125件中 81 - 90件表示
  • 浜乙女

    浜乙女から見た米粉米粉

    パン粉事業では、小麦全粒粉入りパン粉や有機小麦使用生パン粉、健康志向に配慮した「吸油の少ないパン粉」、新潟県産コシヒカリ100%の米粉で作ったパン粉などの新たな高付加価値商品の投入や惣菜関係を含めた業務用の拡販などで売上の維持・拡大を図っている。浜乙女 フレッシュアイペディアより)

  • ブンボーフエ

    ブンボーフエから見た米粉米粉

    ブンボーフエ()は、ベトナム中部都市フエ名物の米粉の麺と牛肉を用いた料理。太麺を用いた牛肉ライスヌードルで、庶民に親しまれている。ブンボーフエ フレッシュアイペディアより)

  • 米粉パン

    米粉パンから見た米粉米粉

    米粉パン(こめこパン)とは、小麦粉などのムギ類ではなく、米粉を利用して製造されたパンのことである。米粉だけのものと、小麦粉などに米粉を混ぜたものがある。米粉パン フレッシュアイペディアより)

  • 阿波ういろ

    阿波ういろから見た米粉米粉

    阿波ういろは、大納言小豆、餅粉・米粉・砂糖等で作られており、独特のもっちりとした食感と小豆の深い味が特徴である。種類には鳴門の塩を用いたものや鳴門金時や栗を用いた「栗ういろ」、こしあんを混ぜて棒状に加工した「棒ういろ」等がある。砂糖の代わりに和三盆、地元産の阿波和三盆糖が使われることもある。阿波ういろ フレッシュアイペディアより)

  • パーパド

    パーパドから見た米粉米粉

    パーパド(???? '''')(別名は左記参照)は南アジアの極薄のクラッカーの様な食品である。作り方は地域毎、また家庭毎に異なるが、一般的にはレンズマメ、ヒヨコマメ、ケツルアズキまたは米粉から作られる。ダクシナ・カンナダ県ではパラミツとサゴヤシのデンプンからパーパドと同様のハッパラ(Happala)と呼ばれる食品が作られる。北インドではレンズマメで作ったパーパドが多く、通常'papad'と呼ばれる。パーパド フレッシュアイペディアより)

  • ライスミルク

    ライスミルクから見た米粉米粉

    一般的なライスミルクは米を砕し米粉にしたものを水に浸して濾過をし濾過液に油と塩を加えて製造される。一方、2015年1月に販売されたライスミルク(GEN-MY)は、酵素糖化製法を用いて、米の澱粉部分を酵素で分解しオリゴ糖にしており、油も塩も使用しない。2015年5月に発売された玄米ライスミルク(キッコーマン)も糖化製法で作られているが、オリゴ糖に分解はしていない。こちらも油も塩も使用していない。また、旭酒造の獺祭ライスミルクも酵素糖化製法で作られている。原料の米は大吟醸酒「獺祭」の原料である酒米(山田錦)の磨く際に出た米糠を有効利用しており、フードロス対策としている。同製品はアレルゲンフリー、グルテンフリーを特色としている。ライスミルク フレッシュアイペディアより)

  • フルグラ

    フルグラから見た米粉米粉

    オーツ麦、ライ麦粉、玄米粉、米粉、小麦ふすま、小麦粉、コーンフラワー、アーモンド、ココナッツを細かくしたものに、シロップを混ぜ合わせる。機械にかけて、生地を平たく延ばして1枚のシート状にする。オーブンでシート状のまま焼き上げ、それを砕く。ドライフルーツ(イチゴ、リンゴ、パパイヤ、レーズン)かぼちゃの種などを加えて混ぜる。そして包装して出荷する。フルグラ フレッシュアイペディアより)

  • インド料理

    インド料理から見た米粉米粉

    パーパド () - レンズ豆、ベーサン、ケツルアズキや米粉で作った薄いクラッカー状の食品。北インドでもよく食べられている。インド料理 フレッシュアイペディアより)

  • ライスヌードル

    ライスヌードルから見た米粉米粉

    ライスヌードル(、 )は、米の粉で作る麺類の総称。太さ、形状、産地によって異なる名称を持つ。米だけでなく、ジャガイモ、タピオカなどのデンプンを加えて食感を向上させたものもある。ライスヌードル フレッシュアイペディアより)

  • バインミー

    バインミーから見た米粉米粉

    19世紀末のフランスによる植民地支配後、パン食の文化がベトナム全土に広がった。ベトナムのフランスパンには米粉が入っており、また非常に空気を多く含んだ軽い食感であるのが特徴である。バインミー フレッシュアイペディアより)

125件中 81 - 90件表示

「米粉食品」のニューストピックワード