158件中 81 - 90件表示
  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たR&B

    音楽的にはバリエーションが非常に豊富で、主なジャンルはR&B、ソウル音楽、ニュー・ロマンティック、ポップ・ロック、ブラス・ロック、ムード歌謡、ファンク等。楽曲面は別として、編曲面ではBIG HORNS BEEの存在は非常に重要なものになっている。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たJUST MY FRIEND

    2人の脱退をきっかけに、次第にバンド活動に困難が生じ、人気面にもその影響は現れるようになる。脱退した2人に対するエールの意味合いを込めてリリースされた「JUST MY FRIEND」では皮肉にもオリコントップ10から大きく外れ、翌1996年の「STYLISH WOMAN」ではオリコン20位以内にすら入らないなどヒット曲が出せなくなり、人気に陰りが見えてくる。この年は一切のライブ活動は行われず、11月に解散の発表がされ、1997年3月5日・6日に東京ドームで行われた「THE LAST SYMPOSIUM」を最後に解散、以後各々ソロ活動に入った。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た憑神

    御利益 - 映画憑神主題歌(2007年)米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たソウル音楽

    音楽的にはバリエーションが非常に豊富で、主なジャンルはR&B、ソウル音楽、ニュー・ロマンティック、ポップ・ロック、ブラス・ロック、ムード歌謡、ファンク等。楽曲面は別として、編曲面ではBIG HORNS BEEの存在は非常に重要なものになっている。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たベース (弦楽器)

    BON(大久保謙作):バンドリーダー、ベース(文化学院時代-解散, 2006年4月 - )米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たSTYLISH WOMAN

    2人の脱退をきっかけに、次第にバンド活動に困難が生じ、人気面にもその影響は現れるようになる。脱退した2人に対するエールの意味合いを込めてリリースされた「JUST MY FRIEND」では皮肉にもオリコントップ10から大きく外れ、翌1996年の「STYLISH WOMAN」ではオリコン20位以内にすら入らないなどヒット曲が出せなくなり、人気に陰りが見えてくる。この年は一切のライブ活動は行われず、11月に解散の発表がされ、1997年3月5日・6日に東京ドームで行われた「THE LAST SYMPOSIUM」を最後に解散、以後各々ソロ活動に入った。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たムード歌謡

    音楽的にはバリエーションが非常に豊富で、主なジャンルはR&B、ソウル音楽、ニュー・ロマンティック、ポップ・ロック、ブラス・ロック、ムード歌謡、ファンク等。楽曲面は別として、編曲面ではBIG HORNS BEEの存在は非常に重要なものになっている。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たKOMEGUNY

    ユニークなアルバム・タイトルが多く、ファーストアルバム『シャリ・シャリズム』(SHARI-SHARITHM)は、米米CLUBの活動のために立ち上げた個人事務所の名称(SHARISHARISM)でもあり、「米(シャリ)+リズム+〜イズム」の造語。セカンド・アルバム『E・B・I・S』は、個人事務所(SHARISHARISM)が恵比寿にあることから。他にはもじりを多用し、『KOMEGUNY』はロサンゼルスでレコーディングをしたことから「アメリカ=米国=こめぐに」、『GO FUNK』は「ご飯食う」、『5 1/2』は「5半=ご飯」、『聖米夜』は「精米屋」、『PhiII』は「櫃」、ラスト・アルバムの『PUSHED RICE』は「押米=おしまい」など、ダブルミーニングなどを多用した凝ったものが付けられた。ファンクラブ名も「米米CLUB」をもじり「COME COME CLUB」(カムカムクラブ)という名前だった。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たJ-POP

    1988年には、シングル「KOME KOME WAR」、アルバム『GO FUNK』が、1989年にはシングル「FUNK FUJIYAMA」、アルバム『5 1/2』が売上ランキング上位に入り、1990年、日本航空(JAL)の沖縄キャンペーンのCMソングに使用された「浪漫飛行」がミリオンセラー。次第にJ-POPバンドとして世間に認知されるようになった。ただ、世間でヒットしたいわゆる売れ線系統の曲だけでなく、マイナーでディープなソーリー曲と呼ばれる楽曲も存在していた。ソーリー曲とは「ふざけた曲を歌っても、すぐに"Sorry"と謝り許してもらおう」「謝ってしまえば何でもあり」というような志向で作られた楽曲群であり、元々は「ウンコ曲」「企画物曲」と呼ばれていた。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た冗談画報

    余談だが、フジテレビの冗談画報で「sûre danse」のパロディ版「syunou danse」(収納箪笥)を披露。歌詞はもちろん振りつけ有りであった。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

158件中 81 - 90件表示

「米米CLUB」のニューストピックワード