145件中 21 - 30件表示
  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たダイコク電機

    ポンコツ君とガラクタ君 - ダイコク電機 ポケロボ CMソング(1995年)米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たベネッセコーポレーション

    イッショケンメ・ソング - ベネッセコーポレーション いぬのきもち CMソング(2006年)米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たボーカル

    ジェームス小野田(小野田安秀):ボーカル、コーラス、ギター、サックス(文化学院時代-解散, 2006年4月- )米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た得能律郎

    1982年、文化学院の学生だった石井竜也と小野田安秀、大久保謙作、得能律郎らが中心となり結成され、1985年10月にレコードデビュー。ダンサーチーム「SUE CREAM SUE(シュークリームシュ)」、ホーンセクション「BIG HORNS BEE(ビッグ・ホーンズ・ビー)」、また、多くのサポートメンバーを伴う大所帯バンドである。1997年3月に解散コンサートを行い、活動を停止したが、2006年4月に復活。所属レコード会社は、ソニー・ミュージックレコーズ。公式ファンクラブに「COME COME CLUB」があった(1997年に解散)。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た大久保謙作

    1982年、文化学院の学生だった石井竜也と小野田安秀、大久保謙作、得能律郎らが中心となり結成され、1985年10月にレコードデビュー。ダンサーチーム「SUE CREAM SUE(シュークリームシュ)」、ホーンセクション「BIG HORNS BEE(ビッグ・ホーンズ・ビー)」、また、多くのサポートメンバーを伴う大所帯バンドである。1997年3月に解散コンサートを行い、活動を停止したが、2006年4月に復活。所属レコード会社は、ソニー・ミュージックレコーズ。公式ファンクラブに「COME COME CLUB」があった(1997年に解散)。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た演劇

    1981年秋のある夜、大久保と小野田の2人は「米米クラブ」という架空のパロディバンドがあると仮定し、その時のノリで『私こしひかり』『奥さん米屋です』『夜泣き米屋』といったオリジナルソング10曲を作り、テープに録音する。しかし、それはほんの軽い遊びであり、以降は2人の記憶から消えていった。1982年3月には、文化学院を卒業。大久保は進学、小野田は就職、石井は街頭パフォーマンスなどをして過ごしていた。だが、1982年10月頃に、大久保と小野田がすっかり忘れていた「米米クラブ」の話を石井がどこからか聞きつけ、「"米米クラブ"ってバンドやろうぜ」としつこく言い出し、しぶしぶ大久保がリーダーとなり、昔の音楽仲間を集め、何とかバンドとしての体裁を整えたのが始まりである。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たレコード会社

    1982年11月21日に、慶應義塾大学三田祭でオリジナル曲8曲と山本リンダの『狂わせたいの』を披露。その場限りのおふざけバンドのつもりが、観客の好評を得た。メンバーも、ライブに空間的総合芸術の光を感じ、以後ライブハウスで活動を重ね「謎のパフォーマンス集団」などと呼ばれテレビや雑誌にも登場して話題となり、1985年10月21日に、シングル『I・CAN・BE』、アルバム『シャリ・シャリズム』で、CBSソニー(現 ソニー・ミュージックエンタテインメント)からメジャーデビュー。この頃、シングルやアルバム、雑誌では「米米クラブ」と表記されていた。だが、デビューお披露目ライブ直前にドラマーが脱退し、急遽スタッフが連れてきたcharがドラムを担当することになった。それ以降、charと米米クラブとは親密な仲となっていく。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たBIG HORNS BEE

    1982年、文化学院の学生だった石井竜也と小野田安秀、大久保謙作、得能律郎らが中心となり結成され、1985年10月にレコードデビュー。ダンサーチーム「SUE CREAM SUE(シュークリームシュ)」、ホーンセクション「BIG HORNS BEE(ビッグ・ホーンズ・ビー)」、また、多くのサポートメンバーを伴う大所帯バンドである。1997年3月に解散コンサートを行い、活動を停止したが、2006年4月に復活。所属レコード会社は、ソニー・ミュージックレコーズ。公式ファンクラブに「COME COME CLUB」があった(1997年に解散)。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た爆風スランプ

    ファンクミュージックをベースとした楽曲や演奏技術、メンバーの音楽センスは、高く評価する声もあったが、奇抜な衣装やメイク、コントのようなMCやキャラクター重視で寸劇混じりの演出などにより、デビュー当初は“イロモノ”として扱われることが多かった。当時、同じソニー系列のレコード会社に所属していた聖飢魔II、爆風スランプと合わせて「ソニー三大色物バンド」と呼ばれていたこともあった。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たJESSE

    2005年6月16日、古くから親交のあるCharの50歳のバースデーパーティーを開催するに当たり、Charの息子であるRIZEのJESSEが、「サプライズで米米をやってほしい」と石井やメンバーに頼み、石井もCharに恩返しするという意味も込めて、久々に演奏することになった。その際バンド名を「米米米CLUB」とし楽曲を演奏。10月21日には、デビュー20周年の日に、ファン投票によるリクエストベストアルバム『米 〜Best of Best〜』がリリース。その頃から、石井がテレビやラジオの番組に出演した際、「米米に関して何か企画している」というような発言が聞かれるようになった。2005年12月には、青山のライブハウスでシュークリームシュの一夜限りの復活ライブが行われ、米米CLUBのメンバーがバンドとして出演した。また、特別ゲストとして小野田が出演し、往年のヒット曲を歌った。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

145件中 21 - 30件表示

「米米CLUB」のニューストピックワード