125件中 61 - 70件表示
  • 古代米

    古代米から見た米粉米粉

    他の雑穀と混合されて雑穀飯として食べられることが多いが、日本酒の原料とされたり、米粉として菓子やパン、麺などに使われることもある。古代米 フレッシュアイペディアより)

  • チヂミ

    チヂミから見た米粉米粉

    小麦粉・米粉・水・卵に適当な具(タマネギ・ニラ・ニンジン・ネギなど)を混ぜ合わせ、タネを作る。これにキムチを加えると「キムチチヂミ」、イカやカキ、ホタテの貝柱などの海産物を入れると「海鮮チヂミ」になる。お好み焼きよりも水を多めに加え、やや緩めに作るのが薄く焼くコツである。チヂミ フレッシュアイペディアより)

  • ブリヌイ

    ブリヌイから見た米粉米粉

    薄力粉(またはソバ粉、エンバク、米粉)卵、牛乳、塩、砂糖、ヨーグルトなどを混ぜ合わせた生地をイーストで醗酵させ、専用のフライパンでひまわり油やバターを使って薄く焼き上げる。発酵の過程で炭酸ガスを多く生成させるために長く寝かせ、生地の質感は軽く、焼き上がりの時間は早い。バターをたっぷりと塗ってからスメタナ(サワークリーム)、キャビア、ザワークラウト、魚の燻製などをのせてザクースカ(前菜)としたり、ジャムなどをのせて茶菓やデザートとして食べる。ブリヌイ フレッシュアイペディアより)

  • 生せんべい

    生せんべいから見た米粉米粉

    米粉を水で練り、蒸して団子状にしたものに、砂糖・蜂蜜を加えてさらに練る。これを薄く延ばし、切って乾燥させ、3枚1組にまとめる。生せんべい フレッシュアイペディアより)

  • スナック菓子

    スナック菓子から見た米粉米粉

    スナック(英:snack)とはおやつ、おつまみ、軽食という意味があるが、2008年時点ではJAS法によるスナック菓子の定義は存在しないため、製菓業界が漠然と区分している。製菓、流通小売業界などでは原料にトウモロコシ、米粉、いも類、豆類などの炭水化物を用い、それを食用油で揚げている菓子類をこのように呼んでいる。スナック菓子 フレッシュアイペディアより)

  • チャオトム

    チャオトムから見た米粉米粉

    チャオトム()は、ベトナム中部のフエが発祥の伝統的なベトナム料理である。エビをニンニク、エシャロット、砂糖、茹でた豚の脂身、煎った米粉、ヌクマム、黒コショウと合わせてすり身にし、細く切ったサトウキビを軸にして塗りつけ、焼いたものである。結婚式や祝日等の特別なパーティーの席でしばしば食べられる。チャオトム フレッシュアイペディアより)

  • リ・ファリーヌ

    リ・ファリーヌから見た米粉米粉

    リ・ファリーヌ()は米の粉という意味であるが、特にうるち米を原料にした洋菓子用の米粉を指して用いられる。もち米を原料とするものはリ・ファリーヌ レジェールという。リ・ファリーヌ フレッシュアイペディアより)

  • 常盤堂雷おこし本舗

    常盤堂雷おこし本舗から見た米粉米粉

    3代目穂刈久米一が社長に就任した1996年(平成8年)には経営が悪化していたことから体制の立て直しを実施。安中市と桶川市の工場を閉鎖し大宮工場に一本化したほか、硬い雷おこしが敬遠されるようになったことから時代に合わせて雷おこしを柔らかくする商品開発を行う。従来の雷おこしは米粉100%で製造されていたが、米粉を50%に抑え、残り50%を小麦粉とデンプンにしたことで雷おこしに「フワッとした」感じを出すこと、また水飴の量を減らして硬さと甘さを抑え上品な味付けにすることに成功した。これにより同社の雷おこしは「他社と比較して柔らかく、年配客に人気」であるとの評価がある。また、この商品開発に対しては先代の職人と激しく対立したとも報じられている。常盤堂雷おこし本舗 フレッシュアイペディアより)

  • チャン (酒)

    チャン (酒)から見た米粉米粉

    シコクビエないしソバの粉に加水してよく練る。1990年代以降の報告では、水に浸けた米粉が用いられている。チャン (酒) フレッシュアイペディアより)

  • 針原寿朗

    針原寿朗から見た米粉米粉

    針原 寿朗(はりはら ひさお、1956年8月5日 - )は、日本の農林官僚。元農林水産審議官、住友商事顧問、おかやま米粉麺普及推進ネットワーク顧問、(一社)国力倍増塾理事、(一社)本場の本物ブランド推進機構顧問。針原寿朗 フレッシュアイペディアより)

125件中 61 - 70件表示

「米粉食品」のニューストピックワード