1147件中 21 - 30件表示
  • ヴァルトラウト・マイアー

    ヴァルトラウト・マイアーから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    1990年代、マイヤーはクンドリー役で、バイロイトに加えて1991年のリッカルド・ムーティ指揮のスカラ座プロダクションやパリ・シャトレ座のクラウス=ミヒャエル・グリューバーによるセミヨン・ビシュコフ指揮のヴァージョンなど他の公演にも出演を続けた。1992年にはジェームズ・レヴァイン指揮『パルジファル』のジークフリート・イェルザレムの相手役でメトロポリタン歌劇場へクンドリーとして初出演した。「ニューヨーク・タイムズ」は「ヴァルトラウト・マイアーは、メトでの初めてのクンドリーで賞賛すべき演奏をもたらした。パルジファルへ最初に言い寄る場面は魅力的で穏やかだった。強さと決意を秘め、不気味な平穏さが歌に込められていた。」と報じた。翌年マイヤーは『カヴァレリア・ルスティカーナ』のサントゥッツァとしてメトに戻った。この公演について「ニューヨーク・タイムズ」はこう書いている:ヴァルトラウト・マイアー フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ホルブルック

    リチャード・ホルブルックから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ホワイトハウスで働いた後は国務省に戻り、 ニコラス・カッツェンバック国務次官の特別補佐官を務めた。この後、民主党のジョンソン政権から共和党のニクソン政権へと政権が交代したが、ホルブルックは次のエリオット・リチャードソン国務次官の下でも引き続き特別補佐官職に留まり、しばらくの間職務にあたった。特別補佐官在職中の1968年にベトナムとの和平を目指して開始されたパリでの秘密交渉においては、W・アヴェレル・ハリマン元ニューヨーク州知事とサイラス・ヴァンス国防副長官の2人を首席代表とする代表団の一員に加わっているほか、この他にもベトナム戦争の秘密報告書で、のちにニューヨーク・タイムズ紙がスクープしたことで知られるペンタゴン・ペーパーズの作成にも携わっている。リチャード・ホルブルック フレッシュアイペディアより)

  • アイ・アム・キューブリック!

    アイ・アム・キューブリック!から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    そんな詐欺行為の数々は、アランが偽者であることを確認したニューヨーク・タイムズの劇評家フランク・リッチの記事によって白日の下にさらされる。するとアランは精神を病んだふりをして逮捕を免れ、精神病院に入院する。病院でも巧みな演技で主治医を騙し、遂にはセレブ御用達の「リミニ・クリニック」に送られることになる。アイ・アム・キューブリック! フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・セント・ジョン

    ロバート・セント・ジョンから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    シセロを去った後はAP通信に入社し、フランクリン・ルーズベルトの政治キャンペーンを取材した。その後は戦場レポーターの職を求めてパリに渡り、AP通信のブダペスト支局に勤める。第二次世界大戦が始まると戦況をレポートしたが、バルカン半島で乗っていた軍用列車をドイツ軍に爆撃されて重傷を負った。1942年に帰国し、ユーゴスラビアの戦況をまとめた"From the Land of the Silent People"を発表、ベストセラーになる。その後、ロンドンのNBCラジオのニュースキャスターとなり、終戦を見届けた。1948年には新たにユーゴスラビアについてまとめた"The Silent People Speak."を発表したが、ニューヨーク・タイムズの書評で共産主義の「無意識の同調者」だと疑いを持たれた。このことが原因となり、マッカーシズムに巻き込まれてNBCを解雇される。その後は、フリーのジャーナリストとして世界中を旅し、ダヴィド・ベングリオンとガマール・アブドゥル=ナーセルの伝記を含む中東関連の本を8冊発表した。ロバート・セント・ジョン フレッシュアイペディアより)

  • クーリエ・ジャポン

    クーリエ・ジャポンから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズ (The New York Times)』クーリエ・ジャポン フレッシュアイペディアより)

