65件中 21 - 30件表示
  • 美保飛行場

    美保飛行場から見た米子空港駅

    平成13年度より2000mである滑走路長を、2500mへ再延長する計画の事業化が開始された。これは、隣接する県道47号線、JR境線、市道を東側に迂回させることで、滑走路・誘導路を東側(中海と反対側)に500m延長するものである。あわせて空港ターミナル付近に米子空港駅が設置された。2008年度中の供用開始を目標にしていたが、JR境線の付け替え方法が「迂回案」に決まるまで想定外の遅延を要した(最初は路線の地下埋設工法案であったが、その後、紆余曲折した)ため、工期は約2年の遅れが見込まれた。地元経済界は、遅くとも羽田空港の4本目の滑走路が供用される2010年度10月までの供用を希望していた。2500mに延長された滑走路は、2009年12月17日から供用開始となった。美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見たC-46 (航空機)

    1955年(昭和30)6月12日 - 航空自衛隊立川基地(現:陸上自衛隊立川駐屯地)から「臨時美保派遣隊」が移駐。C-46型輸送機を配備。美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見た航空自衛隊

    美保飛行場(みほひこうじょう Miho Airfield)は、鳥取県境港市(敷地の一部は米子市)にあり、航空自衛隊美保基地(みほきち、JASDF Miho Airbase)、の滑走路を利用する共用飛行場であり、通称として米子空港(よなごくうこう Yonago Airport)と呼ばれている。滑走路に面して北側に航空自衛隊の大きな専用エプロンやハンガーなどが立ち並び、滑走路の管理や航空管制などは航空自衛隊が行なっている。そのため、山陰の飛行場において唯一航空管制が行われている。美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見た第401飛行隊 (航空自衛隊)

    1968年(昭和43)10月1日 - 航空自衛隊「輸送航空隊」を「第401飛行隊」と改称。美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見たアグスタウエストランド AW139

    2009年(平成21)2月 - 第八管区海上保安本部美保航空基地にAgustaWestland AW139型回転翼機を配備。美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見た大阪航空局

    国土交通省の関連施設としては、海上保安庁美保航空基地は、航空自衛隊のエプロンの東側にヘリコプター用のエプロンと格納庫があり、農業用水路(米川)を隔てた空港地区西側に固定翼用のエプロンと格納庫()が2011年3月に新設された。また、隣接して大阪航空局美保空港事務所も置かれている。美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見たエプロン (飛行場)

    美保飛行場(みほひこうじょう Miho Airfield)は、鳥取県境港市(敷地の一部は米子市)にあり、航空自衛隊美保基地(みほきち、JASDF Miho Airbase)、の滑走路を利用する共用飛行場であり、通称として米子空港(よなごくうこう Yonago Airport)と呼ばれている。滑走路に面して北側に航空自衛隊の大きな専用エプロンやハンガーなどが立ち並び、滑走路の管理や航空管制などは航空自衛隊が行なっている。そのため、山陰の飛行場において唯一航空管制が行われている。美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見たC-1 (輸送機)

    1979年(昭和54)3月3日 - 航空自衛隊美保基地にC-1型輸送機を配備。美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見たベル 412

    1996年(平成 8)2月 - 第八管区海上保安本部美保航空基地にBell 412型回転翼機を配備。美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見た計器着陸装置

    滑走路長は2500mで方向は07/25、一部は中海に突き出すような形で配置されている。着陸帯の幅は300mであり、計器着陸に対応している。美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

65件中 21 - 30件表示

「米子空港」のニューストピックワード