125件中 71 - 80件表示
  • 八朔

    八朔から見た米粉米粉

    福岡県遠賀郡芦屋町では、「八朔の節句」として長男・長女の誕生を祝い、男児は藁で編む「わら馬」、女児は米粉で作る「だごびーな(団子雛)」を家に飾る行事が行なわれており、300年以上続く伝統行事として、国の記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財の選択を受けている。八朔 フレッシュアイペディアより)

  • 北条米

    北条米から見た米粉米粉

    つくば市東新井にあるコート・ダジュールが生産する北条米の米粉を使ったシフォンケーキ。つくば市役所が認定する第1回つくばコレクション(2012年(平成24年)2月)の認定品で、2012年(平成24年)4月29日につくば市葛城根崎にある研究学園駅前公園にて開催された「つくばの食王座決定戦」でスイーツ部門で3位を受賞した。コート・ダジュールでは、ほかにも北条米を使った商品として「北条米バターカステラ」を生産・販売している。北条米 フレッシュアイペディアより)

  • 高校生のコメロンパン

    高校生のコメロンパンから見た米粉米粉

    高校生のコメロンパン(こうこうせいのコメロンパン)は、熊本県立鹿本農業高等学校の生徒らが2008年に開発した、米粉(こめこ)を用いたメロンパン(菓子パン)である。古木屋が製造、阿蘇デリシャスが販売する。高校生のコメロンパン フレッシュアイペディアより)

  • 微塵粉

    微塵粉から見た米粉米粉

    微塵粉(みじん?こ)は、もち米を加工した米粉の一種である。微塵粉 フレッシュアイペディアより)

  • マダガスカル料理

    マダガスカル料理から見た米粉米粉

    マダガスカルの町々にあるキオスクのような小さな売店で、さまざまな種類の焼き菓子や揚げものを買い求めることができる。これらはまとめてムフ( mofo 1 )という名前で知られている。ムフとは日本語でいうところのパンを指す言葉である。その中でも最も一般的なムフが、「マダガスカルのパン」を意味する、ムフガシ( mofo gasy )である。ムフガシは、甘くした米粉に水や牛乳などを混ぜ合わせたものを油を塗った丸い型に流し込み、炭火で焼いて作る。マダガスカル料理 フレッシュアイペディアより)

  • バゲット

    バゲットから見た米粉米粉

    バゲット、バタール、ブール、パン・ド・カンパーニュ、シャンピニオン、エピ、クーペなどに代表される、いわゆるフランスパンは基本的に材料は小麦粉・パン酵母・塩・水・モルトだけで作る。他のパンのように砂糖やバター、卵、乳製品、油類などは加えず単純な材料のみで作る。小麦粉と塩と水だけではパン酵母の発酵がうまくいかないので、小麦粉のデンプンをモルトが糖化して酵母による発酵が進む。パン・ド・カンパーニュなどではライ麦粉も加える(家庭で作るときは、モルトの代わりに少量の砂糖を入れることはある)。ベトナムでは、生地に米粉を加える。バゲット フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン料理

    フィリピン料理から見た米粉米粉

    スペインからもたらされたメリエンダの習慣は多くのフィリピン人の間に残り、白米と副菜、麺類、肉まんが食べられている。プトボンボ(紫餅)、プト(米粉を使った蒸しパン)といった米を使った菓子類、スマンやタマレスといったちまき、ハロハロなど様々な料理が、メリエンダの食卓で供される。かつてはスペインと同様に量が多い昼食が食べられていたが、昼食とメリエンダの内容の違いは無くなっている。遅い時間に夕食を摂るスペイン風のスタイルは廃れ、早く食事を摂るアメリカ風のスタイルに取って代わられた。フィリピン料理 フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア料理

    インドネシア料理から見た米粉米粉

    餅米はルピスやクタンウラップなどの菓子の原料になる。米粉はビーフン(bihun)やクエティアウ(kwetiau、河粉)などライスヌードルの原料になる。小麦からできた麺はミーゴレン、ソトミー(soto mi、汁麺)、ミーアヤム(mi ayam、鶏肉入り汁麺)として食べる。ご飯の替わりや軽い食事として即席ラーメンも食べられており、インドミー・ミーゴレンというインスタントのミーゴレンもある。東インドネシアのモルッカ諸島とパプア島では主食としてサゴヤシのでんぷんを熱湯で溶いて食べる。インドネシア料理 フレッシュアイペディアより)

  • 木徳神糧

    木徳神糧から見た米粉米粉

    2002年(平成14年)- 米粉事業に進出、新潟笹神工場完成。株式会社大阪第一食糧と業務提携。木徳神糧 フレッシュアイペディアより)

  • かりんとう

    かりんとうから見た米粉米粉

    起源については諸説あり、はっきりとはしていない。唐菓子を起源とする説によれば、奈良時代、遣唐使によってもたらされた唐菓子であり、古代の上流階級に「捻頭(むぎかた)」の名で親しまれ、食されたという。江戸時代には関東にも広まり、天保年間には、江戸深川の山口屋吉兵衛が「花りんとう」の名で売り出して一気に評判を呼び、一時の江戸には200人の売り子が出たといわれる。明治初期には東京浅草周辺から庶民の味として親しまれるようになった。なお、現代の中国には「江米条」と呼ばれるかりん糖に似た菓子がある。また、日本の愛知県津島市の津島神社周辺地域(旧・尾張国海東郡、津島神社界隈)には「あかだ」「くつわ」と呼ばれる米粉を用いた昔ながらの油菓子がある。かりんとう フレッシュアイペディアより)

125件中 71 - 80件表示

「米粉食品」のニューストピックワード