  • ヒース・レジャー

    ヒース・レジャーから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    2006年公開のオーストラリア映画『キャンディ』では、ドラッグに溺れる詩人志望の役柄を演じた。映画自体は『ブロークバック・マウンテン』以前に撮られていたが、公開は2006年まで先延ばしにされていた。低予算で作られた映画だったが、『ブロークバック・マウンテン』以降のヒース・レジャーの人気もあって、公開されるとそれなりの興行収入を叩きだした。彼の演技も「レジャーは、まっすぐに生きられない人間を、傑出した才能で演じた」「彼は冒頭からキャラクターになりきっている」(『ニューヨーク・タイムズ』)と評されるなど、批評家から高い評価を受けた。ヒース・レジャー フレッシュアイペディアより)

  • ジャネット・イヴァノヴィッチ

    ジャネット・イヴァノヴィッチから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ジャネット・イヴァノヴィッチ(Janet Evanovich、旧姓:シュナイダー (Schneider) 、1943年4月22日 - )は、アメリカ合衆国の作家。ステッフィー・ホール (Steffie Hall) 名義で短編の現代ロマンス小説でデビューしたが、名を知られるようになったのはステファニー・プラムが主人公のミステリシリーズからである。ステファニー・プラムは、ニュージャージー州トレントン出身のランジェリーバイヤーで、後に失職しバウンティハンター(賞金稼ぎ)に転身する。シリーズ18作はいずれもニューヨーク・タイムズやAmazon.comのベストセラーリストに名を連ねている。ジャネット・イヴァノヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ・ビルディング

    ニューヨーク・タイムズ・ビルディングから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    高さはクライスラービルと同じ319m(軒高は228m)、52階建て。2009年の時点で、クライスラービルと共にニューヨークで3番目に高いビルである。ビルの所有者はニューヨーク・タイムズを発行しているニューヨーク・タイムズ・カンパニーと、フォスター・シティー・エンタープライズ。主要なテナントはニューヨーク・タイムズ、ボストン・グローブ、インターナショナル・ヘラルド・トリビューンである。ニューヨーク・タイムズ・ビルディング フレッシュアイペディアより)

  • 艾未未

    艾未未から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    2006年、艾未未と HHF Architects は、ニューヨーク州のハドソン川沿いにあるコロンビア郡で、投資家で美術コレクターのクリストファー・ツァイ(Christopher Tsai)の私邸を設計した。ニューヨーク・タイムズによれば、2008年に完成したこの家は中国現代美術のコレクションを納めるために作られるものであったという。艾未未 フレッシュアイペディアより)

  • アロイジエ・ステピナツ

    アロイジエ・ステピナツから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    1946年10月13日、ニューヨーク・タイムズ紙はこう書いた。"大司教ステピナツの裁判は、前もって決められた結果に沿った政治的なものだった。このクロアチア人高位聖職者の裁判と判決は、人種、性別、言語、信条に関係なく人権と全ての基本的自由権を尊重するというユーゴスラビアの誓約と矛盾する。大司教ステピナツは、共産主義の敵であるというだけで有罪を宣告され、反教会運動の一部分として投獄されるだろう"。在アメリカ・ユダヤ人協会は、このように厳しい姿勢を表明した。"ステピナツは、反ナチスを表明することが非常に難しく危険であった頃、ヨーロッパで当時のナチス独裁政治に反対する声をあげた非常に希な人物であった。"。1946年11月1日、ウィンストン・チャーチルは裁判についてイギリス下院に宛てて書き、その結果について大きな悲しみを表明した。ステピナツの不在で、ベオグラード大司教ヨシップ・ウイツィッチがユーゴスラビア司教会議議長代理に就任し、ステピナツの死までその職位を務めた。アロイジエ・ステピナツ フレッシュアイペディアより)

1147件中 21 - 30件表示

「米紙ニューヨーク・タイムズ」のニューストピックワード