2038件中 91 - 100件表示
  • ニコラス・クリストフ

    ニコラス・クリストフから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ニコラス・クリストフ(Nicholas Donabet Kristof、またはNicholas D. Kristof、1959年4月27日 - )は、アメリカ合衆国のジャーナリスト、作家。オピニオン・コラムニストとしてニューヨーク・タイムズ紙やブログで執筆している。配偶者は中国系アメリカ人三世の作家で投資家のシェリル・ウーダン(Sheryl WuDunn 伍潔芳、元ニューヨーク・タイムズ記者)。ニコラス・クリストフ フレッシュアイペディアより)

  • Stop Online Piracy Act

    Stop Online Piracy Actから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズ紙デビッド・カーはSOPAおよびPIPA法案を批判した記事で Google、Facebook、Twitter などの企業が議会に共同声明を提出した件に触れている。カーの引用した声明の一部は次の通りである。「私たちは法案の目的 - 著作権を侵害し著作物を偽造する海外の”ならず者”サイトと闘う手段をさらに与える - との目的には賛同します。ですが、草案によると、米国の合法なインターネット・テクノロジー企業は、ウェブサイト監視につながる民事訴訟問題やその技術的問題など、数々の不明確な法的責任問題に新たにさらされることになります。」 これに対しスミス議員は、記事は「SOPA法案を不当に批判したもの」で、「主張を裏付ける文言が、法案のどこにあるのか示していない。SOPA法案がターゲットにしているのは、何よりもまず違法な侵害行為を行っている海外のサイトであり、米国内のサイトやブログなどはこの法律の適用外だ。」と述べている。スミス議員は続けて、デビッド・カーの記事では議論がエンターテイメント産業とハイテク企業との間で起こっているように仕立てられており、「多様な業種からなる120以上の団体や協会(を含む)」がSOPA法案を支持していることに触れていないことを指摘した。Stop Online Piracy Act フレッシュアイペディアより)

  • 太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。

    太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズは太田と『太田総理』を大きく取り上げた。太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。 フレッシュアイペディアより)

  • 南京事件論争史

    南京事件論争史から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    1987年にはニューヨークで対日索賠中華同胞会(Chinese Alliance for Memorial and Justice)が、1991年には記念南京大虐殺受難同胞連合会(Alliance in Memory of Victims of the Nanking Massacre)が結成された(以下、南京受難連合と表記)。南京受難連合は1989年の昭和天皇の葬儀にブッシュ大統領や中国と台湾政府は出席すべきではないと抗議、1990年の石原慎太郎議員の南京事件発言を告発、1992年の天皇訪中と1994年の天皇訪米に抗議、日本の国連安保常任理事国入りに反対する活動を、ニューヨーク・タイムズ紙での意見広告などを使って米国の世論を喚起してきた。1992年5月2日にはカリフォルニア州クバチーノを拠点として抗日戦争史実維護会(Alliance for Preserving the Truth of Sino-Japanese War)が、1994年12月にはアメリカ、カナダを拠点に世界規模の組織として世界抗日戦争史実維護連合会が結成された。南京事件論争史 フレッシュアイペディアより)

  • スノープス

    スノープスから見たニューヨークタイムズニューヨーク・タイムズ

    スノープスの検証結果を引用するメディアとしてCNN、MSNBC、フォーチュン、フォーブス、ニューヨークタイムズなどが挙げられる。また、ホワイトハウス政権やファクトチェックサイトの同業他社ポリティファクトもスノープスを引用している。スノープス フレッシュアイペディアより)

  • イギリスの戦争の擁護

    イギリスの戦争の擁護から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    イギリスの戦争の擁護(British Authors Defend England's War,またはFamous British Authors Defend England's War)とは、第一次世界大戦中の1914年9月17日、ロンドンにおいてイギリスの代表的作家53人が連名で出した声明。10月18日にはニューヨーク・タイムズに掲載された。イギリスの戦争の擁護 フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・カーター

