1147件中 41 - 50件表示
  • The Oatmeal

    The Oatmealから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    The Oatmeal(ザ・オートミール)は、アメリカ合衆国・シアトル在住のマシュー・インマン(Matthew Inman)が運営するコミックウェブサイトである。ウェブサイトはインマンによって描かれたコミックが主体となっているが、コミック付きのエッセイなどを掲載することもある。1ヶ月間の訪問者数はおよそ460万、ページビューは2000万ビューにもおよぶ。ニューヨーク・タイムズのベストセラー作家である。The Oatmeal フレッシュアイペディアより)

  • ノリミツ・オオニシ

    ノリミツ・オオニシから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ノリミツ・オオニシ(Norimitsu Onishi, 日本名:大西 哲光)は、日系カナダ人のジャーナリスト。ニューヨーク・タイムズ記者。ノリミツ・オオニシ フレッシュアイペディアより)

  • サンドラ・デイ・オコナー

    サンドラ・デイ・オコナーから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    1952年に、ジョン・ジェイ・オコナー三世(John Jay O’Connor, III)と結婚し、スコット、ブライアン、ジェイの三子をもうけた。ジョン・ジェイ・オコナーは、17年以上にわたってアルツハイマー病と闘っており、サンドラ・オコナーは、この病気に関する一般の理解を得る運動に深く関わっている。2007年11月のCNNの報道によると、ジョンは、記憶力が低下してきており、長年の家族との絆の記憶を失ってきた結果、現在収容されている施設に新しく好きな女性ができるなど、家族にとって状況は悪化している。また、2007年11月14日付のニューヨーク・タイムズ紙の記事、『アルツハイマー、そして愛に囚われて(Seized by Alzheimer’s, Then Love)』によると、オコナー家の人たちは、そうであっても彼女の55年来の夫が満足なのであれば幸福であると述べている。サンドラ・デイ・オコナー フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ウイグル騒乱

    2009年ウイグル騒乱から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズ紙は、暴動が7月5日の18時以降に始まったとする目撃情報を伝えている。デモ隊と警察が対峙し、デモ隊と警察の衝突により、各地で放火、車輌破壊が発生した。暴動発生時には、少なくとも1,000名が暴動に加わっており、その後暴徒の数は約3,000名に膨れ上がった。AFP通信が目撃者の証言として伝えるところでは、約3,000名のデモ隊と警察が対峙し、デモ隊の中には棍棒やナイフで武装している者もいたとしている。2009年ウイグル騒乱 フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ディラン (アルバム)

    ボブ・ディラン (アルバム)から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    このアルバムでは、ソングライターとしてのディランの面目はまだ十分発揮されていないが、シンガーとしての基本的なスタイルとギター演奏やハーモニカ演奏における卓越性を聴くことができる。それは、アコースティック・ギター及びハーモニカによるドライブ感溢れる伴奏と、しゃがれ声による荒削りなボーカルであるが、一般の嗜好には必ずしも合わないものであった。だが、その声は意識的に作り出したものであり、後の『ナッシュヴィル・スカイライン』(1969年)などに示された声が、彼本来のものであるという説もある。1961年9月のニューヨーク・タイムズに発表されたロバート・シェルトンによるコンサート・レビューでは、彼の歌唱について、「決してきれいではないが、南部の労働者の想念の持つ粗野な美をとらえようとしており、殻と樹皮がそのまま残された、燃えるような強さに満ちている」という評価がされている(このレビューは後述のようにレコード化に力があったもので、ライナー・ノーツにも記載された)。ディランが歌を学んだジャック・エリオットも同じような声で歌っており、労働者の生活感情を表現するためのスタイルとして確立されていたものである。ボブ・ディラン (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • カトリック教会の性的虐待事件

    カトリック教会の性的虐待事件から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    2010年3月、ニューヨーク・タイムズが、ベネディクト16世自身が枢機卿在任時代に司祭の虐待事件をもみ消していたという疑惑を報じたことにつき教皇側が強く反発したことから、同年3月28日にはロンドンで教皇の退位を要求する抗議デモが行われ、3月30日には、アメリカ合衆国の弁護士が、教皇が司祭による性的虐待を知りながら事件を隠匿したとして、教皇を証人として出廷させるよう裁判所に要請した。カトリック教会の性的虐待事件 フレッシュアイペディアより)

