前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1147件中 1 - 10件表示
  • ボグダノフ事件

    ボグダノフ事件から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    グリシュカは数学、イゴールは理論物理学の学位論文に拠ってブルゴーニュ大学 (en) の博士号をそれぞれ1999年と2002年に取得した。1999年にグリシュカは学位論文 Quantum fluctuations of the signature of the metric at the Planck scale(『プランクスケールにおける計量符号の量子ゆらぎ』)に対して、大幅に書き直して物理学的内容の数学的側面を強調する事を条件に、珍しい低評価の合格グレードである "honorable" を与えられている。同じ日に、イゴールは学位論文 Topological Origin of Inertia (『慣性の位相幾何学的起源』)の擁護に失敗している。指導教官はその後、査読のある専門誌3誌に論文が掲載できればイゴールへの博士号授与を認める、とした。要件である論文が出版された後、イゴールは3年後に別の話題において指導教官2人の指導の下で学位論文を無事審査通過させることができた。新しい学位論文である Topological State of Spacetime at the Planck Scale(『プランクスケールにおける時空の位相幾何学的状態』)も同じく低評価合格グレードの "honorable" を与えられた。Daniel Sternheimer が『ニューヨーク・タイムズ』紙の科学部記者 Dennis Overbye に述べたところによると、このグレードは滅多に与えられる事がない。ボグダノフ兄弟への博士号授与は正当であるとして、Sternheimer は『タイムズ』紙に対し「彼らは10年間無給で働いた。学位として自身の仕事を認められる権利が彼らにはあり、その学位も今日では大したものではない」と述べた。ボグダノフ事件 フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・タイムズ

    ワシントン・タイムズから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    初代編集長はジェームズ・ウィーラン。その後、1992年から16年の長きにわたり保守派ジャーナリストのウェズリー・プルーデンが務めていた。2008年1月に『ワシントン・ポスト』出身のジョン・ソロモンに交代したが、2009年辞任。2010年にサム・ディーレイ(『ニューヨーク・タイムズ』、CNN出身)が編集長に就任した。ワシントン・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・マケイン

    ジョン・マケインから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    この事件の2日ほど後にマケインはニューヨーク・タイムズのレポーターにこう語っている。「こういった事を言うのは難しい事だが、今、自分は爆弾やナパーム弾によって空母にいた人々に何が起こったかを見た。だから、北ベトナムにこれ以上そういったものを落としたくないという気持ちがある」しかし辞めることは思いもよらないことで、「自分はいつも海軍に所属していたいと思ってきた。自分はここで生まれ、他の職業を選ぶことなど考えたことはない。ただ、組織の中でやっていくことが自分にとっていつも問題になっている」とも語った。ジョン・マケイン フレッシュアイペディアより)

  • エックハルト・トール

    エックハルト・トールから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ロンドン大学を卒業後29歳で「内なる変革」を経験するまでは、人生の大半を落ち込んで過ごしていたという。その後数年間、無職のまま「深い喜びの状態」で彷徨って過ごして、後に精神世界の指導者となった。彼は北米に移り住み、最初の本、The Power of Nowを書き始め、この著作は1997年に出版された。2000年にはニューヨーク・タイムズのベストセラー一覧に掲載された。現在に至るまで10年以上カナダのバンクーバーに居住している。エックハルト・トール フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    シーズン終了後の10月11日には監督の原と、16日には球団代表の土井とそれぞれ会談。前監督の長嶋とも長時間会談し、残留を要請されたが、結論は日本シリーズ後に持ち越した。10月18日には、ニューヨーク・タイムズ紙でニューヨーク・ヤンキースが松井の獲得を狙っていることが報じられた。日本シリーズで西武を下し、日本一の栄冠に輝いた翌日の11月1日、FA権を行使してアメリカ・メジャーリーグへの挑戦を表明。「最後の最後まで悩んで苦しかった。何を言っても裏切り者と言われるかもしれないが、いつか『松井、行ってよかったな』と言われるよう頑張りたい。決断した以上は命を懸ける」と決意を語った。松井はFA宣言をするときに自らを「裏切り者」と発言し、松井の危惧の通り、裏切り者だと考えるジャイアンツファンは一定数存在したが、日本球界全体では松井の成功を祈っていた。むしろ彼がそれだけプロ野球ファンのことを考えている証左だとする賞賛の声や、移籍決断に至るまでの彼の苦悩に対し同情する声が少なくなかった。球団関係者は沈痛な面持ちで「球界の財産である松井選手のアメリカへの流出を防ぐことができず、応援してくださるファン皆さんには何とお詫びしたらいいか……」と、まるで不祥事でも起こしたようなコメントを残した。メジャー球団との交渉にあたって、当初は代理人無しで交渉に臨む予定だったが、米球界の契約内容の複雑さを知った松井は方針を転換し、ジェイソン・ジアンビの代理人としてニューヨーク・ヤンキースと大型契約を締結した実績があるアーン・テレムを代理人に選定した。テレムには「ヤンキースとだけ集中して交渉してほしい。ヤンキースがダメだったら次のことを考えよう」と伝え、ヤンキースへの入団を熱望した。ボストン・レッドソックスやニューヨーク・メッツも松井獲得に名乗りを上げていたが、12月19日にヤンキースと3年総額2100万ドル(当時約25億4100万円)で契約に合意。ニューヨークの新聞各紙は「ゴジラがブロンクスにやってくる」という大見出しをつけた。翌年の1月14日にニューヨーク市内のホテルで行われた入団会見には、日米合わせて約300人の報道陣に加え、球団社長のランディ・レバイン、監督のジョー・トーリ、ロジャー・クレメンス、ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグらも出席した。松井は「ヤンキースはメジャーの中でも素晴らしい伝統がある。素晴らしいプレーヤーがたくさん在籍した球団。自分の中でも一番刺激があるチームで自分の力を存分に発揮したかった」と語った。巨人からFA権を行使して移籍したのは1994年の駒田徳広(横浜へ移籍)以来2人目であった。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤穰一

