125件中 21 - 30件表示
  • 尾張製粉

    尾張製粉から見た米粉米粉

    小袋製品(お好み焼き粉、米粉尾張製粉 フレッシュアイペディアより)

  • 坂井製粉製麺

    坂井製粉製麺から見た米粉米粉

    表側が店舗で斜め裏側が工場という店構えになっている。工場では、そば粉や米粉の製粉と、業務用生ラーメンを中心に学校給食のソフト麺、米粉を使った米パスタや米ラーメンなどの製造を行っている。製品は基本的に業務用となっているが、予約をすれば個人注文にも応じている。坂井製粉製麺 フレッシュアイペディアより)

  • 藁餅

    藁餅から見た米粉米粉

    藁粉と米粉を1:2で練りあわせ、餅状にして蒸す。これを茹でて、塩や味噌などをつけて食べる。米粉のかわりに葛粉や蕨粉(ワラビの根茎からとった粉)、小麦粉でも可能である。藁餅 フレッシュアイペディアより)

  • ふところ餅

    ふところ餅から見た米粉米粉

    ふところ餅(ふところもち)とは、和菓子のひとつで知多半島の名物として知られる。米粉と砂糖を湯で練り、棒状に延ばしてから、一口大に切った菓子。この餅を懐に入れて、野良仕事をしたことから名付けられた(簡単に取り出せて、すぐに食べられ、一口大なので邪魔にならない)。ふところ餅 フレッシュアイペディアより)

  • 牛蒡餅

    牛蒡餅から見た米粉米粉

    なお、1643年(寛永20年)に著された「料理物語」をはじめ江戸時代の様々な料理本には牛蒡餅の名があり、これは一般的な菓子であった。当時の製法では、煮て柔らかくしたゴボウをすりおろし、米粉や砂糖とともにこねて生地とする。これを丸めて成形し、熱湯で茹でた後に胡麻油で揚げ、仕上げに煎じた砂糖や砂糖蜜に絡ませている。生地に卵を混ぜ、茹でずに揚げるものもあり、16世紀にポルトガルから伝わった南蛮菓子の「ひりょうず(フィリョーシュ)」との関連も指摘されている。現在平戸で作られている牛蒡餅の原形は、これとは違って平戸藩松浦家で1845年(弘化2年)に作られた『百菓之図』にある「山椒羹」だと考えられている。これはゴボウを使わずに揚げないで蒸すようになっており、現在の形にかなり近い。牛蒡餅 フレッシュアイペディアより)

  • メン (麹)

    メン (麹)から見た米粉米粉

    インディカ米を杵と臼で砕いて米粉にし、既存のメン粉末とショウガ、水を加えてこねる。これを丸い餅状に成形するか、直径5cm・長さ20cmの円筒状にして1.5 - 2cmの厚さに切る。カビ付けのため籾殻を撒いたざるに載せ、さらに既存のメン粉末をかける。3日間ほど醗酵室に置いた後、日干しして埃を払い完成となる。メン (麹) フレッシュアイペディアより)

  • スノースキン月餅

    スノースキン月餅から見た米粉米粉

    この月餅は外が米粉と穀粉で作られ、中の餡の材料がハスの実または果物で作られる。中秋節辺りに発売されている。スノースキン月餅 フレッシュアイペディアより)

  • スア・ラオ

    スア・ラオから見た米粉米粉

    稲藁やシダなどを用いず、米だけで作るのが東南アジアの他の餅麹と比較した時の大きな特徴である。米粉に既存のスア・ラオと水を加えて混ぜ、直径3cmほどの餅型にし、屋内の棚に3 - 4日置く。その後、天日で1 - 2日干して、冷めたら完成となり室内で保管する。スア・ラオ フレッシュアイペディアより)

  • 新潟バーガー

    新潟バーガーから見た米粉米粉

    2006年頃から新潟県内および新潟市のイベントなどで販売されており、パンに米粉を使用しているのが特徴となっている。新潟バーガー フレッシュアイペディアより)

  • 明石玉

    明石玉から見た米粉米粉

    明石玉(あかしだま)とは、模造珊瑚の一種。明石で江戸末期ころから明治期にかけ、かんざしや首飾りなどの装飾品として製造された。硝石や滑石などの粉末を主原料とする。また、同じく卵白で固めた米粉に水牛の角などを貼り着色した製法のものもある。直径1.5?ほどのものが主流で、赤色が主体。鉛の芯が入ったツゲの木で原形を作り卵白を塗って着色、3種類以上の製造法があったが、牛の薄い爪を貼りつけるのもその一つである。明石玉 フレッシュアイペディアより)

125件中 21 - 30件表示

「米粉食品」のニューストピックワード