1147件中 51 - 60件表示
  • 顔文字

    顔文字から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズが掲載したBryan Benilousによって発見されたアブラハム・リンカーンによって1862年に書かれたスピーチの写しは ";)" を含んでいた。これは顔文字なのか誤植なのか適切な句読点の表現なのかが議論されている。また、19世紀のタイプライタ雑誌にも『 ;) 』という顔文字が発見されており、コンピュータ以前のタイプライタ時代にまで遡ることができる。顔文字 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・クライトン

    マイケル・クライトンから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    イリノイ州シカゴにてジョン・マイケル・クライトンとして生まれる。父はジャーナリスト。2人の姉妹と弟が1人いる。ニューヨーク州のロングアイランドで育った。子供のころから文章を書くのが好きで、14歳のときにはニューヨーク・タイムズの旅行関連のコラムに文章が採用されたことがある。そのころから作家を志していた。1960年、ハーバード大学のハーバード・カレッジに入学。そこで、彼の作風を批判して異常に低い点をつける文学の教授に出会い、ある実験を試みることにした。彼はその疑惑を他の教授に伝えた上で、ジョージ・オーウェルの作品を故意に盗用したレポートを問題の教授に提出した。するとその教授は "B-" の評価をつけてレポートを返したという。こうした問題もあって、クライトンは英文学から自然人類学に転向し、そちらで1964年に学士号を取得した。1965年にはケンブリッジ大学で人類学の客員講師を務めたこともある。マイケル・クライトン フレッシュアイペディアより)

  • タイムズスクエア

    タイムズスクエアから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    以前の名称はロングエーカー・スクエア (en) であり、ニューヨーク・タイムズの本社が現在のワン・タイムズスクエア(大晦日にボールドロップのイベントが行われる場所)に移転してきたことから、1904年4月に現在の名称であるタイムズ・スクエアに改称された。タイムズスクエア フレッシュアイペディアより)

  • USAトゥデイ

    USAトゥデイから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    USAトゥデイは、色彩豊かで活字も大きく、図解、図表や写真をふんだんに盛り込んでおり、1980年代に、ウォールストリート・ジャーナル(208万部)やニューヨーク・タイムズ(103万部)などの、味気ない文字ばかりの新聞の代替物の提供を旗印にして発刊された。この新聞は、商業的には成功を収めているが、人を見下すような論調をもち、ニュースを卑小化する傾向があるとの批判をする者もいる。USAトゥデイ フレッシュアイペディアより)

  • 南京大虐殺論争

    南京大虐殺論争から見たニューヨークタイムズニューヨーク・タイムズ

    肯定派は「国際連盟では話題にならなかったが当時の欧米メディアは虐殺を伝えていた」と反論している。日本軍の南京入城後『ニューヨークタイムズ』などでは「南京の暴虐」などとして取り上げられ、また日本の外交官宛にイギリス人外交官が「市民への虐殺被害」を外電で報告しており、日本政府(もしくは軍部)は早い段階でこの事件を認知していたのではないかとしている。南京大虐殺論争 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・クルーグマン

    ポール・クルーグマンから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    時の権力者や経済学の先人たちそして通説をバッサリ切り捨てる容赦ない批判姿勢は、激しい反発や非難を受けることが常だった。ニューヨーク・タイムズに寄稿するコラムがマーケットを動かすと言われるほどの影響力を持つ。ポール・クルーグマン フレッシュアイペディアより)

  • 太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。

    太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズで、太田と『太田総理』を大きく取り上げた。 同紙記者ノリミツ・オオニシのインタビューに答える太田は、様々な持論を展開した。太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。 フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルス・タイムズから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ロサンゼルス・タイムズ(英語:Los Angeles Times)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州・ロサンゼルスで発行され、主にアメリカ合衆国西部で購読される日刊紙。しばしば「L.A. Times」とも呼ばれる。米国内での発行部数はUSAトゥデイ(211万部)、ウォールストリート・ジャーナル(208万部)、ニューヨーク・タイムズ(103万部)に次いで第4位(72万部)。創刊は1881年。米国の地方紙としてはニューヨーク・タイムズに次ぐ規模である。ロサンゼルス・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    現役メジャーリーガーとしては小柄で、本塁打数も歴代シルバースラッガー賞受賞者の中では最も少ない部類に入る。本塁打に関しては打てないというわけではなく、元マリナーズ監督のボブ・メルビンがケーブルテレビ局『ESPN』に「(試合前の)彼の打撃練習を見てみなよ。いつも山ほど(ホームランを)打っているよ」と語っているように、ウェイド・ボッグスやタイ・カッブなどと同じくあえて試合では単打狙いに徹していると言われる。コラムニストの木本大志は、イチローが内野安打を打った時と本塁打を打った時では、軸の位置に違いがあることを言及している。イチロー自身も『ニューヨーク・タイムズ』紙に「僕にとって、フライを打ってから『あぁ、多分ホームランになるな』と思うシチュエーションになった事は一度もない」と語っている。日本時代に当時130試合制の1シーズンで25本塁打、メジャー時代に1シーズンで15本塁打を放ったこともあり、日本人選手の中では松井秀喜に次ぐメジャー通算長打率を残してもいる。2007年のオールスター後のインタビューでは「(打率が)2割2分でいいなら、40本(打てる)と言っておきましょう」と冗談混じりに語った。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • ベトナム戦争

    ベトナム戦争から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    1971年6月にニューヨーク・タイムズの記者が、ペンタゴン・ペーパーズと呼ばれるアメリカ政府の機密文書を入手し、8月4日の2回目の攻撃については、ベトナム戦争への本格的介入を目論むアメリカが仕組んだ捏造した事件であったことを暴露し、マクナマラ国務長官も1995年に同様の内容を告白している。捏造は8月4日の事件であり、8月2日に行われた最初の攻撃は、アメリカ海軍の駆逐艦を南ベトナム艦艇と間違えた北ベトナム海軍の魚雷艇によるものであることが北ベトナム側も認めている。ベトナム戦争 フレッシュアイペディアより)

1147件中 51 - 60件表示

「米紙ニューヨーク・タイムズ」のニューストピックワード