前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示
  • アントニオ・オルティス・メナ

    アントニオ・オルティス・メナから見た米州開発銀行米州開発銀行

    アントニオ・オルティス・メナ(Antonio Ortiz Mena、1907年9月22日 - 2007年3月12日)は、メキシコの政治家、経済学者。メキシコ蔵相、米州開発銀行総裁を歴任した。アントニオ・オルティス・メナ フレッシュアイペディアより)

  • 利付債

    利付債から見た米州開発銀行米州開発銀行

    利息に対しては、税率20パーセント(所得税15パーセント+住民税5パーセント)の源泉分離課税で課税関係は終了するため確定申告の必要はない。ただし、世界銀行債や米州開発銀行債など、国際機関が発行する債券の中には、源泉徴収がなく、確定申告による納税が必要なものもある。利付債 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国国際担当財務次官

    アメリカ合衆国国際担当財務次官から見た米州開発銀行米州開発銀行

    国際担当財務次官は国際金融の問題を取り扱い、国際的な金融商品取引、投資、経済開発、国際債務に関する政策の立案・実行を指揮する。また国際担当財務次官は、国際通貨基金、世界銀行、その他の国際開発金融機関(米州開発銀行、アフリカ開発銀行、アジア開発銀行、欧州復興開発銀行など)へアメリカが参加する際、アメリカの政策方針について立案を指揮する。さらに国際担当財務次官は、先進主要七カ国間での金融市場政策について、調整を行う。アメリカ合衆国国際担当財務次官 フレッシュアイペディアより)

  • IDB

    IDBから見た米州開発銀行米州開発銀行

    IDB フレッシュアイペディアより)

  • IADB

    IADBから見た米州開発銀行米州開発銀行

    IADB フレッシュアイペディアより)

  • アレハンドロ・トレド

    アレハンドロ・トレドから見た米州開発銀行米州開発銀行

    ペルーに帰国して、『太平洋大学』(Universidad del Pacífico)で経済学教授となる。その後、国際連合や世界銀行、米州開発銀行、国際労働機関、経済協力開発機構で、コンサルタントをつとめる。一時期、国際交流基金の元で、早稲田大学の客員教授となる。アレハンドロ・トレド フレッシュアイペディアより)

  • 藤川鉄馬

    藤川鉄馬から見た米州開発銀行米州開発銀行

    1984年6月 - 派遣職員(米州開発銀行理事)藤川鉄馬 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイコブ・フレンケル

    ジェイコブ・フレンケルから見た米州開発銀行米州開発銀行

    1995年?1996年 米州開発銀行総裁会議の副議長となる。ジェイコブ・フレンケル フレッシュアイペディアより)

  • チクソイ水力発電所

    チクソイ水力発電所から見た米州開発銀行米州開発銀行

    チクソイ水力発電所 (Hidroeléctrica Chixoy)は、グアテマラ共和国のネグロ川/チクソイ川/サリナス川水系にある水力発電所、ダムである。世界銀行と米州開発銀行からの資金提供によって、1976年に建設が開始された。同年に発生したグアテマラ地震をうけて、ダムとトンネル工事を耐震基準に適合させるため、大幅な再設計作業が必要であった。さらに、工学技術的なミスの修正と、初年度にうけたトンネルの被害の補修に追加費用が発生し、かなりの予算超過となった。工事開始前の1974年には2億2700万ドルと試算されていた建設費用は、1978年時点で完成まで3億7270万ドルに修正され。、最終的に9億4400万ドルを費やして1983年に完成した。チクソイ水力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • カンクン

    カンクンから見た米州開発銀行米州開発銀行

    1967年よりカンクンは、メキシコ中央銀行 (Banco de México) によって、観光地開発による外貨獲得の可能性の調査が行われた。カンクンは当初コンピュータによって選別され、その後の銀行の調査員により拡大調査が行われた後に、実際に開発地として選定された。メキシコ銀行は、初期のインフラ整備のために、米州開発銀行 (Inter-American Development Bank) より2700万$の融資を受けた。こうして1970年1月23日にリゾート開発が開始された。カンクン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示

「米州開発銀行」のニューストピックワード