2038件中 61 - 70件表示
  • デイヴィッド・ハルバースタム

    デイヴィッド・ハルバースタムから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    その後ニューヨーク・タイムズの記者として南ベトナムに赴き、15ヵ月間ベトナム戦争介入初期の取材をおこなった。ハルバースタムのベトナムからのレポートの多くが、ジョン・F・ケネディ大統領が推し進めたベトナム戦争への介入政策拡大に反対するものだったため、ケネディ大統領はハルバースタムの配置変えを求めたともいわれる。1964年にベトナムを巡る報道によりピューリッツァー賞を受賞した。『ベトナムの泥沼から』でベトナム戦争に「泥沼」(Quagmire)という代名詞を定着させた。デイヴィッド・ハルバースタム フレッシュアイペディアより)

  • 宇野正美

    宇野正美から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    また、世界の様々な事象の背後に存在するユダヤ人の「影響力」、世界を支配する4つの要素(石油、穀物、金融、情報)におけるユダヤ人の「支配力」に目を瞠っていた。具体的には、独占的な資源メジャーである、石油メジャー(ロイヤル・ダッチ・シェル、エクソン、ブリティッシュ・ペトロリアム、テキサコ、モービル、シェブロン)、穀物メジャー(アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド、ブンゲ、カーギル、ルイ・ドレフュス)、金融(FRB、BIS、IMF、投資銀行、証券会社)、情報の国際的通信社(ロイター、AP通信、UPI通信社、AFP通信)、世界的新聞社&マスメディア(タイムズ、フォーチューン、ニューズウィーク、ニューヨーク・タイムズ、ニューヨーク・ポスト、ウォールストリート・ジャーナル、ワシントン・ポスト)、IBMなどコンピュータ関連企業などである。宇野正美 フレッシュアイペディアより)

  • ボズレー・クラウザー

    ボズレー・クラウザーから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    フランシス・ボズレー・クラウザー・ジュニア( , 1905年7月13日 - 1981年3月7日)は、アメリカ合衆国のメリーランド州出身のジャーナリスト、著作家。『ニューヨーク・タイムズ』専属の映画評論家を27年務めた。ボズレー・クラウザー フレッシュアイペディアより)

  • オマハ (ネブラスカ州)

    オマハ (ネブラスカ州)から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    また、オマハは教育・文化の中心地でもある。オマハには州随一の私立大学であるクレイトン大学をはじめ、6校の4年制大学とネブラスカ大学の医学校がキャンパスを構えている。スミソニアン協会の提携博物館でもあるダーラム博物館や、ジョスリン美術館、全米最大級のコミュニティ・シアターであるオマハ・コミュニティ・プレイハウス、世界有数の動物園であるヘンリー・ドーリー動物園など、文化施設も豊富で、ニューヨーク・タイムズ紙など、他地域の有力紙でも取り上げられている。カレッジ・ワールドシリーズが開催されるのもこのオマハである。オマハ (ネブラスカ州) フレッシュアイペディアより)

  • ジュリア・クイン

    ジュリア・クインから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ジュリア・クイン(Julia Quinn、本名:ジュリア・ポッティンガー〈Julie Pottinger 〉、旧姓:コトラー〈Cotler 〉、1970年 - )は、アメリカ合衆国のロマンス作家。ペンネームの「クイン (Quinn) 」は、本棚でベストセラー作家のアマンダ・クイック (Quick) の隣に並べられたいとの思いから名付けたと明かしている。著作は26か国語に翻訳されており、『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラー・リストに18回ランクインしたことがある。ジュリア・クイン フレッシュアイペディアより)

  • 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

    色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ロック・ミュージシャンのパティ・スミスは『ニューヨーク・タイムズ』に書評を寄稿し、「これは『ブロンド・オン・ブロンド』ではない。『血の轍』だ」と評した色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 フレッシュアイペディアより)

  • 天国は、ほんとうにある

    天国は、ほんとうにあるから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    2010年のニューヨーク・タイムズ・ベストセラーリストに掲載され、2012年4月時点で電子書籍の売上が100万部を突破し、2014年時点で紙媒体の売上が1億部を突破している。本書の映画化作品が、2014年4月16日に公開され、Box Office?によれば1億ドルの興行収入があると推定されている。天国は、ほんとうにある フレッシュアイペディアより)

