1147件中 31 - 40件表示
  • アメリカ地理学協会

    アメリカ地理学協会から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    協会の歴代会長には、様々な背景の人々がおり、ニューヨーク市長もいれば、『ニューヨーク・タイムズ』紙の編集長もいた。初代会長だったジョージ・バンクロフトは、アメリカ合衆国の歴史家、政治家であり、中等教育の普及と公共政策の推進に顕著な功績があった。アメリカ地理学協会 フレッシュアイペディアより)

  • 山本紅浦

    山本紅浦から見たニューヨークタイムズニューヨーク・タイムズ

    画家・国吉康雄がアート・スチューデンツ・リーグの教諭であったため、紅浦は病院で臥せる国吉にお見舞いに行っていた。 作家・三島由紀夫のアメリカ版の7冊の本のカバーデザインを担当Putnam's Sons/Perigee Books。コロンビア大学やニューヨーク大学で特別講師をするなど、日本伝統墨絵をニューヨークで広める第一人者である。ニューヨークタイムズ紙・ニューヨークポスト紙・アメリカの墨絵ソサエティなどで取り上げられている。戦後、ニューヨークでは、八島太郎(岩松淳)が主催するアートグループの八島スタジオに入り、多くの芸術家たちと交流する。アメリカ合衆国向けではあるが長野オリンピックの新聞掲載されたプロモーション用の”寿”は、紅浦が担当した。山本紅浦 フレッシュアイペディアより)

  • ロクサナ・サベリ

    ロクサナ・サベリから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    イラン政府強硬派がオバマ大統領の努力の矛先をテヘランに向けるようにしている。イランの大統領マフムード・アフマディーネジャードの動きは彼女が抗告招集された際、サベリへのより徹底した防衛を提示しており、この動機を疑わせる。しかしニューヨーク・タイムズの2009年4月29日の分析では、この対立は強硬派と穏健派の間になく、強硬派の中に起きているとされる。この記事は強硬派が政府の監視下にない63の港を持っており、アメリカが経済制裁を解くのであれば資金の喪失に耐えることを確信している。これは和解に反対する金銭的動機になっている。ロクサナ・サベリ フレッシュアイペディアより)

  • ウォール街を占拠せよの年表

    ウォール街を占拠せよの年表から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    9月23日(7日目)– ズコッティ公園は通りを挟んで向かいにあるニューヨーク市の金融拠点であるにちなんで「リバティ・プラザ()」と呼ばれるようになった。コルベア・リポートが参加者や抗議運動について報じているガーディアンやニューヨーク・タイムズを含む主要紙を風刺する放送をした。ウォール街を占拠せよの年表 フレッシュアイペディアより)

  • Stop Online Piracy Act

    Stop Online Piracy Actから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズ紙デビッド・カーはSOPAおよびPIPA法案を批判した記事で Google、Facebook、Twitter などの企業が議会に共同声明を提出した件に触れている。カーの引用した声明の一部は次の通りである。「私たちは法案の目的 - 著作権を侵害し著作物を偽造する海外の”ならず者”サイトと闘う手段をさらに与える - との目的には賛同します。ですが、草案によると、米国の合法なインターネット・テクノロジー企業は、ウェブサイト監視につながる民事訴訟問題やその技術的問題など、数々の不明確な法的責任問題に新たにさらされることになります。」 これに対しスミス議員は、記事は「SOPA法案を不当に批判したもの」で、「主張を裏付ける文言が、法案のどこにあるのか示していない。SOPA法案がターゲットにしているのは、何よりもまず違法な侵害行為を行っている海外のサイトであり、米国内のサイトやブログなどはこの法律の適用外だ。」と述べている。スミス議員は続けて、デビッド・カーの記事では議論がエンターテイメント産業とハイテク企業との間で起こっているように仕立てられており、「多様な業種からなる120以上の団体や協会(を含む)」がSOPA法案を支持していることに触れていないことを指摘した。Stop Online Piracy Act フレッシュアイペディアより)

  • ヴォーグ (雑誌)

    ヴォーグ (雑誌)から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ウィンターの昔のアシスタントローレン・ワイズバーガーは『プラダを着た悪魔』というタイトルの実話モデル小説を書いた。小説は2003年のベストセラーとなり、2006年に映画化された。小説の主人公はワイズバーガーに似ていて、彼女のボスは強力な編集長である。小説は支配される雑誌を描写しており、これは「反キリストと彼女のファッションモデルのグループはタバコ、ドクターペッパーとミックス野菜サラダで生活している」という『ニューヨーク・タイムズ』の批評に一致する。ワイズバーガーは小説の中で雑誌を支配するエディタは実在すると述べた、「派手な服を大量に持ち、口先だけの浅はかな苦々しい女性は、そう多くはいない」。しかし、小説と映画の両方の成功は新しい注目を集めるきっかけとなった。ヴォーグ (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • エッグベネディクト

    エッグベネディクトから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    クレイグ・クレイボーンは、1967年9月の『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』のコラムでフランスに移住したアメリカ人、エドワード・P・モンゴメリーからの手紙を紹介した。モンゴメリーは、この料理は1920年に86歳で亡くなった銀行家でヨット乗りのイライアス・コーネリアス・ベネディクトが作ったと述べた。モンゴメリーはまた、イライアスの友人である伯父から母が受け取ったとするエッグベネディクトのレシピを一緒に送った。エッグベネディクト フレッシュアイペディアより)

  • 宇野正美

    宇野正美から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    また、世界の様々な事象の背後に存在するユダヤ人の「影響力」、世界を支配する4つの要素(石油、穀物、金融、情報)におけるユダヤ人の「支配力」に目を瞠っていた。具体的には、独占的な資源メジャーである、石油メジャー(ロイヤル・ダッチ・シェル、エクソン、ブリティッシュ・ペトロリアム、テキサコ、モービル、シェブロン)、穀物メジャー(アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド、ブンゲ、カーギル、ルイ・ドレフュス)、金融(FRB、BIS、IMF、投資銀行、証券会社)、情報の国際的通信社(ロイター、AP通信、UPI通信社、AFP通信)、世界的新聞社&マスメディア(タイムズ、フォーチューン、ニューズウィーク、ニューヨーク・タイムズ、ニューヨーク・ポスト、ウォールストリート・ジャーナル、ワシントン・ポスト)、IBMなどコンピュータ関連企業などである。宇野正美 フレッシュアイペディアより)

  • パナイ号事件

    パナイ号事件から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    同日午前10時頃、『ニューヨーク・タイムズ』上海支局長ハレット・アベンド氏を旗艦「出雲」に呼んで、長谷川中将は「遺憾ながらパナイ号を撃沈した」ことを伝え、日本は謝罪と相応の賠償することを言及した。そのときに同席していた三並貞三少将は「パナイ号撃沈を命じたのは誰か」という質問に対し、「それは陸軍のBAD BOYだ、海軍の過ちではないのだ」と答えた。同日午後、長谷川中将が米アジア艦隊旗艦の巡洋艦「オーガスタ」とヤーネル提督を直々に訪問して遺憾の意を表した。パナイ号事件 フレッシュアイペディアより)

  • ステイシー・シフ

    ステイシー・シフから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ステイシー・シフ(Stacy Schiff、1961年10月26日 - )は、ピューリッツァー賞を受賞したアメリカ合衆国のノンフィクション作家、『ニューヨーク・タイムズ』のゲストコラムニスト。ステイシー・シフ フレッシュアイペディアより)

1147件中 31 - 40件表示

「米紙ニューヨーク・タイムズ」のニューストピックワード