    ケビン・カーターから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    1994年、ハゲワシが餓死寸前の少女を狙っている『ハゲワシと少女』という写真でピューリッツァー賞を受賞。写真はスーダンの飢餓を訴えたものだったが、1993年3月26日付のニューヨーク・タイムズに掲載されると同紙には絶賛と共に多くの批判が寄せられた。そのほとんどは「なぜ少女を助けなかったのか」というものであり、やがてタイム誌などを中心に「報道か人命か」というメディアの姿勢を問う論争に発展した。ケビン・カーター フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・オバマ

    ミシェル・オバマから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    夫が国の著名な政治家になるにつれて、彼女は大衆文化の一部へとなっていった。2006年3月のEssence誌では、彼女は「世界でもっとも人々を元気づける女性25人の1人」に選出された。 2007年7月、ヴァニティ・フェア誌は彼女を世界のベストドレッサー10人の1人に選んだ。「オプラ・ウィンフリーのLegends Ball」においてアフリカ系アメリカ人女性の道を開く手助けをする'Legends'に貢献した”若者”として名誉あるゲスト出演をしている。 2007年9月、02138誌は、彼女を夫が4度ランクされたことがある第58回の「ハーバードの100人"The Harvard 100"」に選出した。このリストは前年度に最も影響力のあったハーバード卒業生をランキングするものである。 2008年7月、Vaity Fair誌で再び国際的なベストドレッサーのリストに選ばれた。 また、2008年には、ピープル誌にてベストドレッサー(女性)リストに選ばれ、"伝統的で自信に満ちた"容姿であると賞賛された。 彼女をその洗練されているがされすぎでないスタイルからジャクリーン・ケネディと比較するメディアもあり、 またニューヨーク・タイムズなどのメディアでは彼女をファッションセンスからだけでなく、品行からもバーバラ・ブッシュと比較されている(バーバラは規律正しく礼儀正しいことで知られている)。 彼女のファッションセンスは、一般的に2008年の大統領選挙においてシンディ・マケインやサラ・ペイリンのそれよりも多くの票を獲得している。 ミシェルの一連の資質はファーストレディの役割に適切であることを予見させるのである。 しばしば彼女はカルヴァン・クライン,オスカー・デ・ラ・レンタ, Isabel Toledo, ナルシソ・ロドリゲス, Donna Ricco、Maria Pintoといったデザイナーの服を着用している。ミシェル・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • 新井領一郎

    新井領一郎から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    上野国勢多郡(現群馬県桐生市)の農民であったが、明治初期に製糸業と生糸貿易の将来性に着目した兄星野長太郎と連携し、日本製生糸の市場開拓のためニューヨークに渡った。直ちに顧客獲得に取り組み、日本初の生糸直輸出を実現した。有力絹織物業者などとの取引を通して生糸輸出量の飛躍的拡大を図った。絶えず高い品質維持を目指し品質向上にも努め、市場からの高い評価と信頼を勝ち取った。『ニューヨーク・タイムズ』紙は「日米生糸貿易の創始者」"A Founder of Silk Trade With Japan"と評した。生前は「生きたる生糸貿易の歴史」とも称された。佐藤百太郎、森村豊と共に日米貿易の先駆者といわれている。在米日本人とアメリカ人との社会交流を図った日本クラブ(The Nippon Club)と日本文化の発信拠点となった ジャパン・ソサエティ(Japan Society)の創設者の一人。日本ゴルフ協会の年鑑によると、日本にゴルフを広めた日本人初のゴルフ・プレーヤーの一人。名前の英文表記はRyoichiro Arai、Ryosuke Arai、もしくは本人が日頃使用したRioichiro Arai、他人からの呼び名はRyichir Arai。新井領一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ミズ・マーベル (カマラ・カーン)

    ミズ・マーベル (カマラ・カーン)から見たニューヨークタイムズニューヨーク・タイムズ

    原語版単行本 Ms. Marvel Volume 1: No Normal は2014年10月のグラフィックノベル発行数第1位となり、翌月には『ニューヨークタイムズ』ベストセラーリストでペーパーバックのグラフィックブック部門で第2位になった。2015年4月の Ms. Marvel Volume 2: Generation Why は『ニューヨークタイムズ』同部門で第4位、 2015年7月の Ms. Marvel Volume 3: Crushed は第3位となった。ミズ・マーベル (カマラ・カーン) フレッシュアイペディアより)

2038件中 91 - 100件表示