2038件中 51 - 60件表示
  • 1964年のアメリカ空軍T-39機の撃墜事件

    1964年のアメリカ空軍T-39機の撃墜事件から見たThe New York Timesニューヨーク・タイムズ

    Olsen, Arthur J., "U.S. Jet Lost in East Germany; It May Have Been Shot Down", The New York Times, 28 January 1964.1964年のアメリカ空軍T-39機の撃墜事件 フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・イングリング

    フレデリック・イングリングから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    1899年1月3日、『ニューヨーク・タイムズ』紙は、イングリングが、前日に肺炎で死去したと報じた。死去した時、イングリングは、もう少しで51歳になるところだった。『ニューヨーク・タイムズ』紙は、存命中のイングリングを何度か繰り返して取り上げていた。フレデリック・イングリング フレッシュアイペディアより)

  • ハロルド・C・ショーンバーグ

    ハロルド・C・ショーンバーグから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ハロルド・チャールズ・ショーンバーグ( Harold Charles Schonberg 1915年11月29日 ? 2003年7月26日)はアメリカの音楽評論家でジャーナリスト。主に『ニューヨーク・タイムズ』で活躍。1971年、音楽評論家として初のピューリッツァー賞(批評部門)の受賞者となる。音楽に関して多数の著書を残した他、チェスについても一冊の著書がある。ハロルド・C・ショーンバーグ フレッシュアイペディアより)

  • ウェスリー・オートリー

    ウェスリー・オートリーから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    「特別なことをやった訳ではなく、助けを必要としている人に手を貸しただけ、自分が正しいと感じたことを行った。」 - ニューヨーク・タイムズウェスリー・オートリー フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・レヴィット

    ウィリアム・レヴィットから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズに広告が載った。「復員兵のみなさん、アンクルサムと世界最大の建築業者が協力して、楽しいコミュニティーにチャーミングな家をご用意しました」ウンヌン。翌日、レヴィットのモデルハウスには群衆がつめかけた。人の数は日増しに増えていった。ウィリアム・レヴィット フレッシュアイペディアより)

  • タイムズスクエア

    タイムズスクエアから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    以前の名称はロングエーカー・スクエア (Longacre Square) であり、ニューヨーク・タイムズの本社が現在のワン・タイムズスクエア(大晦日にボールドロップのイベントが行われる場所)に移転してきたことから、1904年4月に現在の名称であるタイムズ・スクエアに改称された。タイムズスクエア フレッシュアイペディアより)

  • アロイジエ・ステピナツ

    アロイジエ・ステピナツから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    1946年10月13日、ニューヨーク・タイムズ紙はこう書いた。"大司教ステピナツの裁判は、前もって決められた結果に沿った政治的なものだった。このクロアチア人高位聖職者の裁判と判決は、人種、性別、言語、信条に関係なく人権と全ての基本的自由権を尊重するというユーゴスラビアの誓約と矛盾する。大司教ステピナツは、共産主義の敵であるというだけで有罪を宣告され、反教会運動の一部分として投獄されるだろう"。在アメリカ・ユダヤ人協会は、このように厳しい姿勢を表明した。"ステピナツは、反ナチスを表明することが非常に難しく危険であった頃、ヨーロッパで当時のナチス独裁政治に反対する声をあげた非常に希な人物であった。"。1946年11月1日、ウィンストン・チャーチルは裁判についてイギリス下院に宛てて書き、その結果について大きな悲しみを表明した。ステピナツの不在で、ベオグラード大司教ヨシップ・ウイツィッチがユーゴスラビア司教会議議長代理に就任し、ステピナツの死までその職位を務めた。アロイジエ・ステピナツ フレッシュアイペディアより)

  • リウ・ウェン

    リウ・ウェンから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    リウ・ウェン(Liu Wen、1988年1月27日 - )は、中国の女性ファッションモデルである。彼女は東アジア人として初めてヴィクトリア・シークレットのショーに出演し 、エスティローダーの広告塔になったモデルである。また、経済誌「フォーブス」による「世界で最も稼ぐモデル」リストに初めて入ったアジア人モデルでもある。2012年、ニューヨーク・タイムズは彼女を「中国初の真のスーパーモデル」と命名した。2017年、彼女はアメリカ版「ヴォーグ」の表紙に登場した最初の中国人モデルになった。リウ・ウェン フレッシュアイペディアより)

  • ドーチェスター・ハウス

    ドーチェスター・ハウスから見たニューヨークタイムズニューヨーク・タイムズ

    1910年、エドワード7世が死去し、葬儀に参列するためにセオドア・ルーズベルト元大統領がロンドンを訪れて、ドーチェスター・ハウスに3週間滞在した 。ニューヨークタイムズ紙は、その期間ルーズベルトに会うために海外から訪れた、高官達の数多くのドーチェスター・ハウス来訪を報じている 。ドーチェスター・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ディラン (アルバム)

    ボブ・ディラン (アルバム)から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    このアルバムでは、ソングライターとしてのディランの面目はまだ十分発揮されていないが、シンガーとしての基本的なスタイルとギター演奏やハーモニカ演奏における卓越性を聴くことができる。それは、アコースティック・ギター及びハーモニカによるドライブ感溢れる伴奏と、しゃがれ声による荒削りなボーカルであるが、一般の嗜好には必ずしも合わないものであった。だが、その声は意識的に作り出したものであり、後の『ナッシュヴィル・スカイライン』(1969年)などに示された声が、彼本来のものであるという説もある。しゃがれ声で歌う理由についてディランは、「ジョーン・バエズ・イン・コンサート」第二部のジャケット・ノートで、「ただ一つの美は裂け目や敷石の中にある埃や垢でできた服をまとっている」「汚い声のほかはどんな声も私は少しも関心がない」と述べている。これは彼独自の考えではなく、1961年9月のニューヨーク・タイムズに発表されたロバート・シェルトンによるコンサート・レビューでも、ディランの歌唱について、「決してきれいではないが、南部の労働者の想念の持つ粗野な美をとらえようとしており、殻と樹皮がそのまま残された、燃えるような強さに満ちている」という評価がされている(このレビューは後述のようにレコード化に力があったもので、ライナー・ノーツにも記載された)。また、ディランが歌を学んだジャック・エリオットも同じような声で歌っており、労働者の生活感情を表現するためにはそのような声がふさわしいという考えが、ディラン周辺のフォークシンガーの間に存在していたことを示している。ボブ・ディラン (アルバム) フレッシュアイペディアより)

2038件中 51 - 60件表示