    伊藤穰一から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    クリエイティブ・コモンズ会長、John S. and James L. Knight Foundation社理事、ニューヨーク・タイムズ社役員、 John D. and Catherine T. MacArthur Foundation社役員なども務める。伊藤穰一 フレッシュアイペディアより)

  • マンスリー・レヴュー

    マンスリー・レヴューから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    雑誌はハーバード大学の経済学教授ポール・スウィージーにより創刊され、彼は最初の編集者になった。ニューヨーク・タイムズ はスウィージーを評して「冷戦とマッカーシー時代の期間、国家の指導的なマルクス主義者の知識人で出版人」という。 マンスリー・レヴュー 創刊号は1949年5月に刊行された。その主要記事は物理学者アルベルト・アインシュタインによる"Why Socialism?" であった。マンスリー・レヴュー フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・バフェット

    ジミー・バフェットから見たニューヨークタイムズニューヨーク・タイムズ

    バフェットは、3作のNo.1ベストセラーを書きました。Tales from MargaritavilleとWhere Is Joe Merchant?両作品とも、ニューヨークタイムズのベスト・フィクション・リストで、7ヵ月以上ヒットしました。また、A Pirate Looks At Fiftyはニューヨークタイムズのベストセラー・ノンフィクションリストですぐさまNo.1となりました。これは歴史上で、フィクションとノンフィクション両方No.1に輝いたという点で彼が7人のうちの著者の1人となりました。これを達成したその他6人は、アーネスト・ヘミングウェイ、ジョン・スタインベック、ウィリアム・スタイロン、アービング・ウォーレス、ドクター・スースとミッチ・アルボムだけです。ジミー・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • クリフトン・レジナルド・ウォートン (ジュニア)

    クリフトン・レジナルド・ウォートン (ジュニア)から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    1970年、ウォートンはミシガン州立大学学長に選任され、アメリカの主要大学において最初の黒人学長となった。ニューヨーク・タイムズ紙はトップ記事として掲載し、「黒ん坊の先導者??クリフトン・ウォートンが再度の栄達 / ミシガン州立大学で新学長選任、白人学生が多数を占める主要大学で初の黒人学長誕生」と報道した。デトロイト・ニュース紙もまた、主要記事として報道した。クリフトン・レジナルド・ウォートン (ジュニア) フレッシュアイペディアより)

  • ハンガー・ゲーム

    ハンガー・ゲームから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    本書執筆後の2006年、コリンズはと数十万ドル規模の契約を交わした。初版発行部数は当初5万部が予定されていたのに対し、最終的に4倍の20万部が発行された。2010年2月の時点で80万部以上を売り上げ、38の地域で版権が売却された。2008年9月から2010年9月まで102週に亘り『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラーリストに名を連ねた。映画化作品が公開された2012年3月時点で、『USAトゥデイ』のリストには135週連続で載り続けており、発行元によると全種類を合わせた書籍の売り上げは2600万ドルに上る。ハンガー・ゲーム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1147件中 1 - 10件表示

「米紙ニューヨーク・タイムズ」のニューストピックワード