145件中 81 - 90件表示
  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たロック (音楽)

    音楽的には、ファンクやニュー・ロマンティック、落語、ロック、歌謡曲、フォークなど、雑多な要素を融合したもので、特に江戸落語の影響を強く受けた石井のステージングは、バンドの個性となっている。また、コンサート中盤に、ジェームス小野田の登場シーンを設定する構成も独特で、毎回工夫が凝らされた小野田の登場は、コンサートのハイライトとなっている。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たテレビ番組

    1982年11月21日に、慶應義塾大学三田祭でオリジナル曲8曲と山本リンダの『狂わせたいの』を披露。その場限りのおふざけバンドのつもりが、観客の好評を得た。メンバーも、ライブに空間的総合芸術の光を感じ、以後ライブハウスで活動を重ね「謎のパフォーマンス集団」などと呼ばれテレビや雑誌にも登場して話題となり、1985年10月21日に、シングル『I・CAN・BE』、アルバム『シャリ・シャリズム』で、CBSソニー(現 ソニー・ミュージックエンタテインメント)からメジャーデビュー。この頃、シングルやアルバム、雑誌では「米米クラブ」と表記されていた。だが、デビューお披露目ライブ直前にドラマーが脱退し、急遽スタッフが連れてきたcharがドラムを担当することになった。それ以降、charと米米クラブとは親密な仲となっていく。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たJUST MY FRIEND

    2人の脱退をきっかけに、次第にバンド活動に困難が生じ、CDセールスにもその影響は現れるようになる。『JUST MY FRIEND』ではオリコントップ10から大きく外れ、翌1996年の『STYLISH WOMAN』ではオリコン20位以内にすら入らないなどヒット曲が出せなくなり、人気に陰りが見えてくる。この年は一切のライブ活動は行われず、11月に解散の発表がされ、1997年3月5日・6日に東京ドームで行われた「THE LAST SYMPOSIUM」を最後に解散、以後各々ソロ活動に入った。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た憑神

    御利益 - 映画憑神主題歌(2007年)米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たベース (弦楽器)

    BON(大久保謙作):バンドリーダー、ベース(文化学院時代-解散, 2006年4月 - )米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た微熱少年

    1987年公開の映画「微熱少年」のダンスパーティーシーンに、当時EPICまたはCBSソニーに所属していたアーティストが数組エキストラとして出演することになり、米米クラブもワン・カット(特にセリフはない)出演している。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たSTYLISH WOMAN

    2人の脱退をきっかけに、次第にバンド活動に困難が生じ、CDセールスにもその影響は現れるようになる。『JUST MY FRIEND』ではオリコントップ10から大きく外れ、翌1996年の『STYLISH WOMAN』ではオリコン20位以内にすら入らないなどヒット曲が出せなくなり、人気に陰りが見えてくる。この年は一切のライブ活動は行われず、11月に解散の発表がされ、1997年3月5日・6日に東京ドームで行われた「THE LAST SYMPOSIUM」を最後に解散、以後各々ソロ活動に入った。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た生生生生ダウンタウン

    ごきげんよう! PARTY NIGHT - TBS系「生生生生ダウンタウン」オープニングテーマ(1992年)米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たKOMEGUNY

    ユニークなアルバム・タイトルが多く、ファーストアルバム『シャリ・シャリズム』(SHARI-SHARITHM)は、米米CLUBの活動のために立ち上げた個人事務所の名称(SHARISHARISM)でもあり、「米(シャリ)+リズム+〜イズム」の造語。セカンド・アルバム『E・B・I・S』は、個人事務所(SHARISHARISM)が恵比寿にあることから。他にはもじりを多用し、『KOMEGUNY』はロサンゼルスでレコーディングをしたことから「アメリカ=米国=こめぐに」、『GO FUNK』は「ご飯食う」、『5 1/2』は「5半=ご飯」、『聖米夜』は「精米屋」、『Phi?』は「櫃」、ラスト・アルバムの『PUSHED RICE』は「押米=おしまい」など、ダブルミーニングなどを多用した凝ったものが付けられた。ファンクラブ名も「米米CLUB」をもじり「COME COME CLUB」(カムカムクラブ)という名前だった。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たロサンゼルス

    ユニークなアルバム・タイトルが多く、ファーストアルバム『シャリ・シャリズム』(SHARI-SHARITHM)は、米米CLUBの活動のために立ち上げた個人事務所の名称(SHARISHARISM)でもあり、「米(シャリ)+リズム+〜イズム」の造語。セカンド・アルバム『E・B・I・S』は、個人事務所(SHARISHARISM)が恵比寿にあることから。他にはもじりを多用し、『KOMEGUNY』はロサンゼルスでレコーディングをしたことから「アメリカ=米国=こめぐに」、『GO FUNK』は「ご飯食う」、『5 1/2』は「5半=ご飯」、『聖米夜』は「精米屋」、『Phi?』は「櫃」、ラスト・アルバムの『PUSHED RICE』は「押米=おしまい」など、ダブルミーニングなどを多用した凝ったものが付けられた。ファンクラブ名も「米米CLUB」をもじり「COME COME CLUB」(カムカムクラブ)という名前だった。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

145件中 81 - 90件表示

「米米CLUB」のニューストピックワード