前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
89件中 1 - 10件表示
  • おやき (鳥取県)

    おやき (鳥取県)から見た米粉米粉

    鳥取県のおやきは、小豆の餡を、米粉を原料に作った物で包んだ、甘い菓子。おやき (鳥取県) フレッシュアイペディアより)

  • 蒸しパン

    蒸しパンから見た米粉米粉

    また、2008年以降、米粉のパン類への利用が増えるようになる中、米粉を加えたもちもちとした食感の蒸しパンも作られるようになった。蒸しパン フレッシュアイペディアより)

  • さが錦

    さが錦から見た米粉米粉

    小麦粉、米粉、山芋、卵を主材料にし、豆類、または栗を混ぜ込んだ浮島という和風の柔らかな蒸し菓子をベースとし、その上下に薄くカットしたバームクーヘンを載せ、チョコレートで貼り合わせた、和洋折衷の菓子。地元の豪華な織物である「佐賀錦」をモチーフに直方体(棹の形)に仕上げ、7つにカットされて包装されている。棹形のものの他に、1人分を切り分けて個包装にしたものも売られているが、これは豆と栗の両方を使っている。モンドセレクション金賞を3年連続受賞後、モンドセレクション最高金賞を2年連続受賞。さが錦 フレッシュアイペディアより)

  • GOPAN

    GOPANから見た米粉米粉

    GOPAN(ゴパン)とは、三洋電機が2010年11月11日から発売したホームベーカリー機器である。米パンを、米粉の過程を経ずに米そのものから作ることができる「ライスブレッドクッカー」である。パンを作るには米以外にもグルテンやイースト菌が必要となる。GOPAN フレッシュアイペディアより)

  • 餃子

    餃子から見た米粉米粉

    華東や華南では点心の一種として、蒸し餃子が良く見かけられる。また、揚げ餃子を出す例もある。中国で点心として食べられる蒸し餃子には皮や具や形に工夫を凝らし、皮に小麦粉ではなく米粉を使うなどさまざまなバリエーションが存在する。陝西省西安などには「餃子宴」と称する、形を変えた変わり餃子や加熱のしかたや具の異なる餃子を次から次へと出す餃子フルコースがある。餃子 フレッシュアイペディアより)

  • ういろう (菓子)

    ういろう (菓子)から見た米粉米粉

    ういろうは、典型的には、米粉などの穀粉に砂糖を練り合わせ、蒸して作る。穀粉には米粉(うるち米、もち米)、小麦粉、ワラビ粉などが用いられ、砂糖には白砂糖、黒砂糖などが用いられる。小豆あん、抹茶など、様々な物が加えられることも多い。室町時代の頃から存在する黒砂糖を用いた「黒糖ういろう」が本来の姿と考えられている。ういろう (菓子) フレッシュアイペディアより)

  • ハルヴァ

    ハルヴァから見た米粉米粉

    ナツメヤシの実で作るハラワ・アッ=タムル(Halawat al-Tamur)、極細のパスタで作るハラワ・シャリーヤ(Halawat Sha’riyyah)、炒った小麦粉とバターで作るハラワ・タヒーン(Halawat Tahīn)、米粉で作るハラワ・ティンマン(Halawat Timman)、にんじんで作るハラワ・ジザル(Halawat Jizar)などがある。ハルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • 藁餅

    藁餅から見た米粉米粉

    藁を半日水に浸して砂などのゴミを洗い落とし、穂先の部分は切り落とし細かく裂いて干す。乾燥したらこれを臼にかけて粉状にする。藁粉と米粉を1:2で練りあわせ餅状にして蒸す。これを茹でて塩や味噌などをつけて食べる。米粉のかわりに葛粉や蕨粉(ワラビの根茎からとった粉)、小麦粉でも可能である。藁餅 フレッシュアイペディアより)

  • 微塵粉

    微塵粉から見た米粉米粉

    微塵粉(みじんこ)は、もち米を加工した米粉の一種。微塵粉 フレッシュアイペディアより)

  • 江西料理

    江西料理から見た米粉米粉

    調理法では総じて他の地方よりも煮物、蒸し物が多く、油で揚げてから煮たり、長時間煮込んだり蒸したりしてやわらかく、しっかりとした味付けで食べられるような料理が多い。「煨湯」と呼ばれる壷蒸しスープもその一例である。炒め物は賽の目切りなど、細かく切って調理するものが多い。特色ある調理法として「粉蒸」と呼ばれる、粗く砕いた米と食材をあわせて味をつけて蒸すものがある。また、芋類をマッシュして米粉を加え、団子にしたり、穀物をペースト状にすることもよく行われる。江西料理 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
89件中 1 - 10件表示

「米粉食品」のニューストピックワード