2038件中 41 - 50件表示
  • アグリー・クリスマス・セーター

    アグリー・クリスマス・セーターから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    アグリー・クリスマス・セーターは1990年代から2000年代にかけて、ジョークギフトとしてクリスマスの人気アイテムの一つになった。ニューヨーク・タイムズやインデペンデントによれば、1980年代のイギリスBBCの子供向けチャンネル(CBBC)で人気パペット「ゴードン・ザ・ゴーファー」(Gordon the Gopher)のクリスマス特番で歌手のアンディ・ウィリアムスがアグリー・クリスマス・セーターを着用して登場したのが、人気に火がついたきっかけである。また、TIMEやオンライン辞書のUrban Dictionaryでは、コメディアンのビル・コスビーがコメディ番組のコスビー・ショーで1980年代から着ていた派手なセーターがトレンドのルーツだとしている。アグリー・クリスマス・セーター フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルトラウト・マイアー

    ヴァルトラウト・マイアーから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    1990年代、マイヤーはクンドリー役で、バイロイトに加えて1991年のリッカルド・ムーティ指揮のスカラ座プロダクションやパリ・シャトレ座のクラウス=ミヒャエル・グリューバーによるセミヨン・ビシュコフ指揮のヴァージョンなど他の公演にも出演を続けた。1992年にはジェームズ・レヴァイン指揮『パルジファル』のジークフリート・イェルザレムの相手役でメトロポリタン歌劇場へクンドリーとして初出演した。「ニューヨーク・タイムズ」は「ヴァルトラウト・マイアーは、メトでの初めてのクンドリーで賞賛すべき演奏をもたらした。パルジファルへ最初に言い寄る場面は魅力的で穏やかだった。強さと決意を秘め、不気味な平穏さが歌に込められていた。」と報じた。翌年マイヤーは『カヴァレリア・ルスティカーナ』のサントゥッツァとしてメトに戻った。この公演について「ニューヨーク・タイムズ」はこう書いている:ヴァルトラウト・マイアー フレッシュアイペディアより)

  • ロクサナ・サベリ

    ロクサナ・サベリから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    イラン政府強硬派がオバマ大統領の努力の矛先をテヘランに向けるようにしている。イランの大統領マフムード・アフマディーネジャードの動きは彼女が抗告招集された際、サベリへのより徹底した防衛を提示しており、この動機を疑わせる。しかしニューヨーク・タイムズの2009年4月29日の分析では、この対立は強硬派と穏健派の間になく、強硬派の中に起きているとされる。この記事は強硬派が政府の監視下にない63の港を持っており、アメリカが経済制裁を解くのであれば資金の喪失に耐えることを確信している。これは和解に反対する金銭的動機になっている。ロクサナ・サベリ フレッシュアイペディアより)

  • 外国情報監視法

    外国情報監視法から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    2005年末、ニューヨーク・タイムズのスクープによって、2001年のアメリカ同時多発テロ事件以降、ジョージ・W・ブッシュ大統領は令状を取らない大規模な通信傍受を国家安全保障局(NSA)に認めていたことが明るみに出た。本法が定める令状がとられないまま、米国市民数千人が監視の対象となっている可能性があったとして、多くの訴訟が起こされ政権側に不利な司法判断が相次いだ。外国情報監視法 フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・エバーショフ

    デヴィッド・エバーショフから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    最初の小説『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』を2000年に発表。リリー・エルベ、性適合手術を史上最初に受けた人物の話である。ローゼンタール財団賞とラムダ文学賞を受賞。ニューヨーク公立図書館のヤング・ライオンズ賞、アメリカ図書館協会賞の最終選考に残る。ニューヨーク?タイムズの「注目の本」になった。デヴィッド・エバーショフ フレッシュアイペディアより)

  • シャネルNo.5

    シャネルNo.5から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    シャネルは、「パルファム・シャネル」とヴェルテメールを相手取った訴訟を起こし、戦略を拡大した。法廷闘争に加え、大きな広告も出した。1946年6月3日のニューヨーク・タイムズには次のような記事が掲載された。シャネルNo.5 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・クルーグマン

    ポール・クルーグマンから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    2000年からニューヨーク・タイムズのコラムを担当している。ポール・クルーグマン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・C・マクスウェル

    ジョン・C・マクスウェルから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ジョン・カルヴァン・マクスウェル(John Calvin Maxwell、1947年 - )は、アメリカ合衆国の著作家、講演者、牧師であり、おもにリーダーシップに焦点を当てた多数の著作を発表している。代表的著書には、『統率者の哲学 リーダーシップ21の法則 (The 21 Irrefutable Laws of Leadership)』、『リーダーシップ人間力の鉄則:部下の心に火をつける21の資質 (The 21 Indispensable Qualities of a Leader)』がある。彼の著書は数百万部が売れたとされ、その一部は『ニューヨーク・タイムズ』紙の The New York Times Best Seller list に取り上げられた。ジョン・C・マクスウェル フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・セント・ジョン

    ロバート・セント・ジョンから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    シセロを去った後はAP通信に入社し、フランクリン・ルーズベルトの政治キャンペーンを取材した。その後は戦場レポーターの職を求めてパリに渡り、AP通信のブダペスト支局に勤める。第二次世界大戦が始まると戦況をレポートしたが、バルカン半島で乗っていた軍用列車をドイツ軍に爆撃されて重傷を負った。1942年に帰国し、ユーゴスラビアの戦況をまとめた"From the Land of the Silent People"を発表、ベストセラーになる。その後、ロンドンのNBCラジオのニュースキャスターとなり、終戦を見届けた。1948年には新たにユーゴスラビアについてまとめた"The Silent People Speak."を発表したが、ニューヨーク・タイムズの書評で共産主義の「無意識の同調者」だと疑いを持たれた。このことが原因となり、マッカーシズムに巻き込まれてNBCを解雇される。その後は、フリーのジャーナリストとして世界中を旅し、ダヴィド・ベン=グリオンとガマール・アブドゥル=ナーセルの伝記を含む中東関連の本を8冊発表した。ロバート・セント・ジョン フレッシュアイペディアより)

  • ウォール街を占拠せよの年表

    ウォール街を占拠せよの年表から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    9月23日(7日目)– ズコッティ公園は通りを挟んで向かいにあるニューヨーク市の金融拠点であるにちなんで「リバティ・プラザ()」と呼ばれるようになった。コルベア・リポートが参加者や抗議運動について報じているガーディアンやニューヨーク・タイムズを含む主要紙を風刺する放送をした。ウォール街を占拠せよの年表 フレッシュアイペディアより)

2038件中 41 - 50件表示