前へ 1 次へ
5件中 1 - 5件表示
  • 米州開発銀行

    米州開発銀行から見た米州機構

    米州開発銀行(べいしゅうかいはつぎんこう、Inter-American Development Bank, IDB,または IADB)は、中南米・カリブ海諸国の経済開発を促進するため、1959年に米州機構会議で設立が決定した多国間開発金融機関。1960年に開業し、2015年現在の加盟国は48カ国である。ワシントンD.C.に本部を置き、加盟国による資本金809億ドルに加え国際金融市場での起債266億ドルを元に運用している。1966年に融資承諾額67億ドルと技術援助27億ドルの実績を発表した。米州開発銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 米州開発銀行

    米州開発銀行から見た

    米州開発銀行(べいしゅうかいはつぎんこう、Inter-American Development Bank, IDB,または IADB)は、中南米・カリブ海諸国の経済開発を促進するため、1959年に米州機構会議で設立が決定した多国間開発金融機関。1960年に開業し、2015年現在の加盟国は48カ国である。ワシントンD.C.に本部を置き、加盟国による資本809億ドルに加え国際金融市場での起債266億ドルを元に運用している。1966年に融資承諾額67億ドルと技術援助27億ドルの実績を発表した。米州開発銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 米州開発銀行

    米州開発銀行から見た資本

    米州開発銀行(べいしゅうかいはつぎんこう、Inter-American Development Bank, IDB,または IADB)は、中南米・カリブ海諸国の経済開発を促進するため、1959年に米州機構会議で設立が決定した多国間開発金融機関。1960年に開業し、2015年現在の加盟国は48カ国である。ワシントンD.C.に本部を置き、加盟国による資本金809億ドルに加え国際金融市場での起債266億ドルを元に運用している。1966年に融資承諾額67億ドルと技術援助27億ドルの実績を発表した。米州開発銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 米州開発銀行

    米州開発銀行から見たワシントンD.C.

    米州開発銀行(べいしゅうかいはつぎんこう、Inter-American Development Bank, IDB,または IADB)は、中南米・カリブ海諸国の経済開発を促進するため、1959年に米州機構会議で設立が決定した多国間開発金融機関。1960年に開業し、2015年現在の加盟国は48カ国である。ワシントンD\.C\.に本部を置き、加盟国による資本金809億ドルに加え国際金融市場での起債266億ドルを元に運用している。1966年に融資承諾額67億ドルと技術援助27億ドルの実績を発表した。米州開発銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 米州開発銀行

    米州開発銀行から見た国際金融市場

    米州開発銀行(べいしゅうかいはつぎんこう、Inter-American Development Bank, IDB,または IADB)は、中南米・カリブ海諸国の経済開発を促進するため、1959年に米州機構会議で設立が決定した多国間開発金融機関。1960年に開業し、2015年現在の加盟国は48カ国である。ワシントンD.C.に本部を置き、加盟国による資本金809億ドルに加え国際金融市場での起債266億ドルを元に運用している。1966年に融資承諾額67億ドルと技術援助27億ドルの実績を発表した。米州開発銀行 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
5件中 1 - 5件表示