役所が設置した駅周辺の地図があり、空港への最寄駅であることを示している。これはかつての境線大篠津駅と米子空港との関係に類似する。草江駅 フレッシュアイペディアより)

  • 米子市

    米子市から見た米子空港美保飛行場

    鉄道ではJR山陰本線と境線・伯備線の分岐点に当たり、JR米子支社が置かれ、また道路では国道9・180・181・431号及び山陰自動車道・米子自動車道が通り、岡山・鳥取・境港・松江と結ばれているほか、米子空港や境港からは韓国のソウル(仁川)や東海、ロシアのウラジオストクとも結ばれるなど、山陰随一の交通の要衝となっている。米子市 フレッシュアイペディアより)

  • 米子市

    米子市から見た美保飛行場美保飛行場

    米子空港 - 所在地及び敷地の大部分は境港市である。東京国際空港便と仁川空港便が就航する。米子市 フレッシュアイペディアより)

111件中 71 - 80件表示

「米子空港」のニューストピックワード