前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2038件中 1 - 10件表示
  • ボグダノフ事件

    ボグダノフ事件から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    グリシュカは数学、イゴールは理論物理学の学位論文に拠ってブルゴーニュ大学 (en) の博士号をそれぞれ1999年と2002年に取得した。1999年にグリシュカは学位論文 Quantum fluctuations of the signature of the metric at the Planck scale(『プランクスケールにおける計量符号の量子ゆらぎ』)に対して、大幅に書き直して物理学的内容の数学的側面を強調する事を条件に、珍しい低評価の合格グレードである "honorable" を与えられている。同じ日に、イゴールは学位論文 Topological Origin of Inertia (『慣性の位相幾何学的起源』)の口頭試問に落ちている。指導教官はその後、査読のある専門誌に3本の論文が掲載できればイゴールへの博士号授与を認める、とした。要件である論文が出版された後、イゴールは3年後に別の話題において指導教官2人の指導の下で学位論文を無事審査通過させることができた。新しい学位論文である Topological State of Spacetime at the Planck Scale(『プランクスケールにおける時空の位相幾何学的状態』)も同じく低評価合格グレードの "honorable" を与えられた。Daniel Sternheimer が『ニューヨーク・タイムズ』紙の科学部記者 Dennis Overbye に述べたところによると、このグレードは滅多に与えられる事がない。ボグダノフ兄弟への博士号授与は正当であるとして、Sternheimer は『タイムズ』紙に対し「彼らは10年間無給で働いた。学位として自身の仕事を認められる権利が彼らにはある。もっとも、その学位も今日では大したものではないが。」と述べた。ボグダノフ事件 フレッシュアイペディアより)

  • BMTシー・ビーチ線

    BMTシー・ビーチ線から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    Rapid Transit's Coney Island Route, New York Times November 30, 1897 page 4BMTシー・ビーチ線 フレッシュアイペディアより)

  • 南京戦

    南京戦から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズのダーディン記者は中国軍は16個師団約5万人が参加したが、3万3000が殲滅されこのうち2万名が処刑されたと報道した。偕行社『南京戦史』は、このダーディン記者の推定は概ね妥当とし、さらに中国軍戦闘詳報での78軍が二個団補充、2軍団(10軍)のニ個師、74軍の二個師はいずれも7000兵力で、これを加算すれば6-7万、鎮江-丹陽-東昌街付近をのぞく南京付近の総兵力は65,500〜70,500人と推定する。南京戦 フレッシュアイペディアより)

  • ストックトン銃乱射事件

    ストックトン銃乱射事件から見たThe New York Timesニューヨーク・タイムズ

    Five Children Killed As Gunman Attacks A California School, The New York Times (January 18, 1989)ストックトン銃乱射事件 フレッシュアイペディアより)

  • BMTマートル・アベニュー線

    BMTマートル・アベニュー線から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    "The New Road Opened", The New York Times, April 11, 1888, page 8BMTマートル・アベニュー線 フレッシュアイペディアより)

  • 南京事件論争

    南京事件論争から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ところで、中国軍敗残兵の暴行が日本兵の仕業と誤った可能性や、中国側の漢奸狩りや「堅壁清野作戦」という焼き払い作戦のように中国側も残虐行為を行ったことを東中野修道らは主張している。多数の敗残兵が便衣に着替えて安全区(難民区)に逃れたことは孫宅巍や臼井勝美なども認めている。そして、南京における日本軍の乱暴狼藉と思われる中には、中国側の撹乱工作隊の仕業とされる事件があったと1938年1月4日にニューヨーク・タイムズも報道している。また、ベイツも日本軍の犯行だけではなく、中国人による犯行もあったと記録している。南京事件論争 フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・タイムズ

    ワシントン・タイムズから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    初代編集長はジェームズ・ウィーラン。その後、1992年から16年の長きにわたり保守派ジャーナリストのウェズリー・プルーデンが務めていた。2008年1月に『ワシントン・ポスト』出身のジョン・ソロモンに交代したが、2009年辞任。2010年にサム・ディーレイ(『ニューヨーク・タイムズ』、CNN出身)が編集長に就任した。ワシントン・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • センター・フォー・パブリック・インテグリティ

    センター・フォー・パブリック・インテグリティから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    CPIはウェブサイトで発表した記事を、全米や世界中のメディア・アウトレットに配信している。2004年にはCPIの書籍「The Buying of the President」(買収される大統領)がニューヨーク・タイムズで3ヶ月間ベストセラーになった。センター・フォー・パブリック・インテグリティ フレッシュアイペディアより)

  • エックハルト・トール

    エックハルト・トールから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ロンドン大学を卒業後29歳で「内なる変革」を経験するまでは、人生の大半を落ち込んで過ごしていたという。その後数年間、無職のまま「深い喜びの状態」で彷徨って過ごして、後に精神世界の指導者となった。のちに北米に移り住み、最初の本“The Power of Now”を書き始め、この著作は1997年に出版された。2000年にはニューヨーク・タイムズのベストセラー一覧に掲載された。現在に至るまで10年以上カナダのバンクーバーに居住している。エックハルト・トール フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤穰一

    伊藤穰一から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    PSINet Japan、株式会社デジタルガレージ、Infoseek Japan、など多数のIT関連会社を起業している。デジタルガレージ、カルチュア・コンビニエンス・クラブ、ローソン、マネックスグループ、ソニー、株式会社日本技芸、ニューヨーク・タイムズ、Tucows、Mozilla Foundation、WITNESS、Creative Commons、The John S. and James L. Knight Foundation、マッカーサー基金などのボードメンバーを務める。伊藤穰一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2038件中 1 - 10件表示