65件中 41 - 50件表示
  • 美保飛行場

    美保飛行場から見た航空気象群

    航空気象群)美保気象隊美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見た新千歳空港

    1996年(平成 8)4月 - エアーニッポンによる新千歳空港便が就航(週3便運航、1999年8月まで)美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見た第403飛行隊 (航空自衛隊)

    1978年(昭和53)3月31日 - 航空自衛隊「第401飛行隊」が小牧基地へ移動。「第3輸送航空隊」を新編、「教育飛行隊」を「第403飛行隊」と改称。美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見た米子市

    美保飛行場(みほひこうじょう Miho Airfield)は、鳥取県境港市(敷地の一部は米子市)にあり、航空自衛隊美保基地(みほきち、JASDF Miho Airbase)、の滑走路を利用する共用飛行場であり、通称として米子空港(よなごくうこう Yonago Airport)と呼ばれている。滑走路に面して北側に航空自衛隊の大きな専用エプロンやハンガーなどが立ち並び、滑走路の管理や航空管制などは航空自衛隊が行なっている。そのため、山陰の飛行場において唯一航空管制が行われている。美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見た鳥取県道47号米子境港線

    平成13年度より2000mである滑走路長を、2500mへ再延長する計画の事業化が開始された。これは、隣接する県道47号線、JR境線、市道を東側に迂回させることで、滑走路・誘導路を東側(中海と反対側)に500m延長するものである。あわせて空港ターミナル付近に米子空港駅が設置された。2008年度中の供用開始を目標にしていたが、JR境線の付け替え方法が「迂回案」に決まるまで想定外の遅延を要した(最初は路線の地下埋設工法案であったが、その後、紆余曲折した)ため、工期は約2年の遅れが見込まれた。地元経済界は、遅くとも羽田空港の4本目の滑走路が供用される2010年度10月までの供用を希望していた。2500mに延長された滑走路は、2009年12月17日から供用開始となった。美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見た航空支援集団

    1961年(昭和36)7月15日 - 航空自衛隊「輸送航空団(現:航空支援集団)」隷下に、「教育飛行隊」を編成。美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見た航空警務隊

    航空警務隊)美保地方警務隊美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見た航空保安管制群

    航空保安管制群)美保管制隊美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見た空港ターミナルビル

    空港ターミナルビルは滑走路の北東側にあり、国内線・国際線で区画を分けて使用している。ボーディングブリッジは2基を有する。ターミナルビルに接するエプロンには中型ジェット機用2バース、小型ジェット機用2バース、プロペラ機用1バースがある。滑走路の北西側には航空自衛隊美保基地の広大な用地が広がり、航空自衛隊エプロンの一角や空港エプロン周辺に国土交通省関連の複数の施設が置かれている。美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 美保飛行場

    美保飛行場から見た山陰

    美保飛行場(米子空港)は米子市中心部から約11km(バスで30分)の弓ヶ浜半島中心部に位置する。風光明媚な観光地に恵まれた環境にあり、鳥取県西部・島根県東部の空運を担うのみならず、山陰観光の空の玄関口としての役割も果たしてきた。年間の利用客は50万人弱を推移している。美保飛行場 フレッシュアイペディアより)

65件中 41 - 50件表示

「米子空港」のニューストピックワード