125件中 51 - 60件表示
  • 白玉

    白玉から見た米粉米粉

    白玉(しらたま)とは、白玉粉と呼ばれる米の粉で作った団子である。白玉 フレッシュアイペディアより)

  • GOPAN

    GOPANから見た米粉米粉

    米パンを米粉の過程を経ずに米そのものから作ることが可能なことから、メーカーは「ライスブレッドクッカー」と呼称している(パンを作るには米以外にもグルテンやイースト菌が必要となる)。GOPAN フレッシュアイペディアより)

  • 行器

    行器から見た米粉米粉

    長野県佐久地方の一部では行器(ほかい・ほけえ)という風習がある。会葬者が、行器に白米または米粉などを詰め、香典と一緒に霊前に供えることを言う。なお行器を使用せず、布袋や紙袋の中に米など入れ、供える行為も「行器」と呼ぶ。また、会葬者が持ち寄った米などを行器添(ほかいぞえ・ほけえぞえ)と言う。行器 フレッシュアイペディアより)

  • 索餅

    索餅から見た米粉米粉

    奈良県では索餅が「しんこ」と呼ばれる団子になり、昔は、うるち米を臼で挽いて米粉にして各家庭で作られた。現在も注文で「しんこ」を作る和菓子店がいくつかあり、婚礼、祭礼、出産祝い、仏事に供えられ、お下がりが配られる。祝い事には赤と緑の線、仏事には黄色と緑の線を色づけすることが多い。また、奈良市にある大安寺の『正御影供(しょうみえく)』で行われる柴灯大護摩では、米の粉を練り、花や豆を形作った飾りとともに、「しんこ」と呼ばれる供え物が作られ、参拝者に配られる。索餅 フレッシュアイペディアより)

  • 十日町すこやかファクトリー

    十日町すこやかファクトリーから見た米粉米粉

    東日本旅客鉄道(JR東日本)が地域振興策(「地域再発見プロジェクト」)の一環として建設を進めてきた工場で、新潟県の食材を取り入れ、主に洋菓子を中心に製造する。魚沼産コシヒカリの米粉に佐渡バターを使用したパウンドケーキ、マドレーヌ、焼きドーナッツなど複数種類の製品がある。十日町すこやかファクトリー フレッシュアイペディアより)

  • ブラン・マンジェ

    ブラン・マンジェから見た米粉米粉

    フランスのみならず、ヨーロッパの他の国々でも宮廷を中心にブラン・マンジェが作られていた。イタリアではビアンコ・マンジャーレ (bianco mangiare)、スペイン語圏ではマンハル・ブランコ (manjar blanco)、ポルトガル語圏ではマンジャル・ブランコ (manjar branco) あるいは単にマンジャルと呼ばれている。国によって製法に違いがあり、ゼラチンではなく米粉やコーンスターチでとろみをつけることが多く、フランスのブランマンジェとは全く違う菓子となっていることもある。例えばボリビア、パナマ、ペルーとコロンビアのマンハル・ブランコはドゥルセ・デ・レチェのことである。アメリカ合衆国では20世紀半ば以降に砂糖を加えたコーンスターチを牛乳で溶き延ばしながら煮詰めたバニラプディングと同一視され、今日ではその名を聞くことも稀となった。ブラン・マンジェ フレッシュアイペディアより)

  • コキス

    コキスから見た米粉米粉

    コキス(Kokis、)は、米粉とココナッツミルクから作る、揚げた甘いスリランカ料理である。伝統的なスリランカ料理だと考えられているが、オランダに由来すると信じられている。スリランカの新年を祝う上で重要な料理である。コキス フレッシュアイペディアより)

  • からすみ (菓子)

    からすみ (菓子)から見た米粉米粉

    からすみは、岐阜県の東濃地方、長野県の木曽郡南部と下伊那郡南西部、愛知県奥三河に伝わる銘菓で、米粉でつくった蒸し菓子のこと。からすみ (菓子) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国立標準技術研究所

    アメリカ国立標準技術研究所から見た米粉米粉

    米粉 (SRM 1568a, $390, 80 g)アメリカ国立標準技術研究所 フレッシュアイペディアより)

  • みだらしだんご

    みだらしだんごから見た米粉米粉

    米粉に水やお湯を加えてこねて、蒸して小さく丸めた餅状のものを、店により異なるが基本的には5個を串に刺す。団子は直径3?5cm程である。みだらしだんご フレッシュアイペディアより)

125件中 51 - 60件表示

「米粉食品」のニューストピックワード