  • ノーマン・アーマー

    ノーマン・アーマーから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    1918年、干渉戦争によりロシアでの状況はさらに不安定になった。北ロシア戦役においてイギリス領事がロシア軍から攻撃を受け、アーマーらが駐在していたヴォログダの公使館もまた実質的に包囲された状況となった。これ以降、アーマーの行動記録の時系列はやや不明瞭となっている。当時の報道によると、アーマーおよび他の外交官らは8月26日にスウェーデン行きの列車に乗車する許可を受け、ロシアを脱出した。列車は9月5日にスウェーデンのストックホルムに到着したものの、アーマーはそこで拘束され、モスクワに連れ戻された。アーマーには、以下の容疑がかけられた。ノルウェーの偽造パスポートを使用していたこと。外交特使の身分を偽っていたこと。そして秘密裏にペトログラードに戻りニコラス・クダシェフ公爵の娘ミラ・クダチェフ公女を国外に避難させる手配をしたことであった。また同時期の別の報道では、アーマーはモスクワから列車を使わずにフィンランドへ脱出したが、外交特使として身分を偽ったために拘束されたという記録もある。さらに同時期の記録として、ニューヨーク・タイムズ紙にはアーマーの死亡記事が掲載された。ノーマン・アーマー フレッシュアイペディアより)

  • プレイム事件

    プレイム事件から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    そのような状況の中、2003年3月19日(日本時間20日)にイラク戦争は開戦されたが、大量破壊兵器は発見されなかった。ジョゼフは、2003年7月6日付けのニューヨーク・タイムズ紙に、イラクの核開発についての情報が捻じ曲げられていると寄稿して世論に訴えた。翌7月7日には、ホワイトハウスは16語が誤った情報であったことを認めた。だが、恥をかかされる形となったアメリカ合衆国政府は、ジョゼフの活動を不快に感じており、これと連動する形で2003年7月14日にワシントンの保守系コラムニストであるロバート・ノバクが、ジョゼフの妻はCIAエージェントであると報じた。これにより、ジョゼフが仕事を貰えたのはCIAの縁故であって捜査には不適切だ、と主張したのである。ノバクはこの寄稿で二人の政府高官(後の裁判でカール・ローヴとルイス・リビーである事を証言している)の裏づけがあるとも述べた。なお、CIAエージェントの身分暴露は、アメリカ合衆国の法律である「情報部員身分保護法」により禁止されている。プレイム事件 フレッシュアイペディアより)

  • ゴア・ヴィダル

    ゴア・ヴィダルから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ニューズウィークのある批評家は「エドマンド・ウィルソン以来最良の万能の作家」とヴィダルを評した。彼は21歳でアラスカ州での軍務経験を元にした最初の小説Williwawを出版した。2年後に発表された同性愛をテーマにした『都市と柱(The City and the Pillar)』は論争を引き起こした。アメリカ国内では「背徳の書」「反アメリカ的」とまで罵倒され、ヴィダルはニューヨーク・タイムズにそれ以降出版した本の書評を拒絶される羽目にまで陥った。しかし、海外のゲイ作家達、トーマス・マン、アンドレ・ジッド、E・M・フォースター、クリストファー・イシャーウッドらがこの小説の先見性と見事な青春小説としての側面を評価し、弁護に立ち上がった。以後、ヴィダルの小説は、アメリカよりもイギリスを中心にヨーロッパの批評家達に認められていくこととなる。同書は「J.T.」に捧げられていたが、「J.T.」とは誰かという噂が広まり、ヴィダルは結局それを明らかにせざるを得なかった。「J.T.」はセント・オールバンズ・スクールの同級生ジミー・トリンブルであった。トリンブルは1945年6月1日に硫黄島の戦いで戦死し、ヴィダルは後に回想録Palimpsest(1995) で自分が精神的にも肉体的にも愛した人はトリンブル一人だけだったと告白した。ゴア・ヴィダル フレッシュアイペディアより)

2038件中 61 - 70件表示