145件中 61 - 70件表示
  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た横浜アリーナ

    そうした反応にメンバーが手応えを感じ、10月22日、横浜アリーナで行われたツアーの最終日には、石井自ら期間限定を撤回し、活動を継続することを発表した。公式サイトには10月22日付で「米米CLUB」名義の期間限定解除への経緯と解散撤回の決意を示すコメントも載せられ、翌年9月5日には再始動後初となるオリジナルアルバム「komedia.jp」を発売、オリコンチャート10位を記録した。なお、この解散撤回宣言は、「ソロ活動はしない」という意味ではなく、石井をはじめとする各メンバーのソロ活動も継続して行うとしている。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たアイワ

    TIME STOP - AIWA シュトラッサー CMソング(1988年)米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)

    1982年11月21日に、慶應義塾大学三田祭でオリジナル曲8曲と山本リンダの『狂わせたいの』を披露。その場限りのおふざけバンドのつもりが、観客の好評を得た。メンバーも、ライブに空間的総合芸術の光を感じ、以後ライブハウスで活動を重ね「謎のパフォーマンス集団」などと呼ばれテレビや雑誌にも登場して話題となり、1985年10月21日に、シングル『I・CAN・BE』、アルバム『シャリ・シャリズム』で、CBSソニー(現 ソニー・ミュージックエンタテインメント)からメジャーデビュー。この頃、シングルやアルバム、雑誌では「米米クラブ」と表記されていた。だが、デビューお披露目ライブ直前にドラマーが脱退し、急遽スタッフが連れてきたcharがドラムを担当することになった。それ以降、charと米米クラブとは親密な仲となっていく。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たソニー・ミュージックレコーズ

    1982年、文化学院の学生だった石井竜也と小野田安秀、大久保謙作、得能律郎らが中心となり結成され、1985年10月にレコードデビュー。ダンサーチーム「SUE CREAM SUE(シュークリームシュ)」、ホーンセクション「BIG HORNS BEE(ビッグ・ホーンズ・ビー)」、また、多くのサポートメンバーを伴う大所帯バンドである。1997年3月に解散コンサートを行い、活動を停止したが、2006年4月に復活。所属レコード会社は、ソニー・ミュージックレコーズ。公式ファンクラブに「COME COME CLUB」があった(1997年に解散)。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たロッキング・オン

    DECADE〜カールスモーキー石井の米米十年戦争〜 (著者:カールスモーキー石井、インタビュアー:渋谷陽一、1995年2月28日発行、ロッキング・オン米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た演奏会

    1982年11月21日に、慶應義塾大学三田祭でオリジナル曲8曲と山本リンダの『狂わせたいの』を披露。その場限りのおふざけバンドのつもりが、観客の好評を得た。メンバーも、ライブに空間的総合芸術の光を感じ、以後ライブハウスで活動を重ね「謎のパフォーマンス集団」などと呼ばれテレビや雑誌にも登場して話題となり、1985年10月21日に、シングル『I・CAN・BE』、アルバム『シャリ・シャリズム』で、CBSソニー(現 ソニー・ミュージックエンタテインメント)からメジャーデビュー。この頃、シングルやアルバム、雑誌では「米米クラブ」と表記されていた。だが、デビューお披露目ライブ直前にドラマーが脱退し、急遽スタッフが連れてきたcharがドラムを担当することになった。それ以降、charと米米クラブとは親密な仲となっていく。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た文化学院

    1982年、文化学院の学生だった石井竜也と小野田安秀、大久保謙作、得能律郎らが中心となり結成され、1985年10月にレコードデビュー。ダンサーチーム「SUE CREAM SUE(シュークリームシュ)」、ホーンセクション「BIG HORNS BEE(ビッグ・ホーンズ・ビー)」、また、多くのサポートメンバーを伴う大所帯バンドである。1997年3月に解散コンサートを行い、活動を停止したが、2006年4月に復活。所属レコード会社は、ソニー・ミュージックレコーズ。公式ファンクラブに「COME COME CLUB」があった(1997年に解散)。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たGO FUNK

    1988年には、シングル『KOME KOME WAR』、アルバム『GO FUNK』が、1989年にはシングル『FUNK FUJIYAMA』、アルバム『5 1/2』が売上ランキング上位に入り、1990年、JALのCMソングに使用された『浪漫飛行』がミリオンセラー。次第にJ-POPバンドとして世間に認知されるようになった。ただ、世間でヒットした所謂売れ線系統の曲だけでなく、マイナーでディープなソーリー曲と呼ばれる楽曲も存在していた。ソーリー曲とは「ふざけた曲を歌っても、すぐに"Sorry"と謝り許してもらおう」「謝ってしまえば何でもあり」というような志向で作られた楽曲群であり、元々は「ウンコ曲」「企画物曲」と呼ばれていた。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たシャリ・シャリズム

    1982年11月21日に、慶應義塾大学三田祭でオリジナル曲8曲と山本リンダの『狂わせたいの』を披露。その場限りのおふざけバンドのつもりが、観客の好評を得た。メンバーも、ライブに空間的総合芸術の光を感じ、以後ライブハウスで活動を重ね「謎のパフォーマンス集団」などと呼ばれテレビや雑誌にも登場して話題となり、1985年10月21日に、シングル『I・CAN・BE』、アルバム『シャリ・シャリズム』で、CBSソニー(現 ソニー・ミュージックエンタテインメント)からメジャーデビュー。この頃、シングルやアルバム、雑誌では「米米クラブ」と表記されていた。だが、デビューお披露目ライブ直前にドラマーが脱退し、急遽スタッフが連れてきたcharがドラムを担当することになった。それ以降、charと米米クラブとは親密な仲となっていく。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た浪漫飛行

    1988年には、シングル『KOME KOME WAR』、アルバム『GO FUNK』が、1989年にはシングル『FUNK FUJIYAMA』、アルバム『5 1/2』が売上ランキング上位に入り、1990年、JALのCMソングに使用された『浪漫飛行』がミリオンセラー。次第にJ-POPバンドとして世間に認知されるようになった。ただ、世間でヒットした所謂売れ線系統の曲だけでなく、マイナーでディープなソーリー曲と呼ばれる楽曲も存在していた。ソーリー曲とは「ふざけた曲を歌っても、すぐに"Sorry"と謝り許してもらおう」「謝ってしまえば何でもあり」というような志向で作られた楽曲群であり、元々は「ウンコ曲」「企画物曲」と呼ばれていた。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

145件中 61 - 70件表示

「米米CLUB」のニューストピックワード