125件中 41 - 50件表示
  • チェンドル

    チェンドルから見た米粉米粉

    チェンドルの基本的な材料はココナッツミルク、緑の着色(通常タコノキの葉を用いる)をおこなった米粉から作るゼリー状の麺、かき氷、そしてヤシ糖である。小豆、もち米、仙草、といった他の材料を加える事もある。チェンドル フレッシュアイペディアより)

  • 醤油餅

    醤油餅から見た米粉米粉

    醬油餅(しょうゆもち)とは、米粉に醤油と砂糖を入れて練り上げ、丸めて蒸した松山市の郷土菓子。または、埼玉の白あんを入れた菓子である。醤油餅 フレッシュアイペディアより)

  • ベイクウェルタルト

    ベイクウェルタルトから見た米粉米粉

    グロスターでは似たタルトが作られており、米粉、ラズベリージャム、アーモンドエッセンスが使われていた。2013年にグロスター評議会のリーダーであるポール・ジェイムズはグロスターの歴史書で「グロスタータルト」のレシピを発見した。グロスター博物館がレシピを再現し、博物館の支援者に無料のグロスタータルトをふるまった。ベイクウェルタルト フレッシュアイペディアより)

  • みょうがぼち

    みょうがぼちから見た米粉米粉

    小麦粉を主として米粉(上新粉)を混ぜた粉に熱湯を加えて練り、生地の皮を作る。乾燥した空豆を水で戻したのちに茹でて皮を除き、それに砂糖と少量の食塩を加えて練って餡を作る。生地に餡を包み、さらにミョウガの葉で巻き、蒸して作られる。みょうがぼち フレッシュアイペディアより)

  • 大藤 (菓子)

    大藤 (菓子)から見た米粉米粉

    2010年10月に、米粉をわずか(0.004%)しか使用していないにもかかわらず「純米クッキー」という名称でクッキーを販売したとして、消費者庁から再発防止などを求めた景品表示法に基づく措置命令を受けた。大藤 (菓子) フレッシュアイペディアより)

  • JAあぐりタウン げんきの郷

    JAあぐりタウン げんきの郷から見た米粉米粉

    開業から10周年を迎えた2010年(平成22年)7月16日には、「できたて館」、「はなまる市」、「めぐみの湯」の改修を終えリニューアルオープンしたほか、2012年(平成24年)3月24日には、新たに「すくすくヶ丘」がオープンした。すくすくヶ丘は子供連れのファミリーで楽しめる空間となっており、小さな子供のための屋外ガーデンスペースや室内キッズスペースなども設けられている。このほか、体験農園では野菜の収穫体験ができるほか、知多半島産のもち麦や米粉を使ったオリジナル商品の販売も行っている。JAあぐりタウン げんきの郷 フレッシュアイペディアより)

  • せん (食品)

    せん (食品)から見た米粉米粉

    せんに加水し、餅米粉を20 - 30%加えてこね、蒸してから臼でつく。あっさりとしているのが特徴。せん (食品) フレッシュアイペディアより)

  • ブクブク茶

    ブクブク茶から見た米粉米粉

    一説によれば、天正15年(1587年)の北野大茶会で茶の代用として用いられた「こがし」(炒った米粉)が琉球に伝わり、王朝でブクブク茶の原型が作られたという。冊封使の接待などに使われたブクブク茶が広がり、首里の士族などの間で飲まれていた。1757年に漂着した琉球船から聞き取った『大島筆記』によれば、当時の琉球では年配の女性が煎茶を振り茶にして飲んでいたという。那覇や首里を中心に伊計島など琉球各地で近世後半まで飲まれていたと推測されるが、明治時代にはブクブク茶の習慣が下火になった。ブクブク茶 フレッシュアイペディアより)

  • 唐菓子

    唐菓子から見た米粉米粉

    唐菓子・唐菓物(からくだもの)は、唐朝から伝わったという菓子。米粉や小麦粉などの粉類に甘葛(あまずら)の汁など甘味料を加えてこね、果物の形を造った後、最後に油で揚げた製菓をさす。「からがし」や「とうがし」と読むこともある。また「からくだもの」の読みのまま「唐果物」とも表記する。唐菓子 フレッシュアイペディアより)

  • 寒ざらし

    寒ざらしから見た米粉米粉

    「寒ざらし粉」の別名をもつ白玉粉は、米粉を寒ざらしすることによって作ることができる。長崎県島原市では、冷やした白玉団子に蜜をかけたものを「寒ざらし」と呼んでいる。寒ざらし フレッシュアイペディアより)

125件中 41 - 50件表示

「米粉食品」のニューストピックワード