  • チャック・ノリス

    チャック・ノリスから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    作家や政治評論家としてコラムニスト、ニュース番組のコメンテーター、アンカーマン、人気討論番組の共同ホストとしても活躍。3冊の著書がニューヨーク・タイムズにてベストセラーにランクインし、ベストセラー作家としても多くの著作を持つ。2008年アメリカ大統領選挙を収めたドキュメンタリー映画 『Mile High: How to Win... and Lose... the White House』は候補者を始め、全米を代表する政治家、ジャーナリスト、アンカーマンらへのインタビューで構成された映画であるが、俳優からはただひとりチャック・ノリスだけが登場していることでも、作家、評論家としての彼の政治への影響力を窺い知ることができる。チャック・ノリス フレッシュアイペディアより)

  • ゴア・ヴィダル

    ゴア・ヴィダルから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ニューズウィークのある批評家は「エドマンド・ウィルソン以来最良の万能の作家」とヴィダルを評した。彼は21歳でアラスカ州での軍務経験を元にした最初の小説Williwawを出版した。2年後に発表された同性愛をテーマにした『都市と柱(The City and the Pillar)』は論争を引き起こした。アメリカ国内では「背徳の書」「反アメリカ的」とまで罵倒され、ヴィダルはニューヨーク・タイムズにそれ以降出版した本の書評を拒絶される羽目にまで陥った。しかし、海外のゲイ作家達、トーマス・マン、アンドレ・ジッド、E・M・フォースター、クリストファー・イシャーウッドらがこの小説の先見性と見事な青春小説としての側面を評価し、弁護に立ち上がった。以後、ヴィダルの小説は、アメリカよりもイギリスを中心にヨーロッパの批評家達に認められていくこととなる。同書は「J.T.」に捧げられていたが、「J.T.」とは誰かという噂が広まり、ヴィダルは結局それを明らかにせざるを得なかった。「J.T.」はセント・オールバンズ・スクールの同級生ジミー・トリンブルであった。トリンブルは1945年6月1日に硫黄島の戦いで戦死し、ヴィダルは後に回想録Palimpsest(1995) で自分が精神的にも肉体的にも愛した人はトリンブル一人だけだったと告白した。ゴア・ヴィダル フレッシュアイペディアより)

  • グリエルモ・マルコーニ

    グリエルモ・マルコーニから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    タイタニック号に乗船していた2人の無線技師は、ホワイト・スター・ラインに雇われていたわけではなく、マルコーニ無線電信会社 (en) の社員だった。タイタニック沈没後、生存者がキュナード・ラインのカルパチア号に救助された。生存者名簿を無線で最初に受信したのもマルコーニ社の社員だったデイヴィッド・サーノフである。カルパチア号とサーノフは72時間に渡って通信したとされているが、近年の歴史家にはサーノフの関与を疑問視する向きもある。カルパチア号がニューヨークに入港すると、タイタニック号に乗船していて救助された無線技師と話をするため、マルコーニはニューヨーク・タイムズの記者に同行して乗船した。1912年6月18日、タイタニック沈没の件を調査する法廷で、マルコーニは船舶電信の機能と緊急時の規定についての証拠を提出した。イギリスの郵政公社総裁は「救助された人々はマルコーニ氏と氏の素晴らしい発明に救われた」と述べている。グリエルモ・マルコーニ フレッシュアイペディアより)

  • オノ・ヨーコ

    オノ・ヨーコから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    2001年のアメリカ同時多発テロ後13日目に当たる2001年9月23日、オノは、ニューヨーク・タイムズの日曜版に"Imagine all the people living life in peace"という一面広告を掲載した。アメリカでは"Peace"の意味は日本人が思い描く平和の概念と異なり、鎮静という意味が語源であるため、例えばアメリカ政府が日本に原爆を投下した成果を確認後"peace"と言う言葉を用いる。そのためオノが9.11の成果を確認し、"peace"と発表したような誤解を与え、さらに13日目ということもあって、アメリカ政府は、放送局にレノンの「イマジン」のオンエアの自粛を求めた。オノ・ヨーコ フレッシュアイペディアより)

1147件中 41 - 50件表示

「米紙ニューヨーク・タイムズ」のニューストピックワード